徒然。近藤のゲーム雑記録

私、近藤がただゲームについて語るもの? です。暇つぶしに最適かも。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルトネリコ 第二回 グラスメルク編

2006-02-03 | PS2
アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女

昨日予告してしまったので、書いていこうと思います。
今回は、「グラスメルク」について。

グラスメルクというのは、材料から武器や道具を作るシステムのこと。
レシピカードを手に入れ、それに書いてある材料を集めることにより、
新しいアイテムを作ることができます。
宝箱や敵からアイテムを入手できますが、グラスメルクをすることによってしか手に入らないものもあり。
特に武器や防具などですね。
グラスメルクは、宿屋とキャンプ(セーブポイント)で行うことができます。

簡単に説明するとこんな感じ。
今度は応用編。

アイテムには品質というものがあり、S>A>B>Cとなっていて、
Sが一番品質が良く、Cが一番品質が悪いとなっています。
品質が違うと何が違うの? と疑問をもたれると思います。
品質が違うと再結晶化をしたときに影響が出てくるのです。
再結晶化とは、アイテムよりグラスノ水晶を取り出すことです。
グラスノ水晶というは、キャラクターの装備につけることでステータスを上げたり、
詩魔法に装着(インストール)し、詩魔法に特殊能力をつけたりできるものです。
品質が良いと再結晶化を行ったときに、希少なグラスノ水晶を手に入れることができます。
品質が悪いものだと、その辺の店に売っているどうでもいいグラスノ水晶になってしまう場合もあります。
グラスメルクをする時に品質がいいものを作り、
再結晶化をし、珍しいグラスノ水晶をゲットするということもできます。

僕の意見としては、グラスメルクって面倒くさい。
最初は確かに面白かったです。
材料を探してきて、グラスメルク。
新しいアイテムができて、少し嬉しい~。
ですが、ゲームが中盤に差し掛かると、
材料が手に入らないことが多々ありました。
それに意外に時間が掛かること。
○ボタンを押すことで早送りをすることができますが、
画面でキャラが頑張ってグラスメルクをしているのが長い……
でも、良かったところも。
新しいアイテムができたときに、ライナー(主人公)がアイテムの名前を付けるのですが、
レーヴァテイル(ヒロインであるオリカかミシャ)がいると名前の案を出してくる時があり、
それを採用することができるところですね。
面倒くさがりでごめんなさい。

次回は一番の売りの「ムスメ調合」について書こうかと思います。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« またまた、ときめきメモリア... | トップ | 今日は給料日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

PS2」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事