保守への覚醒

反日勢力を駆逐し売国奴を捩じ伏せる 憲法改正、自主防衛、核武装を成す

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NHK・BS1、韓国大統領就任式の生中継80分 「竹島の日」式典は1分!

2013年02月26日 00時00分35秒 | 反日極左メディア


☆NHKが韓国大統領の就任式を生中継 疑問に思う声多数


2012年末に行われた韓国大統領選で当選した保守系与党セヌリ党の朴槿恵(パククネ・61)氏の第18代大統領就任式が2月25日午前11時(日本時間)に韓国・ソウルで行われた。

 
朴大統領は韓国初の女性大統領で、就任宣誓の後に、北朝鮮の金正恩政権に核放棄を要求する演説などを行い、NHKはこの就任式の様子をNHKBS1で2月25日午前11時から午後0時20分にかけて生中継で放送した。

 
NHKと言えば、先週19日未明にNHKの公式ツイッター「NHK広報局(ユル~く会話しますよ)」がツイートした発言が騒動に発展。同アカウントは、これまで毎日複数回ツイートしていたが、2月22日から25日の午前にかけて更新が途絶えていた。

 
このツイッターの発言でNHKが批判の的になっていたこともあってか、この就任式の放送にも様々な意見が殺到。


ツイッターには「天皇陛下のお言葉はほとんど放送しないくせに(怒)」「気持ち悪かったねー!韓国の大統領のなんかの式!?の生中継」「韓国大統領就任式は生中継80分なのに、竹島の日式典は1分!」「アホかと。誰が見るんだ?」「どう考えても異常。なんらかの力があるのだろう」「NHKで韓国の大統領就任式を放送してるのってなんか不思議な感じするわ…」など疑問に思う声が多数寄せられている。



NHKが韓国大統領の就任式を生中継 疑問に思う声多数 アメーバニュース




何をやっているんだNHKは、公共放送としての自覚ゼロだな。先ずNHKに対するチャンネル割り当てが大過ぎじゃないの。NHKに与えるのは地上波1波とBS1波で十分だろう。



それに韓国の大統領就任式自体もめちゃダサい。「韓流ブームよ再び!」のノリだね。おまけにこれぞコリアンと言う気持ちの悪い江南スタイルまで登場し、もう最悪の就任式報道だった。



ところで、韓国の新聞のテレビ欄では、NHKワールド・プレミアムとともに、BS1とBSプレミアムの番組表も掲載されているって余り日本では知られていないよね。



韓国は、BSアンテナを日本の衛星に向けさえすれば無料で見放題の国。NHKもそれをよーく知って韓国人に対するささやかなサービスと言わんばかりに放置しているのだ。今回のBS1の生中継も「NHKは韓国を重視してますよ」とのメッセージを発信しているとも取れる。



ま、NHKの言い分は「海外に滞在している邦人に対するサービスの一環…」と言う苦しい弁解になるんだが…。NHKワールドは別としてもBSの2波は何らかの泥棒対策をしなくちゃね。真面目に受信料を払ってる者はやってられない。



韓流ブームとか言って、韓国から出来の悪い捏造ファンタジードラマを買い続けるNHK。出演者の韓国俳優が来日した際には多額の出演料を惜しみなく払い、それら全てが「みなさまの受信料で成り立ってます」と言うことになる。



我々日本人はこれらNHKの愚行全ての割を食ってるっている分けなんだが、韓国のBS放送泥棒対策としてスクランブル化など対策強化をする気などはさらさら無さそうである。




↓ 1クリックで応援してね♪ ↓
人気ブログランキングへ        にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ






安倍政権の使命-動き出した反日マスコミ

(内容紹介)日本を取り戻すためには情報戦争に打ち勝つしかない!
[総特集1]断固支持!安倍内閣。
●安倍政権に日本の未来を託す。―憲法・教育・軍事―。 中條高徳(アサヒビール名誉顧問)。
●救国内閣で憲法改正を断行せよ。 岩田温(秀明大学専任講師)。
●すでに始まっている安倍バッシング。 小川榮太郎(文藝評論家)。
●紙面徹底検証!朝日が殺そうとした安倍晋三。 大室久志(メディアジャーナリスト)。
[総特集2]反日マスコミの真実2013。
●[対談]新聞業界に蔓延する「絶望」と「思い上がり」。 三橋貴明(経済評論家)×窪田順生(ノンフィクションライター)。
●事実を隠蔽する日本のメディア。 菅沼光弘(元公安調査庁第三部長)。
●欺瞞に満ちたオスプレイ報道―反米を煽り、中共の脅威を伝えないマスメディア―。 恵隆之介(ジャーナリスト)。
●言論の自由を奪った反日マスコミ。 藤岡信勝(元拓殖大学教授)。
●―南京意見広告を封殺した中日新聞―反日文化人を斬る! 編集部総力特集。






「反日」の正体 中国、韓国、北朝鮮とどう対峙するか
西村幸祐(著)

(内容紹介)「〈マトリックスとしての反日〉の正体は、韓国でも中国でもない。〈マトリックス〉、つまり仮想現実としての〈反日の正体〉とは、それらの国や民族を唆して、反日の材料を供給している日本人に他ならないということである」(「文庫版まえがき」より)。気鋭の評論家がネット時代の日本の危機に迫る、ベストセラー『「反日」の構造』につづく、警鐘の問題作!





「反日」の構造 中国、韓国、北朝鮮を煽っているのは誰か
西村幸祐(著)

(内容紹介)「そもそも、現在の危機の本質を自覚できないこと自体が、最大の危機なのだ。拉致問題、領土問題、安全保障問題、歴史認識問題という国外からの攻撃は、中国、韓国、北朝鮮の〈反日トライアングル〉から向けられたものだが、その〈反日トライアングル〉に攻撃の武器を供給し、援助し続けているのが日本なのだ。」(はじめに)より―。気鋭の評論家が放つ、メディア解体を含めた警鐘の問題作!






破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ
阿比留瑠比(著)

(内容紹介)すべてに火をつけて回った民主党政権の3年間と日本の病根を記録。外交とは、そして、国益とは何かを問い直す。政権交代から3年。「東シナ海を友愛の海に」と意味不明のことを訴えた鳩山由紀夫元首相の言動、菅直人前首相による中国漁船衝突事件を起こした中国人船長の超法規的釈放、野田佳彦首相や前原誠司前政調会長が「慰安婦問題で知恵を絞る」とした不必要な約束など、民主党の素人外交はわが国に災厄をもたらした。



『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対馬の「韓国人お断り」の居... | トップ | 韓国、小中高生への竹島捏造... »
最近の画像もっと見る

反日極左メディア」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事