本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

田植え (世田谷の田んぼ)

2007年05月27日 | Pictures

 

 

田植え picasa.JPG

 

何の変哲もない写真で恐縮ですが、世田谷にある田んぼです。

子どもが田植えの体験をさせていただいたので記念に…。

生徒諸君!5月・6月は田植えのシーズンですよ。



クリックしていただけるとありがたいです。

↓         ↓  

(3位)  にほんブログ村 本ブログへ(1位)

 

http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】


 ブログランキング            
 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 『聖書でわかる英語表現』 ... | トップ | 『どこにでもある場所とどこ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
田植え体験 (Dan)
2007-05-27 13:05:57
小学校でも、近所の農家の方の田んぼをお借りして、田植え体験をさせていただいています。
稲刈りも経験し、年末には、収穫したもち米でお餅をこしらえます。
もちろん杵と臼ですので、味は格別ですね。
保護者も餅つきのお手伝いに行きますが、子ども達がわいわい楽しそうに、おいしそうに食べているのを見ると、嬉しいですね。
ついつい、私もお餅を食べすぎてしまいます・・・。
お正月もお餅三昧で、軽く3キロは太りますね。
はい、痩せません。ということは・・・毎年確実に太っているということですね。
わ~、やばい、やばい!
早乙女? (ysbee)
2007-05-27 16:55:09
へえ~、世田谷のどちらなんでしょう?
田んぼがあるとは! 超高級米が取れる?

おじょうちゃま(それとも息子さんの方かな)
田んぼに入るのいやがりませんでしたか。
でもそうやって農家の方の実感を味わうのも
社会勉強になるでしょうね。

VIVAさんのプライベートな写真から、
いつも日本の四季を味わわせていただいてます。感謝!(^_^)v
Danさん (VIVA)
2007-05-27 17:47:27
私も、大昔に2・3回田植えを経験しました。田舎にある家の近くの田んぼですが、そのあと収穫するまで、本当に楽しみだった記憶があります。

まぁ、お米で太る分は、許せる気がしますが…。毎年3キロはこまりものですね(笑)。確かに。
ysbeeさん (VIVA)
2007-05-27 18:01:18
世田谷の喜多見というところです。

高級かどうかは分かりませんが(笑)、一粒あたりのコストは高そうですね。

でもきっと、味は米どころにはかなわないでしょう。

行ったのは、妻と娘なんですが、泥んこになって喜んでいたそうです。まぁ、“お米”になるということさえ理解できていないと思いますが。
コメントを寄せさせていただきます。 (shedshed)
2007-05-27 19:27:16
なんだかとっても心が和みます。
世田谷にも田んぼがあるんだ?。と。
等々力に昔姉がいましたが、
遊びに行ったときは住宅街という感じだったんですけれど。

短い詩や、こういう写真コメント大好きです。
では、また。
お久しぶりです (haruママ)
2007-05-27 22:24:51
なんだか、懐かしい光景です~。いや、私はやったことはないんですが(言い訳)、私のちょっと前の世代だと、田植え、稲刈り時期は、家族総出で取り掛かるため、それで学校をお休みする子もわりといたそうです(となりの町かな?←って、魚沼?)。
今は、「あえて体験」という形が多くなってきましたが、昔はそれこそ実生活でしたので、なんだか時代の流れを感じます(って、そんなに年ではないはずなんですが・・・?)。
子供の頃は、自分の家は会社を経営してて、社員の方の家は、兼業農家が多く、毎年新米の時期になると、麻袋で(50?㎏でしたっけ?)あっちこっちの社員のお家からいただいてまいした。まあ、それも遠い記憶ですが・・・

田んぼを見ると懐かしく感じるのは、やはり自分が田舎育ちの証拠かしら・・・?
少ししぼりました (Dan)
2007-05-27 22:28:43
キムタツ先生のダイエット成功に感化され、
私も最近少し絞り始めました。
昔に比べて、(昔っていつ頃だって話になりますけど)、約10キロほど太ってしまいましたので、せめてお餅分の3キロは今年中に痩せたいと思います。
VIVAさんのように、スリムになりたい!
shedshedさん (VIVA)
2007-05-28 02:20:11
コメントありがとうございます。そう言っていただけると、とてもうれしいです。等々力はすぐ近くです。田んぼはありませんが、このあたりにも畑なら結構ありますよ。住宅街のまん中に。

ぜひ、またお越し下さい。
Danさん (VIVA)
2007-05-28 02:41:09
いや、Danさんね、ちらっと拝見しましたが、別に何の文句もないじゃないですか。ここに書いていいのかどうか…ですが(笑)。

まぁ今後ですね、毎年3キロ必ず増えるとすればまずいとしても…。塾で感じるのですが、細すぎる生徒の方が気になりますよ。10年くらい前は見たことがないようなやせすぎが多いですから。

子どもに“食べすぎ!”と言いたくなる時も確かにありますが、それより“ご飯残すな” の方が今の子どもには大切かなと…。

私がまだ高校生くらいの時に、亡くなった祖母がよく私の姉に向かって、『あんたの足はホントに立派で、いいわ~』 と言っておりました(笑)。

その意味では、My daughter も亡き祖母に喜んでもらえると思います。ハイ。
haruママさん (VIVA)
2007-05-28 02:43:41
少しごぶさたでした。おっしゃるとおりですよね。そもそも身近なものなら、わざわざ体験する必要もないんです。私の親の世代は、みんなそうだったようですね。学校は行けるだけ幸せなんだと言われたもんです。

私も東京に出てきた当時は、よく田舎から米を送ってもらっておりました。我が家もharuママさんちと同じで、社員の方や近所、親戚からのおすそわけの、さらにおすそわけですね。

自分で今、田んぼに入って田植えができるとは到底思えませんが、本当になつかしさを感じます。


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Pictures」カテゴリの最新記事