保守への覚醒

反日勢力を駆逐し売国奴を捩じ伏せる 憲法改正、自主防衛、核武装を成す

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓国、「エラ削り手術」被害報告急増 「きれいになりたかっただけなのに…」

2012年08月05日 17時53分33秒 | 韓国
韓国人が持つ巨大なエラは、コンプレックスの象徴であり整形希望者も多い。



「きれいになりたかっただけなのに…」


あごの骨を切る「エラ削り手術」や、あごの位置を矯正し顔を細くする「咬合矯正」の被害事例が急増している。

 
韓国消費者院は「今年1月から6月末までにエラ削り手術などの被害相談が44件あり、昨年1年間の48件に近づいている」と述べた。

 
こうした手術は一部女性タレントが大変身したとして話題になり、2010年から一般の人々の間でも流行し始めた。しかし、副作用に苦しむなどの被害例も増えている。消費者院に寄せられた、同手術を受けた人の相談件数は10年の29件から毎年増え、今年6月までに合計121件に達した。

 
このうち75件は副作用に関するものだ。副作用を症状別に見ると、痛み・感覚異常25件、顔の非対称21件、咬合異常18件、顔の陥没5件、顎関節障害4件などだった。このほか、顔の炎症・傷・鼻の骨折・異物残存・聴力異常などの副作用も報告された。

 
消費者院は「手術前に少なくとも2人以上の医師に相談し、副作用があった場合どのような処置を受けられるか、病院側と事前に話し合ってほしい」と勧告している。

 
また「契約後に気が変わった場合は、手術予定日の3日前までにキャンセルすれば、契約金の被害が少ない」と消費者院では話している。

 
公正取引委員会は消費者の被害を防ぐため、病院・個人医院が順守すべき同手術の標準規約制定を推進している。

パク・ユヨン記者

「エラ削り手術」被害報告急増 朝鮮日報








両親がエラ削りしても生まれてくる子供のエラはやはり巨大。



結局、子々孫々に至るまでエラ削りの無限ループに突入する。



そんなに削りたいのなら、いっそう全部削って無くしてしまえば?



キムチは食べられないだろうが世界は安定する。







でも、エラのない朝鮮人なんてやはり朝鮮人じゃないよな。




↓ 応援クリックお願いします ↓
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

















この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« オバマよ、日米韓同盟を結び... | トップ | 韓国整形事情 「中学の卒業... »
最新の画像もっと見る

韓国」カテゴリの最新記事