東京からヤッホー! ~品川区の行政書士の身近なアレこれ~

東京でがんばっている行政書士おじお(小塩)が、日々の中でのちょっとしたことを気軽に綴っています。

久し振りにネコです

2008年01月30日 | ネコ
連日寒い日が続いていましたが、今日は小休止で、久し振りに最高気温が10℃を越えるようです。日も照って良いお天気です。

ネコもお日様につられて外へ出てきたのかな。



でも、そこは日陰だから寒くないかい?もう1段下なら日があたっているのに。



大きなお世話みたいですね。はいはい、お邪魔はしませんから、ゆっくりくつろいで下さいな。
コメント

サロン デュ ショコラ

2008年01月25日 | イベント・クリスマス
今年もチョコレートの季節がやってきましたね。
東京にもすっかり定着した感がある伊勢丹の「サロン デュ ショコラ」が1月23日~28日(最終日は18時終了)に開催されています。私も早速行ってみました。

チョコレートは大好きなので、色々なチョコレートが街にあふれているこの時期は、見るだけでも楽しい!

最近の女性達は、普段はちょっと手が出ない高級チョコレートを、この機会に自分用に奮発して買い求めているそうで、会場も熱気に溢れていました。週末は殺人的に混むだろうと思い平日に行ったのですが、充分に混んでいました。





年に一度のスペシャルイベントなので、名だたるショコラチエの皆さんも来日して、会場での自分の作品のプレゼンに余念がありません。

高級ショコラだけあって、お値段も高級なのですが、中には18個¥15,750なんていうのもありました。直径2cm有るか無いかの球状のもので、見た目もとても美しい(お味は知りませんので。。。)のですが、1粒¥875ですよ!

他にも、こんなチョコレート製の”芸術作品”がありました。





魚の群れや、スワロフスキーとコラボした帽子なんかも。

 

コンフィチュールブームの火付け役、フェルベールのコンフィチュールもチョコレートと共に並んでいました。



会場の一角には「ショコラーバー」があり、こちらも大人気でした。私も、ドリンク(コーヒー、カフェオレ、カプチーノ、ストレートティーからチョイス)+お好きなショコラ3個で¥1,050を注文しました。ショコラは以下の27種類から選べます。



私が選んだのは、ベルナシオンの「パレドール」、パトリック・ロジェの「パッションガナッシュ」、ジャン=シャルル・ロシューの「プラリネキャラメル」です。(伊勢丹のIカードを持っていると4種類選べたようです。¥840でもう3種類追加もできます。)



食べてみては一生懸命メモを取っている人なんかもいて、気合入っているなあと関心しました。私ですか?私は、美味しければいいので。。。

ということで、贅沢なショコラとコーヒーでしばし至福の一時でした。
コメント

雪!

2008年01月23日 | 季節
今朝、カーテンを開けて外を見たら降っていましたよ、雪が!東京で見るこの冬初めての雪です。積もるほどではなかったのですが、それでも一時は屋根が薄っすらと白くなっていました。

写真は線路と雪ですが。雪がはっきり分かるような背景をと思ったら、こうなりました。



思ったより早く雨に変わりましたが、それにしても

さ・ぶ・い~!!
コメント

大寒

2008年01月21日 | 季節
寒い日が続いています。外にいると、冷蔵庫の中にいるような気がしてきます。週末はセンター試験でしたしね。毎年のように雪を呼ぶセンター試験ですが、今年は前日、前々日で降り、試験当日は大丈夫だったようで、受験生の皆さんもほっとされたことでしょう。

今日は大寒だそうです。やはり、今が一番寒い時期なんでしょうね。

東京も、今朝はもしかして積雪か!とちょっと期待してカーテンを明けたのですが、雪はありませんでした。ほっとすると同時に、ちょっぴりがっかり。東京は雪に弱いので、交通事情等を考えたら降らないほうがいいのですが、雪景色を見たい気持ちも少し有りますね。

まだ空はどんより曇っていて、いつ雪が降ってもおかしくない雰囲気ではあります。まだしばらく寒さに耐える日々が続きそうです。

皆様、お風邪など召しませんようご自愛下さい。

コメント

ベルナーシュ

2008年01月15日 | レストラン・グルメ
2007年3月に大岡山にオープンした、フレンチ・レストラン「ベルナーシュ」で新年会をしました。

オ・バカナルにいた方が独立して開いたそうで、こじんまりした気取らないお店です。サービスの人も控え目で、色々気を使っていただきました。

まずはシャンパンで乾杯!今年もいいことがたくさん有りますように。

今のところディナーのプリ・フィクスはないとのことで、豚肉のリエットとパンをつまみながらあーだ、こーだ言いながらアラカルトで注文しました。

前菜には田舎風テリーヌ。ボリュームも有り、良いお味でした。



他の方は、アンディーブとロックフォールのサラダや



自家製ソーセージのレンズ豆添え



を注文しました。どちらも味見をさせていただきましたが、とても美味しかった!

メインは、私はエゾ鹿のステーキ。部位はモモだそうです。鹿肉は初めて食べましたが、柔らかくてあっさりしたお肉に甘みのあるソースが絶妙でした。(早く食べたくて写真を撮り急ぎ、ピンボケになったのはご愛嬌ってことでご勘弁下さい。)



羊肉のクスクス(もう少し長い名前でしたが)も美味しかった!(私が2皿食べたわけではありませんよ。念のため。味見で少しいただいたのです。)



デザートは、ホワイトチョコのガトーショコラ。真っ白のガトーショコラをイメージしていたのですが、そうではありませんでした。でも、優しい味で、程好い甘さでした。(これもピンボケ。どうも食い気にはやり、画像をチェックする余裕を失っていたみたいですねえ。)



胡桃のタルトはその名のごとく胡桃たっぷりで、香ばしいケーキでした。



大岡山周辺には珍しいフレンチレストランのようですし、末永くがんばって下さい!


コメント

初春大歌舞伎

2008年01月13日 | その他
昨日は久し振りの歌舞伎座で、初春大歌舞伎の夜の部を楽しんできました。初日の様子はテレビで少し見たのですが、やっぱり生でなくちゃ。
劇場はお正月気分たっぷり、普段に増して華やかで、気持ちもうきうきしちゃいます。



生憎の雨模様だったので着物を着るのは断念したのですが、めげずに着物をお召しになっている方もいらっしゃって、やっぱり着物にすれば良かったかなあ、とちょっと後悔。

売店も初春大歌舞伎ならでは様相で、活気がありました。





今年は福袋も復活していて、かなり気になりました。結局買いませんでしたが。

演目もお正月らしいお目出度い舞踊「鶴寿千歳」(かくじゅせんざい)から始まり、幸四郎・染五郎親子の「連獅子」(れんじし)、5年振りの団十郎の「助六由縁江戸桜」(すけろくゆかりのえどざくら)と豪華でした。

団十郎さん、病を克服して復活されて、本当に良かったです。

舞台を堪能して外に出ると、夜の歌舞伎座がこれまた良い雰囲気でした。





幸い雨も上がり、夜の冷気も心地よく、お芝居の余韻に浸って帰ってきました。
コメント

ラ スプランドール

2008年01月08日 | その他
今日は、お気に入りのパティスリーをご紹介します。
東急池上線久が原駅前にある「ラ スプランドール」です。



「オテル ドゥ ミクニ」のシェフパティシエだった藤川浩史氏が2006年7月にオープンしたお店で、オープンするや否や、大人気です。この近辺にこういったパティスリーが無かったのも確かですが、なんと言ってもパティシエの腕が天下一品です。それに、販売を担当されている方(多分奥様だと思います)も、笑顔がとってもステキで優しい雰囲気です。



白とマホガニーを基調とした店内もとても感じが良いのですが、低めのショーウィンドーに見やすく並べられたケーキの数々が、これまた絶品!軽やかで洗練された外観、味もまた上品で繊細、程好い甘さで、見て良し、食べて良し。至福の一時が味わえます。

 


あれもおいしそう、これもおいしそう、で、いつも買う予定数よりも多く買ってしまいます。焼き菓子やコンフィチュールもあり、ちょっとしたプレゼントにももってこいです。

お近くの方はもちろん、わざわざ行っても後悔はしませんよ!
コメント

初詣

2008年01月04日 | イベント・クリスマス
新年、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

年末年始は帰省していました。東京はお天気も良くわりと暖かかったようですが、帰省先は東京よりも寒く、元旦は雪の初詣となりました。冬らしくていいのですが、やっぱり寒いのは辛い。。。それに、振袖の女性達には気の毒でした。



幸い積もるほどではなかったので助かりました。積もると何かと厄介ですもんね。

わんこも晴れ着で初詣に来ていましたよ。かわいい!!


コメント