本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ラストイニング』 あさのあつこ  (“バッテリー”の続編)

2007年05月11日 | 児童文学・ライトノベル・子供向け


ラストイニング.jpg


先日ラジオを聞いていたら、本書の筆者、あさのあつこさんがバッテリーに対する思いを語っていました。もっと熱い方を想像していましたが、予想外に落ち着いた穏やかな話し振りでした。

当教室の子どもたちもバッテリー大好きというのが多くいましたし、私の息子も好きでしたから、私自身は未読なのですが、ストーリーはほぼ完璧に知っています(笑)。


また、ある先生はバッテリーの第5巻までは、それこそ大ファンでしたが、最後の第6巻で運命の戦いの決着が無かったことに憤慨しておりました。乾坤一擲の大勝負を期待していたのに、あの終わり方がどうしても許せないようです。他の先生には、余韻があって、あれで良いという意見もありました。

いずれにしろ、続きがあったら読みたいか、と聞かれればほぼ全員がYESではないでしょうか。あったんですね、続編が。知りませんでした。サイドストーリーとでもいうのでしょうか。


今月の当教室のメルマガ、読書コーナーは小説特集でして、その中で monta 先生が取り上げて下さいましたので、紹介したいと思います。



以下が monta先生の紹介文です。


■■■


ふと本屋に行っていろいろな本をながめていると、鮮やかな芝生の緑と土の茶色が映える野球グランドの表紙の本に眼がいきました。何だろうと思って手に取ると、あさのあつこ。

あれ、著者の名前と野球の組み合わせですから、”バッテリー” とは違うのかな?と思ってよく見てみると、続編なんですね、バッテリーの。

バッテリーを最後まで読んでいなかったので、ちゃんと読んでから、やはり読みたくなってこの本も購入しました。バッテリーだけでも話の終わり方としては、十分よいものだと思いますが、これで話が完結したという感じでしょうか。

視点が巧ではなく、瑞垣になっていたのは驚きでした。それぞれの人物の思いを細かく描写し、読み手を引きつけていくような表現が本当にすばらしいなと思わされます。バッテリーを読んだ生徒にはぜひおすすめです。
        



■■■


というものでした。バッテーリーファン待望の一冊なんでしょう。続きが読むことができて良かったですね。



記事が参考になりましたら、応援のクリックをしていただけるとありがたいです。


(5位) にほんブログ村 本ブログへ (1位) 


http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 ブログランキング     
  

ラスト・イニング

角川グループパブリッシング

詳  細

バッテリー

角川書店

詳  細

 

 小説ベストセラー(アマゾン)

『本』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« フェアプレー(高校野球の特... | トップ | 『ぼくのボールが君に届けば... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
息子も読みました (Dan)
2007-05-11 15:31:15
書店で平積みされているのを見つけ、息子は即購入。
バッテリーも単行本で全て読み終え、父親にも薦めておりました。
それ以来、あさのあつこさんのファンになったようで、「テレパシー少女シリーズ」だの、「NO6シリーズ」だの、もうアマゾンでバンバン買ってくれます。
(アマゾンだとその場で現金を払わないから、無料でもらえると思っているんじゃないのかしら・・・?)
いつだったか、読売新聞にあさのあつこさんのインタビューが載っていました。
いじめられた経験があったそうで、中学生の時だったか、書いた文章を先生がすごく褒めてくださって、それから自分自身に自信を持つことができた、だからみんなも夢を持って、あきらめないで!というような内容だったと記憶しています。
まわりの誰かが褒めてくれると、自信を持てる、そうして頑張れる、それなのに、息子を褒めるどころか、テストができないとけなす私は、息子をいじめているのと同じですね・・・またまた反省。
Danさん (VIVA)
2007-05-11 16:09:43
そうですか、やはり東京でも、九州でも良いものは売れるんですね。(当たり前か)

今でこそ少なくなりましたが、本当にそれまでは、授業のちょっとした合間でも、あさのあつこの本を出して読んでいる子が多かったですよ。

何がそれほどひきつけるのでしょうかね。私も読んでみます。
あさのあつこ (HIRO。)
2007-05-11 17:04:39
実はまだ読んだことがありません。児童書というイメージが強いので。「バッテリー」はホント人気ありますね。子どもだけでなく、大人用の文庫本も出ているのでファン層が広いです。他にも児童書、一般書いろいろ出てますので、窓口でよく聞かれます。今図書館で一番人気ではないでしょうか。
HIRO。さん (VIVA)
2007-05-11 21:41:33
確かに、児童書というか、小学生から読めますけど、どうも大人にもアピールするようですね。塾の講師何人か、みなおもしろいと言っておりました。

そうですか、一番人気ですか。野球ブームなんですかね。
少年期特有の感受性を書くのが、お上手ですよね (すず)
2007-05-12 09:58:28
 我が家でも長男がはまりまして(笑)親子で図書館にある児童書も大人向けも、あさのさんの作品は全制覇してしまいました。

 「バッテリ-」は、巧と豪のそれぞれの葛藤と成長の容赦のない描き方が素晴らしくて、6巻で試合の結果が書かれなかった事はあまり気になりませんでした。少年期の純粋さや頑なさが、大人からすると実に上手く再現された文章で、のめりこんでしまうのです。続編の「ラストイニング」は、瑞垣君てば相当人気があったんだなぁと実感しました(笑)
すずさん (VIVA)
2007-05-12 16:43:00
完全制覇って、あさのさんの作品って、コミックまで入れると100冊くらいないですか。すごいなぁ~。お子さんと本について語り合えるなんてすばらしいです。

あっ、それとわたし…、楽天の田中くん好きですからね(笑)。応援しておりますからね。
誤解されませんように。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

児童文学・ライトノベル・子供向け」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事