本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する』谷沢永一

2006年03月26日 | 教育関連書籍
 

新しい歴史教科書をつくる会で内紛が起こっているという報道がありました。会長が事実上、解任されたというのですが、遠因は、二度目のチャンスだった前回の教科書採択率が伸びなかったということ。もう一つは会長が確か勝手に中国に行って、誰かに会ったとかいうものでした。詳しい情報を得ておりませんが、新しい歴史教科書そのものは、よくできていると思いますので、今回の内紛は足の引っ張り合いなのか、主導権争いなのか?とにかく残念です。

以前、もう一つ不可解な批判が、思想的には近いと思われる谷沢氏から出されました。それが本書です。谷沢氏はつくる会の内部の人間ではないのですが、確か、小林よしのり氏は渡部昇一氏との対談で、“我々を指導してもらいたいくらいの立場にいる方なのに不可解だ。批判も感情的だ”というような主旨の発言をしていたと記憶しています。

本書の書き出しはこうなっております。

★『中学校社会科歴史的分野』教科書は、無知、無学、誤記、誤認、虚偽、捏造、歪曲、粗放、出任せ、虚勢、出鱈目、あてずっぽう、傲慢、思い上がり、による内容空疎な叙述を、恥知らずで知ったかぶりのハッタリで色あげした愚書であるから、絶版に処せられるよう勧告する。

西尾幹二・八木哲・高橋史朗・坂本多加夫・田久保忠衛・藤岡信勝・小林よしのり・谷原茂生・高森明勅・中村守・広田好信 御一同様★

読んでみたのですが、私の知識ではどちらが正しいのか判断が付かないところがたくさんあったことと(谷沢氏のひどい間違えもあったようです)、指摘自体に、上記のような強烈なコメントを加えているので、谷沢氏の人間性を疑ってしまいました。

日本の歴史教育を改善しようとする、似たような立場にいる方々の中でも、権力闘争のようなものがあるのかという印象を持った一冊でした。

「新しい歴史教科書」の絶版を勧告する

ビジネス社

詳  細


http://tokkun.net/jump.htm
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 『心理療法個人授業』 南伸... | トップ | 『バカなおとなにならない脳... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (まさ)
2006-03-26 19:31:58
TB有り難うございます。

「新しい歴史教科書をつくる会」で何があるのでしょうか。

私には分からないことですが、本来の趣旨はみな変わらないと思うのですが。

本当に (VIVA)
2006-03-27 10:32:37
外から見ていると、思想が似ているのにもめているのは、やはり権力争いのように映ってしまいますよね。もっと高い志を持っていると思って、期待している人も多いはずです。言論界というのはわかりません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

教育関連書籍」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

嫌韓・反中ブームの責任 (理性の詭計と我田引水)
よみうりテレビの春のスペシャルのトリは、「たかじんのそこまで言って委員会」でした。 「たかじん~委員会」は、たかじんのポリシーから、関東圏のみ放送されておりません。それ以外のほぼ全国で放送されている日曜お昼の人気番組ですが、土曜日である本日は、よみうり