黒鍋で作るぺペロンチーノ

 伊賀・土楽窯の黒鍋を持っています。これは私の中で宝物の域に達している鍋。
 なべ底は2センチほどの厚みを持ち、がんがん空焚きができて、ステーキも焼けちゃう土鍋です。
 一方、鍋物に使うときは浅いのですくいやすいし、雑炊は本当にふんわりおいしく炊けちゃいます。

 直径30cmもあって当然重い、大きい。それにがんがん熱しちゃうのですから火の玉のように熱くて危険なので、娘が生まれてからはあまり活用できてなかったのです。

 が、最近、これでラムを焼いたらもうおいしくておいしくて!!そのまま食卓に運べるし、どんどん使っているところです。

 黒鍋に惚れた糸井重里さんが土楽さんとコラボして、よりコンパクトな鍋を開発・販売していたのは知っていました。
 (発売予告の度にそそられるのですが、『私には黒鍋があるから・・・』と我慢しています。)

 最近アップされた動画「土鍋で作るぺペロンチーノ」を娘と一緒に見ていたら「これたべる~!!」と。さっそく作ってみました。

 果たして、土鍋で作る意味がどのくらいあるのか、疑問を胸にスタート。

 まず黒鍋をカンカンに熱し、オリーブ油とにんにく・鷹の爪を炒め、ころころに切った塩豚を投入。


 かりっとするまでいためたら、斜め切りにした長ねぎをたっぷり。

 この時点ですでにおいしそう。

 しっかり塩味のする湯でゆで、湯きりをしたスパゲティを入れてざっと混ぜたら出来上がり。塩は入れなくても味はしっかり付きました。

 全く鍋肌にくっつかない。



 まず、作っていて普段と違うなと思ったのは、具を炒めた後、火を消してからパスタを投入したのだけど、火がついているかのようにいつまでもジュウジュウ炒める事ができたこと。
 さらにすごかったのは、その出来上がったパスタが、これまでで食べた中で一番熱々だったこと!
 いつものようにフライパンで作ってお皿に盛り付けるのとぜんぜん違う!冷たいお皿に入れても熱々のままでした。撮影後に食べたのにもかかわらずです!
 土鍋の蓄熱作用がすごいのがよく分かった。すごいなあ。

 娘も。

 おいしいらしい。

 実は、鍋に残ったラードで、翌日のお昼にまたぺペロンチーノにして食べた私です。

 冬中、しばらく焼肉・炒め物は黒鍋で行こうと決めました。焼そばも!
 蓋はいらないことが多いから棚にしまっています。そうすると少しは気楽に使える。
 食洗機にも使えます。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

ふじりんごのクラフティ

 りんごの季節になってきました。
 岩手から送られたりんご以外に何にも材料もなく、手間もかけたくないけど、お客様がいらっしゃるから、何かおもてなしにお菓子を作らねばと、クラフティ生地を仕込んでいました。

 一手間かけて、煮りんごをいれようか・・・と、レンジでりんごを加熱していたら、いきなり「バリン!!!」とすごい爆音が。
 りんごを乗せていたはずのデュラレックスのガラス耐熱皿が、見事にこっぱみじんに爆発していました。。。ターンテーブルの上にはきれいに並んだままのりんごがガラスの破片を浴びて煮えてました。こんな恐ろしいシーンは見たことがなかった。

 皿にひびがはいっていたのか?上にかけたラップが強すぎたか??

 あまりの惨劇にレンジをそのままにしてお客様に対応、結局お帰りになってから、生のりんごを使って焼成しました。

 焼菓子には「紅玉」といいますが、手に入りやすい「ふじ」でも美味しく作れます。肉質が硬いので、火を通すと透明で美しく、歯ごたえもショリショリして、私は好きです。
 今時期の採れたてのふじはとても酸味もあり、そのままでもクラフティ生地との相性はよかったです。卵臭さを取るために、香り付けの洋酒はカルバドスを使いました。

 りんごもプリンも好きではない息子が、めずらしい食いつきっぷりで、焼き立てをこんなにたべてしまいました。

 残りは冷たくして大人の夕食後に!
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

重量級のだんご

 郷里の盛岡の両親は、酒も飲まず油もあまり摂取せず元気です。
 しょっちゅう100キロ離れた三陸まで、80キロ離れた二戸や葛巻まで、車を飛ばして出かけています。南部煎餅や牛乳、焼豆腐や草もち、鮭やウニ、美味いだんごを買うためだけに。(いい季節には途中下車して昆虫採集をしているみたいだけど)

 今回、宅急便で米と江刺のりんごともに入っていたのが、このだんごです。
 わーい!私の大好物!!4つも入っていたので即冷凍しました。

 「たった4つ」されど「4つ」。
 「4つも」というのは、直径12センチ、高さも4センチ以上はあり、重さは150gはあるんじゃないかしら。(有名どころと比べると「こごめ大福」の3周りは大きい。)
 さすが、田舎のおやつです!お茶請けにするには一人ひとつはきつい。朝ごはん??!にぴったり。

 餅ではなく、粉の生地をふかして作っているのだと思うけど、なぜかもっちりしています。上新粉もまじっているのかな?
 食べるときは、半日かけて室温解凍して、グリルでこんがり焼いて、熱々を食べます。


 あんこは私の大好きな、白く粉を吹いたような、豆の味が引き立つ甘さ控えめの粒あん。

 「美味しいあんこはチョコの味がする」

と私は思うのですが、これはまさしくチョコレートの味です。

 味工房 楓  宮古(63)1911
 宮古市保久田3-13 営業時間10:00~15:00

 **取り寄せとかはできないんじゃないかなと思います。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

誕生日プレゼント

 暑いときは冷水、寒くなるとコーヒーが手放せない主人。
 スタバやタリーズでいつも手に取っては「高い!高すぎる!!」と棚に戻していた携帯ボトル。(本当は、とても、欲しいくせに)

 やっとの思いで自分でホームセンターで1000円で買ってきたエンジ色のサーモスのボトルも、手ごろなサイズだったものだから、週末は野球に行く息子に取られ。。。
 油性ペンで側面に名前を大書きされ(書いたのは私)、ボディはベコベコ、塗料は剥げ・・・

 一ヶ月早い、主人の誕生日プレゼントです。
 スタバのクリスマス限定カラーの携帯ボトル。
 「この色は、とても主人っぽい!!」と決めました。

 でも残念!やっぱり車のドリンクホルダーには入らなかったよう。
 ここんところ、メーカーはよく検討して欲しいところです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Yシャツのしわ

 愛用している洗濯洗剤「海へ・・・」。
 洗濯物にはほとんど残らないけど、洗剤自体がすごくいい匂い!
 ポンプがとても使いやすいのと、使用量がわずかなので、コストパフォーマンスがすごくいいのです。重曹と併用すると使用量はさらに半分。

***************

 洗濯機を変えてから、なんだか脱水時に付くYシャツの皺が、とても細かくなってしまった気がします。そのまま乾かしてしまうと本当に皺がアイロンでは取れない。
 
 評判はいいみたいなのですが。
 絡まりにくい回転をしているのか、洗濯物が一個一個丸まって仕上がるみたい。靴下などはほぐれて、というか一足一足が団子状になって仕上がるので、取り出しやすいのですが。。
 エコ製品で、使用水量が少ないのはいいのですが、水位が低い分ホコリも抱き込んで脱水してしまうので、皺に綿ぼこリが食い込む欠点も。

 脱水時間を30秒とかセットして、20秒ぐらいで取り出し、びしょびしょのまま干してパンパンたたいて伸ばしても、細かい皺が・・・
 
 いろいろ試行錯誤した結果、

 「脱水30秒後、乾燥機に弱モードで一時間だけかける→即取り出してアイロン」

という方法が一番、この洗濯機で付く小皺を伸ばしてくれるみたいです。

 でも・・・乾燥機など使わずに、何かいい方法はないのでしょうか?
 
***************

 おまけ。
 こどもと同じものを使用していた石鹸シャンプー。やはり四十過ぎの髪にはきつかったのかしら。。。


 ぱさつき切った髪をなんとかしようと、買ってしまった無印の「ブルターニュ海藻シャンプー」。
 香りがとても気に入ってしまい、高かったけど思わず買ってしまいました。この香り、本当に大好き!!!
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

トマトとさんまのパスタ

 数年前、お昼の料理番組に出ていた、確か、イタリアンの落合シェフのレシピ。
 メモは取らずにうろ覚え、もうすっかり自己流だけど、以来サンマの季節にはこどもに魚を摂らせるべく、何回も作っています。

 おいしいですよ!こどももよく食べてくれます。
 今回パスタはリングイネにしてみました。

 材料は、下ろして骨を取ったサンマとにんにく、ローズマリー、長ねぎ、トマト水煮缶。
 オリーブ油でにんにくとサンマをつぶしながら炒め、長ねぎの斜め薄切り1本分、ローズマリーを一枝投入。トマト水煮缶を入れて煮込むと、ソースの出来上がり。
 ローズマリーがサンマの臭みを消し、さらに長ねぎがサンマとトマトの仲を取り持つ働きをしています。
 
 ついでに、あちこちから到来した旬のジャガイモを、美しい煮物にしました。
 ごま油で和えてから静かに煮る、というウーウェンさんのレシピを応用。
 煮崩れにくいものを選んで、きちんと面取りして水にさらしてからごま油で和え、梅干の種を加えて煮てみました。


 これは、お弁当にもいい。

 人数の少ないときの配達弁当に。
 カジキの由庵焼。中国式フライドチキン・娘が取ってきたすだち添え。大根菜とじゃこのふりかけ。たたきごぼう。
 今までで一番大人っぽくシックに決まったなと思う、お気に入りの「顔」。

 盛り付けの仕上げに胡椒とお塩を。
 サトイモでやってもいいかもしれない。サトイモの時は粉山椒かな?


 なかなか美しくミニマムにまとまり、「きれいだね~、きれいだね~」と言い聞かせていたら、こどもも喜んでぺろりと食べました!
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お祭り大成功!

 11月3日祝日は快晴!
 おかげさまで、LO&PE365orange blossomのお祭りは大盛況で終わりました。
 いらしてくださった皆さん、そしてともに働いた皆さん、どうもありがとうございました。

 10時開始早々、人人人・・・で、あまりに目が回る忙しさ。
 写真を撮る暇が全くなくて・・・詳細は他の出店者さんが詳しくご紹介してくださると思います。(よろしく~。)

 当日、私は仲間たちと一緒に、10kg(=60合=6升)の無農薬新米コシヒカリを炊いて合計132個、三種類のおむすびを作り、無農薬野菜と青森の粉とLO&PE365で作った味噌を使ったひっつみ(すいとん)を作り、見事完売いたしました。
 小さなお子様たちが「おいしいおいしい」とすいとんや大きなおにぎりをぺろりと食べてくれていた姿に感動していました。
 おいしくて安全なものはわかってくれるんですね。

 一段落してやっといただいた、「ひだまり商店」さんのスイーツには感動いたしました。写真を撮ればよかったなあ・・・
 もうじき北浦和に素敵なカフェをオープンされます!地元民は皆楽しみにしています!


 新たな絆や出会いも生まれ、とても楽しい一日になりました。

 「祭りの後」には空しさや疲労がつきものですが、今回は本当に心地よい疲労感と達成感で、通常生活へも元気に戻りました。 

 そうそう、
総売上は267080円。うち7707円をチェルノブイリ基金に寄付させていただきます。
 皆様、ご協力ありがとうございました。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

LO&PE365 お祭り!

 明日、11月3日水曜日の祝日、北浦和のネイルサロンorange blossomにて、LO&PE365主催のお祭り「私たちにできること vol.2」に参加いたします。

 北浦和コミュニティサークル・LO&PE365は、先月さいたま市民会館にて、佐藤初女さん主演で話題の「地球交響曲第二番」上映会を成功させたばかり。ますますパワーアップしているところです。

 11月3日のお祭りは、始まって二年目です。
 昨年より参加店も大幅増↑!場所もご近所二箇所に別れての開催です。

 おとなはもちろん、おこさまも楽しめる企画が盛りだくさん。
 大人の楽しみ・・・このブログを読んでくださっている方にはおなじみの、「Nohohon BAKERY」「sweets nico」「Rocco works」「無農薬有機栽培野菜の阿部ちゃん畑」はもちろん、「がんこ本舗」の洗剤販売やワークショップなどもあります。ネイリストのたまごさんたちの500円ネイルもありますよ!
 こどもの楽しみ・・・もう万人の方に見ていただきたいすばらしい大型紙芝居「八郎」、アートセラピーやこどもアートワークショップ等など。
 楽しさ満載です!
 
 私がお手伝いする「LO&PEオレンジ食堂」では、無農薬栽培のコシヒカリ新米や自家製梅干などを使ったおむすびと、無農薬野菜とLO&PEのワークショップで作った手作り味噌・青森の粉を使った「ひっつみ(すいとん)」をお出しします。
 小腹を空せてどうぞ!お待ちしております。

 玄関先ではこの通り。準備モードに入っています!

 お近くの方は是非遊びにいらしてください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )