ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

差し入れ

2008-02-29 23:01:27 | Weblog
 瞬いている間に二月もおわり。
 外来で某患者さんから“お弁当”を「これ、食べてください。」と頂いた。
 そんな気遣いしなくてもいいのに、やや照れる感じ。

 午後、突然若いのから、「骨髄穿刺見て下さい。」と電話。
 研修医を連れて、側で見る。ちょっと、独学が過ぎているので終わってから、外へ呼んで話しておく。よく分かったみたい。
 夕方は、別の若いのに経皮的肺生検をやらせてみる。
 緊張してたけど、まずまず。でも、不慣れの焦りで少々ミス。大ミスでないので、大勢には影響はしなかっただろう。側にいた研修医にも少し手を出させておく。
 理屈を自分の手の感覚で感じる。本では感覚的には分からない。これでいいはず。

 月替わりで診療端末メーカーが変わる。勝手が違い理解習得慣れが出来てなく遅い。しかも、進まない。週明けに来た患者さんはきっと待たされる。
 診療端末交換で笑うのはメーカーだけ。

※ 差し入れって、勿論、悪い気はしない。 
コメント   この記事についてブログを書く
« 痛恨 | トップ | 昨日の後遺症あり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事