東京からヤッホー! ~品川区の行政書士の身近なアレこれ~

東京でがんばっている行政書士おじお(小塩)が、日々の中でのちょっとしたことを気軽に綴っています。

「セーフティーノート」Vol.3 ~「エンディングノート」に代えて~

2011年02月10日 | 相続・遺言
「セーフィティーノート」の項目追加です。

一般に高齢者向けの「エンディングノート」と呼ばれているものがありますが、独自に、年齢に関係なく万が一の備えとして書いておく「セーフティーノート」を提案しています。内容には、相続や遺言の相談や手続きを業務として行っている行政書士としての視点も生かしています。

さて、ご高齢者の中には、兄弟が大勢いっらしゃる方が少なくないと思います。その兄弟の子供や孫があちこちに大勢いるとなると、会った事がない親類、存在すら知らなかった親族、絶縁になっている人がいることもあるでしょう。しかし、状況によってはそれらの人に連絡をとらなければならなくなることもありますから、分かっている人だけでもよいので、書いておきましょう。

それから、避けて通れないのが葬儀関係のことです。その地域の風習もあるでしょうし、最近は海などに散骨をされる方もあるようです。次の代に引き継ぐことや、あなた自身の希望を明確にしておきましょう。

「セーフティーノート」/親族
「セーフティーノート」/宗教 葬儀 埋葬

記入できるシートはこちらからどうぞ。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 1回で2回おいしい!? | トップ | 梅開花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2011-02-11 07:20:46
人生、いつ何が起こるかわかりませんよね。家族のためにもセーフティーノートは必要ですね。
コメント有難うございます。 (tokiokara)
2011-02-14 18:30:12
Unknown様
そうですよね。「備えあれば憂い無し」です。自分のためにも、家族のためにも。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

相続・遺言」カテゴリの最新記事