東京からヤッホー! ~品川区の行政書士の身近なアレこれ~

東京でがんばっている行政書士おじお(小塩)が、日々の中でのちょっとしたことを気軽に綴っています。

師走の銀座

2007年12月27日 | 
クリスマスが終わり、いよいよ年の瀬が迫って参りました。街もお正月に向けてGO!モードになってきています。
本格的にお正月モードに突入するのは28日でしょうが、銀座にはもう門松も出ていました。

鳩居堂もお正月モードで、年賀状やお正月に使うグッズを買い求める人達で込み合っていました。



お花屋さんもこの通り。準備は万端整って、あとはお買い上げを待つばかり。







ミキモトもすっかりお正月です。ユニークですが、何やらお目出度そうで、パワーを感じるアート!



松の根本に花の大玉、根っ子は金色!!金色の松ぼっくりがなるかな?



ところで、無くなったと思った銀座ダロワイヨが、場所を変えて5丁目(松坂屋の向かい)にオープンしていました。2階がサロン・ド・テになっていて、写真に出ているランチ(2,100円)がおいしそうでした。でも、前は確か1,500円じゃなかったかな?ここも値上げかあ(涙)

コメント

1等賞!

2007年12月27日 | イベント・クリスマス
昨日は、今年最後で最大規模の忘年会に参加しました。12月は皆公私共に何かと忙しいので、「年が明けたら、ゆっくり新年会をしましょう。」という方が多いのですが、それでも何件かの忘年会があります。

参加者は70名程で、元気な人たちばかりなので、とても盛り上がり楽しい一時を過ごしました。

主催者の方がゲームも用意して下さっていて、全員参加で行ったのですが、なんと私に1等賞が当たり、賞品のWiiをゲットして大喜びで帰ってきました。

どういうゲームかというと、自分の好きな数字を一つ(参加者が70名なので、1~70ぐらいでって感じですが)、紙でも手でもいいのでどこかに書いておきます。1から順に数字が読まれ、その数字を書いた人が手を上げ、もし手を上げたのが1人しかいなかったらその人が「当たり!」となり、賞品がもらえます。ですので、若い数字を書いた方が有利ではあるのですが、皆がそう思って複数の人が同じ数字を選んでいると駄目なわけで、単純ですが面白かったです。

皆、色々考えて数字を選ぶのですが、これが不思議に同じ数字を選んでいる人がいるんですねえ。そこにまた、妙な連帯感が生まれたりして。。。

私はくじ運は無いと思っているので、今回も最初からまったく期待はしていなかったこともあり、びっくりでした。たまにはこういうこともあるんですねえ。

1日遅れのクリスマスプレゼント兼早めのお年玉ということで、本当にラッキーでした。

まずはどのソフトを買うかを選ぶところから楽しませていただきます。
キャッホー!!
コメント (2)

クリスマスのお土産

2007年12月24日 | イベント・クリスマス
ミュンヘンのクリスマス市を楽しんで来た方から、たくさんお土産をもらいました。お陰で、日本にいながらにしてドイツのクリスマスを楽しませてもらえます。(全部を私がいただいたわけではなく、これを山分けしました。)



クリスマスの4週間前の日曜日からカウントが始まり、街にはクリスマス市が立ちます。気温はマイナスでかなり寒く、温まろうとグリューバイン(香辛料等を入れたホット赤ワイン)を何杯も飲んでしまったとか。(私も飲みたい!)

その他にも、ピーナッツにキャラメルをまぶしたものとか、焼き栗とか、良い匂いが漂い、思わずあれやこれや買ってしまったそうです。

ドイツのクリスマスの代表的なお菓子と言えば、シュトーレンとレープクーヘンだと思っているのですが、日本でも最近はシュトーレンを売っているお店が増えましたよね。かなりいいお値段ですが。でも、何故かレープクーヘンは見かけません。香辛料が入った独特の味が日本人向きではないんですかねえ。でも、私はこちらの方が好きなので、たくさん買ってきてもらって大喜びです。



お店によって微妙に味が違うので、食べ比べです。もちろん全部おいしいですよ。しかしカロリーも高いので、後々跳ね返ってくるものを考えると怖い!でも食べたい!!108の煩悩のうち、食欲の占める割合はどんだけ~?

メリー クリスマス!
コメント

浅草寺 羽子板市

2007年12月18日 | イベント・クリスマス
クリスマスまであと1週間。どこに行ってもイルミネーションが綺麗ですね。





でも、ここ浅草寺は17日~19日まで、年の瀬恒例の「羽子板市」ですよ!
羽子板市は21:00頃までやっているから仕事帰りでも間に合うし、混雑する昼間よりもゆっくり楽しめます。ちょっと寒いけど。

仲見世通りもすっかりお正月仕様になっています。



境内では23:00までライトアップがされていて、幻想的な光景が浮かび上がっています。



五重の塔もこの通り、寒さも忘れて見入ってしまいました。





境内には羽子板を売る露店がたくさん並んでいます。





びっしり並んだ羽子板が電燈の光の下で輝いていて、昼間に見るよりも情緒があり、寒いけれど夜に行くのもいいなあと思いました。





主流は舞踊を題材にした女性ですが、歌舞伎の演目を題材にした物なんかもあります。大きな羽子板はなかなかの迫力ですよ。



今年話題になったハンカチ王子やマー君などの羽子板もありました。写真には写っていませんが、ハミカミ王子もちゃんといましたので、ファンの方は安心して下さいね。



さざえさん一家も根強い人気のようです。(買う人いるのか?)



気分はすっかり「お江戸」です。



「よっ!江戸っ子!」と声をかけたくなるような、お店の大将と若い衆がいました。



羽子板だけなく、羽根も売っています。これもまたカラフルで綺麗!!





そして、「福あつめ」なるものも。



20:00頃になると仲見世通りもかなり静かになりますが、それでも人通りは充分にありますね。



明日は最終日、お時間があったら行ってみて下さい。




コメント

本がかけるなんてすごい!

2007年12月11日 | その他
最近、2名の知人が相次いで本を出版されました。

1人は会計士と馬券師の2足のわらじをはいている(本人曰く、「本業は馬券師!」)丸の内龍太郎さん。
本のタイトルは「馬券会計学」。発売と同時に、カテゴリーの売上トップになったらしいです。

もう1人は、弁護士の横張清威さんで、「ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方」。こちらは、よくある契約書の雛形羅列本ではなく、その契約文の重要度や意味、アレンジする場合に気を付けること等を盛り込んだ、実務にとっても役に立つ本です。

もちろん、どちらもAmazonで発売日に購入して、読ませていただきました。(正確には、横張先生の本はまだちゃんとは読んでいませんが。これから読みますです、はい。)

他にも、現在執筆中の知人もいたりして、いやあ尊敬しちゃいますね。本にして出すとなると、やはり半端な知識や経験では書けませんからね。よしんば知識や経験があったとして、それを原稿にしないといけないわけで、大変な労力だと思います。

丸の内さんにしても、競馬にかける時間とエネルギーは余人にはなかなか真似できるもんじゃありませんよ。なにより、競馬に対する情熱と愛情がすごい!
横張先生も、契約書関連のブログを毎日更新していらっしゃいます。たいしたものです。

私も、せめて爪の垢でも煎じて飲ませていただかねば。
で、あわよくば万馬券をゲットできれば!
って、甘いか。。。


コメント   トラックバック (1)

コメダ珈琲店 下丸子店

2007年12月04日 | レストラン・グルメ
今日は、下丸子3-2-3に今年8月にオープンした「コメダ珈琲店」下丸子店にランチに行きました。



東海地方で多数の店舗を展開し、神奈川県にもすでに複数店舗があり、今年いよいよ東京23区に進出というので話題になったお店です。
なぜ話題になったかというと、東海地方ではあって当然の「モーニングサービス」を東京でもやるというのでニュースになったようです。

名古屋や岐阜の喫茶店には普通にある「モーニングサービス」。朝の時間帯にコーヒーを1杯注文すると、目の前にはコーヒー、トースト、ゆで卵、ミニサラダなどがずらっと並び、お店によってはとどめに茶碗蒸しまで付いちゃったりして、知らないとぼったくり喫茶店かと驚くことになります。

それを東京でもやるそうで、下丸子店でも11:00までに飲み物を注文すると、もれなく厚切りトースト(写真では半分)とゆで卵1個が付いてきます。(さすがにサラダや茶碗蒸しまでは無理のようです。)

今日はランチだったので、ヒレカツ860円を注文しました。



山盛りのキャベツが嬉しいです。きゅうりも厚さ1cmはあろうかというりっぱなものでした。この野菜高騰の折に太っ腹ですな。パンもふわふわでおいしかったです。ヒレカツは。。。ナゲット?じゃなくて、ヒレカツなんですよね。。。お値段からして納得ですが。やっぱりエビフライを選ぶべきだったかな?

コーヒーは400円でしたが、表面張力で盛り上がったフレッシュが付いてきました。

入口を入るとレジがあり、左手が禁煙席、右手が喫煙席とはっきりわかれていていいですね。店内は明るく、スペースがたっぷりとられているのでゆったりしています。駐車場も結構広いので車で来ても大丈夫です。

「シロノワール」というものが名物らしいので、次回はこれを食べてみます。メニューをみてなんだろうと気になったのですが、デニッシュ生地のパン+ソフトクリーム+メイプルシロップなんだそうです。おいしそう!
コメント   トラックバック (1)

ブランドラッシュの銀座

2007年12月02日 | 
有楽町で用事をすませてから、銀ブラをしてきました。今日もお天気が良くて寒くないし、お散歩にはうってつけでした。

と、マリオンの前に長蛇の行列が。こ、これは、もしや例の行列か!?



やっぱりそうでした。数寄屋橋交差点の所の宝くじ1番売り場に並ぶ人、人、人。売り場の窓口は複数あるのですが、1番窓口じゃないと駄目らしいです。ということで、マリオンの大時計前も通り越して、行列は伸びる、伸びる。皆さんの熱意に脱帽。



Diorの隣には、11月7日にオープンした「ジョルジュ・アルマーニ」の銀座タワーが。家具もなんかもあるそうですが、私は前を通っただけなので見ておりません。



中央通りは今日も歩行者天国で賑わっていました。



銀座2丁目には11月30日オープンの「ブルガリ」の旗艦店である銀座タワーが。



ショーウィンドーにはビンテージコレクションが飾られています。オープン直後のため店内は「見物客」で一杯だったので、私もどさくさにまぎれて中に入り、見てきました。億単位の商品もあり、しばし目の保養をさせていただきました。(これでマンション2~3戸買えるなあ、などど思いながら。)

お隣は松屋の一角を占める「ルイ・ヴィトン」。外壁の飾りがかわいいですね。



ブルガリの向かいはカルティエ、その2件隣には12月1日オープンの「ダンヒル」銀座本店。



お店の前には、ダンヒルの「宣伝ワン」のブルドックがいました。





何故ブルドックなのかは良く分かりませんでしたが、なかなかの人気でした。子供と動物には勝てません。



イケワンです。。。ね、多分。お仕事、ご苦労様です。



続々とブランドが新店舗をオープンさせている銀座ですが、最近は裕福な中国人がバスをしたててお買い物ツアーに来ているそうで、あまりの中国人客の多さに慌てて中国語の案内を作成したお店もあるとか。確かに、通りを歩いていて中国語を耳にすることが多くなりましたね。銀座のブランド店の売上の半分以上を中国人観光客が占める、なんていう日も遠くないのかもしれませんよ。

コメント

USBメモリー

2007年12月02日 | その他
ドキュメントの持ち運び用にUSBメモリーを買いました。前にも、やはり同じ目的で1個買ったのですが、それはいつの間にかバックアップ用のようになってしまい、あまり持ち歩かない方がいいなあと思い、新たに1個買い直したのです。

ELECOMの1Gのですが、有楽町の某量販店で2,080円でした。2Gで3,080円だったかな。どちらにしようか迷ったのですが、今回の目的なら1Gでも有り余る容量なので、1Gにしました。

それにしても、USBも安くなりましたよねえ。ギガでこの値段ですもんね。ちょっと前まで高くて買えないと思っていたのにねえ。技術はどこまで進歩するのでしょうか。パソコンとかITとか詳しくない者にとっては、着いて行くのがホント大変!
コメント