ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

高齢者脱水

2013-04-04 22:23:56 | Weblog
 今日は確かに気温は上がって、昨日よりも薄着で大丈夫と言っても、薄めのジャンパー位は要る。
 今日は研修医なしの新患外来、気候も落ち着き掛かって、新患患者数はやや少なめ。
 それでも、続く咳やずっと胸が痛いとか、腰が痛むのに、何故か整形外科ではなく内科に来たりと、数が少ないだけで様々は変わらず。
 超高齢者さんが、朝から熱と下痢。
 そりゃ、“脱水”注意で、検査をして、待って貰っている間に点滴をして補充。そうしたら、検査結果が出た頃には、幾分は元気回復をみせる。
 特に高齢者は、この方は昨日までは普通だったのに、たった数回の下痢で、容易に脱水傾向になることの実例となった。
 研修医がいたら、補液効果を体感できたけど、また、機会はある。
 新卒研修医は、今日は技術研修の日で、静脈穿刺練習など、練習台の方は、下手に刺されまくっても、痛くても耐えたはず。
 夕方、某マイナー話し合いがあったが、堂々巡りで話が進まず、耐えられなかった。なんで、もっと順序立てないのか、今回は沈黙、明日、そっと話してみる。

※ 気象庁、今週末は大荒れ予報、当たればひっそり休日。
コメント