高岡のかたすみで働く設計士

いつも前をむいて、さあ、がんばろ~!  辻谷誠建築研究所

高岡のF邸

2018-08-13 08:08:07 | 高岡のF邸


お盆前に、現場発泡ウレタン吹付完了。

膨れ上がる事を想定して90mmとしてます。

実際吹くと120mm以上に膨れ上がるところも出てきて、ほぼ120角柱めいっぱいの断熱材施工となりました。

断熱性能だけをみると、厚み90mmでは、0.09mm÷0.036w/m・k=2.50㎡K/W

断熱材の暑さ÷断熱材の熱伝導率=熱抵抗値

この数値が高いほど断熱性能が良いという事になります。

でも実際の断熱性能の良い家とは?!

太陽の光がどれだけはいってくるか?冷暖房の熱がどれだけどこからにげていくか?窓の大きさや性能!等々が関係してきますので、誤解がないように ^^

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高岡のTM邸 | トップ | 高岡のTM邸 »
最近の画像もっと見る

高岡のF邸」カテゴリの最新記事