本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『穴』 『HOLES』 ルイス・サッカー(著) 幸田敦子(訳)

2010年03月09日 | 小説

  
穴.jpg     



これも学校が休みの間にぜひ読んで欲しいなと思う一冊です。高校生諸君はがんばって英語版に挑戦して下さいね。


邦訳が出される前に私が読んだのは、きっと10年近く前になると思うのですが、テレビか新聞かで、当時、アメリカの児童文学として大絶賛されていると聞いて、また 『HOLES (穴)』 という妙な書名が気になって取り寄せてみました。

自分で楽しむというより、“英語の授業で一部でも使えないかな” と思って読み始めたのですが、大人の私も夢中になって読んでしまいました。


主人公のスタンリーは無実の罪で少年院のようなところに入れられます。少年の更生施設ですが、果てしなく広がる荒地で、炎天下、来る日も来る日もショベルを握って穴掘りをさせられます。

そもそも無実のスタンリーですが、その施設では罪を犯して入ってきた、くせものだらけの先輩少年たちに新入りいじめにあったりします。そこの所長や監守たちも決して少年たちを甘やかさず、立っていられなくなるほど、ひたすら穴を掘らせるのです。


ところがその作業はどうやら、更生のためということを装ってはいるものの、大人たちのある事情がからんでいることに気付きます。

友達もいなかったスタンレーですが、やがて同じ班の少年ゼロに字の読み書きなどを教えることによって、徐々に心が通い始めます。互いを助けあったり、自分の思いを語ったりすることのできる友情が生まれます。

そのゼロがあることをきっかけに、監守をショベルでなぐってしまいそのまま逃走してしまいます。そしてゼロのことを放っておけないスタンレーも翌日に…。


そんなストーリーですが、それまでも、さまざまなエピソードや人々の背景が語られ、二人の決死の逃亡のあとも予想の付かない展開、息を呑むようなできごとが続いてどんでん返し、一気に読んでしまいます。

全米図書賞など多くの賞も取っているそうです。最後まで読めば忘れられない一冊になるのではないかと思います。実際に 当教室 の生徒たちの中で何人かが読み、彼らの感想もすべて好意的なものでした。お薦めします。



P.S. そういえば、以前ご紹介した 『英語耳』 の著者、松澤氏も本書を強く推薦しておられました。CDやDVDにもなっているそうですから、それを英語学習に使おうということですね。 (『英語耳』はお薦めですが、同じ松澤氏の 『セ耳』 は???ですが。)


■■■ ブログランキング ■■■

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事がいくらかでも参考になりましたら、応援のクリックをしていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。m(__)m


↓            ↓

人気blogランキングへ  にほんブログ村 本ブログ


ありがとうございます 



http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】

 

 

Holes

Yearling Books

詳細を見る
穴 HOLES
ルイス・ サッカー,幸田 敦子
講談社

詳細を見る
『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 時事問題! 【定期テスト対... | トップ | 『小3までに育てたい算数脳... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろそう! (Dan)
2008-07-18 10:58:37
お久しぶりです。今回もおもしろそうな本ですね。
原書でぜひっ!って言いたいところですけど、最近母はお疲れモードです。日本語で読ませていただきます。は~、恐怖の夏休み開始だ~!
Danさん (VIVA)
2008-07-18 19:54:51
こちらこそ、ご無沙汰ばかりですみませんでした。
ええ、記事にも書いたようにきっと面白いと思いますので、ぜひぜひ親子でどうぞ。

夏・がんばりましょうね。

Unknown (アメリカ留学)
2008-07-19 18:10:26
再び覗きに来ました~^^;
アメリカ留学です♪いつも突然でごめんなさい(汗)
実は何度も訪問してるんですw
今後の記事更新の参考にさせてもらいたいと思って見させてもらいましたけど、普通に楽しんじゃいました^^;
って長々とすいません、楽しいブログこれからもよろしくです♪
ブログ再開を慶ぶ (tani)
2010-03-11 13:26:39

「本を読もう!!VIVA読書!」
2008年9月からの長~い休載ですから、突然の再現に驚きました。魂消ました。
再開を心から祝福!今後の発展を祈る!
青少年のため尽くされよ!そんでわ。
先輩! (VIVA)
2010-03-12 10:42:07
ちは~す。ご無沙汰ばかりで本当にすみません。また温かいお言葉大変恐縮です。
何とか、時々記事が書けるようにがんばります。継続は力なり!茨城空港もがんばれ!
Unknown (milesta)
2010-03-12 17:58:18
たいへんご無沙汰しています。お元気でしたか?
つい昨日、VIVAさん受験シーズンが終わって一息ついている頃かしら・・・なんて思っていたので、ブログが更新されていてびっくりです。

↑以前も紹介されていた本ですよね?それでも良いので更新してくださると嬉しいです。何しろ、これまでたくさん紹介してくださっているので、読みたいと思ったまま忘れている本が結構あります。こうしてまたアップしてくださると思い出しますので。
milestaさん (VIVA)
2010-03-12 19:30:18
こちらこそ、ご無沙汰ばかりですみません。お変わりないですか?お子様もお元気ですか?

春期講習が終わるまで、なかなか落ち着かないのですが、何とかやっております。

暖かいコメント、本当にありがとうございます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

朝日新聞の若宮啓文、恐ろしいまでの自虐史観と左翼思想 (訳わからん このシャバは)
              若宮啓文 朝日新聞役員待遇東京本社編集局編集委員・コラムニスト 【筆者記】 持って生まれた根性は直らないとはこのことです。 (2005/03/27)の朝日新聞のコラム風向計の中で若宮が書いた「竹島と独島 これを「いっそのこと友情島」にして...
穴 HOLES 読んでみて (遊馬道のメモ帳)
<a href="http://blog.goo.ne.jp/tokkun-book/e/2f4ef2f0b016afb03b554eb9aba8dd40" target="_blank">VIVAさん</a>のところにあったので読もう読もうと思いつつ、 今日になってしまいました。 穴 HOLES ルイス・サッカー 幸田敦子=訳    講談社 160...