ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

ナメクジを食べた

2018-11-08 20:57:10 | Weblog
 トピックニュースで、“ふざけてナメクジを食べて、体内に寄生虫が入って、体中を巡って、不幸な転帰になった。”とあった。
 これって、生肉をそのまま食べる、特に、野生動物の生肉をそのまま食べるのと同じレベルの話。
 原因は、広東住血線虫:国立感染症研究所の記載からの抜粋。
 線虫で、雄が長さ20〜25mm、雌が22〜34mm。
 ヒトや 家畜が感染すると、虫体は体内を移動し、幼若成虫にまで発育するが、早晩脳内で死滅する。この中枢神経系内寄生期に、好酸球性髄膜脳炎を発症する。
 潜伏期、平均16日の潜伏期の後発症し、発熱、激しい頭痛、 Brudzinski徴候、項部硬直、悪心、嘔吐、Kernig徴候、脳神経麻痺など、さらに筋力低下、知覚異常、四肢疼痛などを示すこともあり、重篤例では昏睡に陥ったり、死亡する場合もある。
 本症の典型例では症状が2〜4週間続くが、自然に緩解・治癒し、通常予後はよい。
 ・・・・・ とあった。
 “ナマジビエは、気をつけよう。”これに尽きるが当ったり前。

 当然、“カタツムリ=エスカルゴ、大丈夫?”となるが、これは熱が加えられているけど、自分には見た目で食えない!

 午後はインフルエンザワクチン当番で、26人を約1時間で接種。
 ロスタイムもあるので、一人2分、医師一人看護師一人の体制では、これが限界に近そう。

※ 医学部入試不正某大学が救済、他大学は横並び、無視、どうする?
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 名簿に掲載 | トップ | 一週間前の気になる方 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事