トキワ荘通り

豊島区椎名町(現:南長崎)には、日本のマンガ文化を育てた梁山泊「トキワ荘」がありました。

「トキワ荘 入居年表」

2009-04-28 | トキワ荘記念碑
旧住所は、豊島区椎名町5丁目2253番(現住所は南長崎3丁目)

昭和27年(1954) トキワ荘棟上げ
昭和28年(1953)
初めころ手塚治虫先生が入居        
大晦日に寺田ヒロオ先生が入居
昭和29年(1954)
手塚先生、雑司ヶ谷の並本ハウスに転居
10月 藤子不二雄先生の二人が入居
昭和30年(1955)
11月 鈴木伸一先生が入居
昭和31年(1956)
2月 森安なおや先生が鈴木先生の部屋に同居      
5月 石ノ森章太郎先生が入居
11月 赤塚不二夫先生が入居
6月 鈴木先生、転居
    このころ、つのだじろう先生スクーターで出入りを始める。
昭和32年(1957)
寺田先生、転居
森安先生、転居
昭和33年(1958)
水野栄子先生入居(4か月で転居)
よこたとくお先生入居
昭和36年(1961)
赤塚先生、転居
よこた先生も転居
藤子不二雄先生転居
最後までいた石ノ森先生も転居
昭和57年(1982)
11月 老朽化のため解体


12月にはアパートに改築。
赤塚不二夫先生が書いた「トキワ荘」の看板がかかっていましたが、
その‘第二のトキワ荘’も平成になって解体されました。
今では、会社と一般の住宅になっています。
この記事についてブログを書く
« 記念碑の紹介3 | トップ | ぶらり青梅宿 »
最新の画像もっと見る

トキワ荘記念碑」カテゴリの最新記事