ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

コロナワクチン90%の有効性を理解する?

2020-11-18 21:10:55 | Weblog
 ニュースの上からだけど、約4万人を2グループに分けて、片方にコロナワクチンを、もう片方にはプラセボ(偽薬)を、それぞれどちらを打ったか分からないようにして、その後の結果を報告したとある。
 結果では、ワクチン接種したグループで発症者は8例以下、プラセボグループでは発症者は86例以上という。
 そして、86ー8=78、78÷86×100≒90(%)。
 即ち、ワクチンを打ったから78人は発症しなかったので、普通なら、86人が発症するところ、8人で済んだ。
 だから、78人が助かった。その助かった割合が、78÷86×100≒90(%)
 それで、有効性が90%という様だ。
 でも、20000ー86=19914、19914人は、ワクチンを打たなくても、発症しなかった。
 この方達には、ワクチンは不要だったとも考えられる。
 20000ー8=19992、19992人の方にとっては、ワクチンは無用だった、となる。
 この19900人余の方には、何て説明すればいいのか、打っても打たなくても答えは同じになっており、ここまでの解説が欲しいと思った。

 今日も暖かい感じの一日、きっと暖冬で、少しずつヤバイ時期が近づいてきている?

※ コロナ、全国で2000人超え、天井は何時?
コメント