ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

とうとう計画停電

2011-03-15 22:27:16 | Weblog
 昨日は“幸運か?”、家には計画停電は実施されなかった。
 しかし、今日は実行。
 仕事を終え、何となく早めに帰ろうと帰路、国道に差し掛かると信号がついてない。
 国道の横断歩道を信号無しで渡れと言う様。左右をみると、通行車両はそれ程多くなく、合間に渡れた。これが、夜になって暗くなり、信号もなければ横断はコワイ。
 薄暮で町中の街灯もつかず、どんどん薄暗くなっていく街はとても静か、電気がないとこんなに静かになるのかの印象。
 家に近づいても、家々に明かりも漏れはなく、人が住んでいる気配も漏れでない、自宅も当然、その中の一軒、窓越しのほのかな明かりはロウソクのはず。
 帰宅、電気のない暗さの中では、やることも思い浮かばず、ゴロン、ついに“熱燗”をとちょっと怠惰にずれてしまった。
 昔の方は、“日の出と共に起きて、日の入りで寝る。”、きっとこれしかない。
 明日は、午後暫くで病院が計画停電時間に入り、外来診療端末が使えなくなりそう。
 早い内にどう処理するかを考えとかないと、すべて手書き処理の文書作成となり、遅れがぐんと出そう。
 
 予定の鎖骨下静脈穿刺、午前中と午後に一件ずつとちょうど良かった。
 たまたま、研修医の一人が不都合で、同じ研修医が午前午後と続けてやることになった。
 午前の部、迷路に入りかけて、自分が手袋を用意仕掛けたら静脈探り当て何とか入った。午後の方は、体型的にやさしそうで比較的順調に出来て少しは自信がついたろう。 でも、探る細い針をしならせて、ビビリは見える。

※ 福島原発事故、情報クサイもの蓋式の小出しのたたりでコワイ。
コメント