ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

“鎖骨下静脈穿刺”決定

2011-03-10 20:48:44 | Weblog
 今日は空気が冷たく冬の名残。
 新患外来、インフル心配という方もいたが、迅速検査でゼロ、診療的にもらしき患者はいなく、流行は下火。 
 でも、院内には“インフルが流行っているので・・・”との案内が鎮座のまま、『知らん』。
 最後の方の患者さんは、他科受診をしており来たのはぐっと遅め。
 研修医が「お待たせしました」というと、横柄な雰囲気で「ずいぶん待った」と返す。
 確かにまたせたけど、態度がデカスギ。

 御家族の要望で鎖骨下静脈穿刺延期なった方、“Yes or NO”の答えを聞く。
 心配な言葉を色々、「家で、管が抜けたらどうするんですか?」、「そこをぐっと押さえとくだけです。しっかり押さえておけば止まります。」・・・となかなか結論を言わない。
 暫く迷路を回ってもらって、「嫌になったら、抜けばいいんです。」と決め言葉。
 「おねがいします」決定。
 これを含めて、来週は鎖骨下静脈穿刺2例、CT下肺生検1例といつになく観血的処置と検査の予定で、研修医にも学習して貰おう。
 文書で学んで、実践で感じる。
 でも、宿題が進まず溜まってきた。

※ Google Chrom version10、すかさず Internet Explorer 9とライバル強烈。
コメント