ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

過換気症候群

2016-05-26 22:43:57 | Weblog
 もう帰ろうと思ったら、突然電話が鳴り、某スタッフが“過換気”になっていると言う。
 医療関係者なのにと思いながら診に行くと、確かにスーット深く吸って、ファーっと深く吐いてを繰り返す呼吸になっている。
 きっと、頭では理屈は分かっていても、感覚的息苦しさが、そんな深い深呼吸をさせまくっているのだろう。
 某TV番組で、紙袋をあてて呼吸をさせることに問題を言ってたようだったけど、眼前ではそんなことは気にしなくて、紙袋を捜したがない。
 仕方ないので、ペーパータオルの数枚で鼻と口を覆わせて、耐えさせた。
 こわばった指を伸ばしてほぐして、こうすると気持ちの幾分かは指の方に行ってしまい、100%呼吸に向いていた気が少しは薄れる。
 30分程して、指は少しはこわばってはいるが、呼吸は並に戻ってきたので、後は、その方の同僚に任せた。
 考えるに、紙袋ではなく、呼吸の間に息止めをしてもらっても、理屈では良かったが、ただ、その息止めするという行為に耐えられるかが問題。
 このスタッフは、過換気症候群を体験したから、未体験の自分よりはプロになった。

 明日は午前中の半分と午後一杯が、外来担当で、どうか混みませんように・・・・・

※ “O”知事の名言「出来ることは全てやる。出来ない事は全てやらない。」
コメント   この記事についてブログを書く
« 何となくの疲れ感 | トップ | “落ち穂拾い” »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事