Indoor airplane world
 



 インドア・プレーンをはじめたいけれど、小さなチップ部品をはんだ付けするのはちょっと自信がないという人のために、3チャンネル基板完成赤外線受信機(IRX3)を用意してあります。

 あらかじめプログラムも書き込んであるので、付属の赤外線受光素子をとりつけて、電源ケーブルを配線すればすぐに使えます。

 バッテリモニタを内蔵しているので、電源に使用するリチウムポリマ電池を過放電から守ります。

 この受信機はラダーに40Ω以上、エレベータに60Ω以上のマグネットアクチュエータをつなぐことができます。ラダーアクチュエータにモータを使う場合は、SHICOH J7モータ、DIDEL MK04-40モータ、DIDEL MK04L-40モータなどがつなげます。

 2チャンネル赤外線受信機のIRX2に比べて、より小型型軽量化を図りました。

 今回は0.06gまで軽量化した赤外線受光素子を取付けてみました。



 これだけ軽量な受信機なら、いろいろなインドア・プレーンに搭載できると思います。

 電池は絶対に逆接続しないように気をつけてください。逆接続すると一瞬で受信機が壊れます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 速報 第80回... ラジコン技術2... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。