ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

旅客機背面飛行

2011-09-28 21:47:49 | Weblog

 今日は予約外来、それ程詰まってはいなかったが、軽い方を飛ばして、中以上の方に時間を掛けようと結構飛ばした。
 話しても感覚的に分からないと次に進まないのはいつもの事。痛いときはそれなりに、痛くないときもそれなりには、感覚的道理。でも、その間に、病気はそっと進行し、不具合を感じたときは、半分手遅れはよくある結果。
 その感覚的道理をどのように理解し、実践するかは各人次第と少し偉そうな言葉。

 暫く前の、“Z”機、副操縦士がボタンを押し間違えたニュースは前にあったが、実はその時、飛行機は裏返しの背面飛行をしていたよう。
 まさに宙返りコースター状態、ただ、コースターよりも速度はうんと速く、窓の外の景色も見えず、自分の相対的位置確認が出来なかったことから、乗客の感覚に、その認識の入り込みは少なかったようだ。
 相対的に自分の位置が分からないときは、自分の立場が分からない。

※ 新大関琴奨菊“万里一空”、ここ暫くの中で、かなり格好イイ言葉を探し出した。
コメント