本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『いわゆるA級戦犯』 小林よしのり

2006年08月08日 | 歴史
  

しばらく前、靖国神社に関して、中国・韓国が日本に対して怒っているというような内容がテレビで流れました。例によって、小泉首相の写真や、日の丸に火をつけていました。

すると歴史をほとんど知らないはずの、私の小学生の息子に 『当たり前だよね!だってそれだけひどいことを日本はずっとしてきたんでしょ』 と言われ、愕然としました。この小学校は何をどう教えているのでしょうか。それからはいろんな話をするようにしています。

私がブログを始めて、最初にリンクを貼っていただいたのは、ご夫婦で図書館司書をされており、ブログ 『 少林寺と図書館と病気と 』 を書いておられる HIRO。さんです。いつも“本のプロ”として、いろいろアドバイスをいただきます。本書もHIRO。さんからご紹介いただきました。

HIRO。さんは、氏のことを、右でも左でもなく、一匹狼と呼びます。確かに、小林氏は朝日新聞だけでなく、右寄りといわれる、読売新聞、産経新聞に対しても、『親米ポチ』 などと、容赦なく批判していますからね。

小林よしのり氏の著作はいくつか読んでいますが、『戦争論』 などのマンガは、過激な表現で感情に訴えかけようとする面があり、正直申し上げて、それがいかに正論であっても、子どもには薦められませんでした。小林氏の一般書籍の方がずっと読みやすいと感じていました。『 嫌韓流 』 や 『 嫌韓流2 』 にも同様のことが言えます。マンガという戦略はかなり有効なんですね。

さて、久しぶりに氏のマンガを読んだわけですが、これまでより冷静に、客観的な印象を受け、正直、驚きました。本書では、そもそも“A級戦犯”という概念自体が、不当なものであるという主張です。この前取り上げました、『南十字星に抱かれて(福富健一)』 と同様の意見です。

朝日新聞などは、サンフランシスコ平和条約 を日本が受け入れた以上、東京裁判、つまり戦犯の犯罪行為を認めたことであり、そのおかげで戦後の日本がある。今さら、平和条約を否定するのかという主張です。要するに、東京裁判批判は歴史的に許されないと。

小林氏の主張は、条約の意味は、“たとえ不当な裁判であっても、その判決は受け入れる”、と言っているだけなので、裁判自体が不当だったと主張しても、何の矛盾もないという立場です。なぜかということが詳しく書かれています。

実は、そこのところを知り合いの法律家に聞いてみました。政治がからむので、やはり難しいところだが、小林氏の主張も充分ありうるという意見でした。私個人は国際法というものは、まったくわかりませんが、東京裁判がかなりおかしなものだったということくらいは理解できます。

パール判事の日本無罪論(田中正明)』 や 『アーロン収容所(会田雄次) 』 などを読めば、学校で教えられる史観とはかなり違った意見をもつはずです。本書では、A級戦犯一人ひとりについて、コラムで紹介しており、もちろん、先日、天皇陛下に関する『富田メモ』で名指しされた、松岡洋右や白鳥敏夫も、取り上げています。

塾講師が政治的な本を薦めるのは、あまり好ましくないとは充分知っています。特に当教室周辺は朝日新聞がものすごく強いと感じますので(笑)。しかし、あのアメリカでさえ、原爆投下に疑問を投げかける議論が教科書に出てくる時代です。(『アメリカの教科書が教える日本の戦争(高濱賛)』)中国、韓国、北朝鮮問題は毎日報道されます。

教科書で一方的な歴史観を押し付けるのは、もう時代錯誤です。本書での小林氏は冷静で、かつての扇動家のイメージではありません。子どもの知性を伸ばすためにも、どちらか一方だけを信じこませ、相手の話を聞かないという方がマイナスだと私は考えます。

今後の平和のためにも、感情論ではなく、戦争にいたった経緯、あるいは戦争責任を、学校で討論できるような時代をそろそろ迎えるべきだと思いますし、本書はその議論の材料を与えていると思います。



http://tokkun.net/jump.htm

いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL

幻冬舎

詳細




■■ 戦争のことは冷静に論ずるべきだと思います。そうだと思われる方、よろしければクリックお願いします。 ■■
にほんブログ村 本ブログへ   ブログランキング 

靖国神社読書小説書籍・雑誌ニュースbookおすすめサイト

ジャンル:
ウェブログ
コメント (38)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『木の教え』 塩野米松 | トップ | 『塩狩峠』 三浦綾子 »
最近の画像もっと見る

38 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はなさんのポリログ (hanasan)
2006-08-08 19:23:56
 コメント、TB、ありがとうございます。そうですか。よしのりさん、激越な調子ではなくなりましたか。戦争論あたりのころはむさぼるように読んだのですが。この本もさっそく求めます。
難しいなぁ (kazu4502)
2006-08-08 21:11:30
お疲れ様です。毎日暑い日が続きますがお変わりありませんか。

戦争のことは冷静に論ずるべきだと思います

vivaさん、間違いないと思います、だからクリックポチン(笑)

前にも書きましたが僕もA級戦犯も認めません、単なる俗語だと思います、簡単に言います、日本人自ら日本人を裁ばくこと、でも今からは裁くことは大論争となり裁くことは出来ないと思います、でも分祀することにより心の戦争を終わらせるべきだと思います、そして分祀する方を誰にするのかを決めるにはその参考資料として戦犯と言われる人たちしかいないのではないかと思いますが麻生太郎の考え方に少しは似ていると思います、ただし靖国の無宗教化は靖国神社の自主的判断によってなされるべきです、強制は政教分離の原則に反します。

ちょっと簡単に書きすぎました、ごめんなさい。

今後ともよろしくお願いします。
同感です (Dan)
2006-08-08 21:25:08
小林よしのり氏の作品は、

ゴーマニズム宣言以来、全ての作品を読んでいます。

それ以前の「おぼっちゃまくん」等の作品は、年の離れた従兄弟は読んでいましたが、

私は、どうも・・・。

私の長男が、4年前、小学校1年生のとき、

夏休みの登校日に(福岡では、長崎に原爆が落とされた日にあります)、

学校の先生から、戦争の話があったとかで、私に聞かせてくれました。

その内容といったら、もう、驚き!の一言でした。

日本が、いろんな国にひどいことをしたので、原爆を落とされた、

ひどいことをしたのだから、

原爆を落とされても仕方がないことだ、

これからは、平和を求めていこう

というような内容だったとのこと。

子供は、日本って本当にひどいんだね、

日本人は悪いんだね、

日本に生まれたくなかった、と言いました。

こんなことが、教育現場であったなんて、

信じられませんでした。

いわゆる、自虐感を植えつけられてしまったわけです。

子供は、先生の言うことは、絶対に信じますから。

子供がもう少し大きくなったら、この本も

薦めてみようと思います。



小林よしのり (HIRO。)
2006-08-09 00:02:33
VIVAさん、私を紹介していただき、ありがとうございます。少林寺拳法の練習があったのでコメントが遅くなり、申し訳ありません。いやーもったいないお言葉です。さて小林よしのり良いところはみんなが秘かに思っていることを代弁してくれる、ということだと思います。もちろん、すべて同感している訳ではありませんが、偉そうに演説をぶっている解説委員よりずっと素直だから好感がもてるのだと思います。
Unknown (ひゃくおく◎萬太朗)
2006-08-09 00:46:19
 VIVAさん、こんにちは。◎まんたろう◎で御座います。

 私も昨日「いわゆるA級戦犯」買ってきたところでした(まだ読んでおりませんがw)。

 あと、「世界のニュース ウワサの真相がわかる本」「マンガ入門シリーズ~やがて中国の崩壊が始まる」

 それと、DVD「映画 日本国憲法」(ジャン・ユンカーマンの作品で、私の好きなアメリカの言語学者ノーム・チョムスキーも出ています)「戦場の夏休み~小学二年生の見たイラク魂」も購入しました。

 今夜は徹夜モードです。。。

 ところで、先日の「人生と投資のパズル」あのコメントの■■正解■■を読んでも、このワタクシメには、ぜんぜん理解できませんでした(滝汗)。。。

 いつも(沢山の)本を読んでいるのに、“相変わらずの馬鹿”が直らないのは、一体ど~ゆう訳なのでしょう???

 
はなさん (VIVA)
2006-08-09 01:53:23
こちらこそ、コメント&TB恐縮です。ご存じない方がいらっしゃると思いますので…、

はなさんは、花岡信昭さんとおっしゃって、産経新聞の政治記者歴30年あまり、現在フリーの、オピニオンリーダーのような方です。はなさんのブログ、当然ながら、情報が充実しておりますので、ご覧になってみて下さい。

http://hanasan.iza.ne.jp/blog/
kazuさん (VIVA)
2006-08-09 02:05:21
kazuさんほどの元気はありませんが(笑)、何とかやっております。いつも優しい、かつ力強いコメント、ほんとうにありがとうございます。小林よしのり氏の主張は“正論”といわざるを得ないと思いますが、じゃあどうやって世論をまとめたり、外交問題を片付けるかということになると、強い政治力が欠かせません。

安倍さんにできるでしょうか。朝日新聞には嫌われているようですし…。でも他にも見当たらないですね。
Danさん (VIVA)
2006-08-09 02:10:39
九州というと、何となく勝手に、広島と違って、そういう教育とは、違っているという印象を持っていましたが、やはりそうなんですね。勉強になります。記事にしたとおりで、息子にそう言われた時、に一瞬、息子が他人のように感じました(笑)。本当に、本当にびっくりしたんです。どこから話そうって。自分で歴史を勉強して言うならまだしも…。
HIRO。さん (VIVA)
2006-08-09 02:20:03
とんでもないです。実を言うと、小林よしのりの本は、↑に書いたような理由で、新聞に派手な広告が出ていても、「戦争論」以来、少し遠ざけていたんですが、あのHIRO。さんがおっしゃるのならと、買ってみたんです。本当に、個人的な印象では“戦争論”に比べれば、かなり落ち着いた書きっぷりに驚きました。



しっかり読んで、議論がされることを願っています。きっと小林氏も自分の主張が、予想以上に受け入れられるのを感じて、こうした書き方になったのではないかと推察しております。



こちらこそ、ありがとうございました。
まんたろうさん (VIVA)
2006-08-09 02:33:53
いやいや、まんたろうさんは投資のプロですから、私の記事を読まれるのが恥ずかしいくらいで、どうかたわごとだと思って、スルーして下さい。お願いしますよ(笑)。



それはそうと、チョムスキーやイラク、中国、あ~んど小林よしのり。幅広いですね!夏休みですか?



ご感想、ぜひぜひ教えて下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歴史」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

朝日は夕刊1面トップ! (はなさんのポリログ)
 長野県知事選での田中康夫氏敗北を受けて、7日の各紙夕刊には、おもしろいといってはなんだが、不思議な現象があらわれた。朝日はなんと1面トップである。  通常、こういうことが起きると、「一夜明けて」という記事が載る。これが定番である。  読売は第2 ...
戦争に負けても、守りぬくことがある。 (上海ライフの達人)
いわゆるA級戦犯―ゴー宣SPECIAL 小林よしのり 2006年 評価:★★★★