オーブン焼ハンバーグ

 ハンバーグは表面に焼き色をつけて固めた後、オーブンにフライパンごと入れて中まで火を通しています。有元葉子さんのフライパンの本を見てから、我が家も球体に近いくらいこんもり形作って焼いています。

 ハンバーグは真剣に作ると本当においしい。今はナツメグも豊富なのでたっぷり削って、フレッシュセージも刻みいれます。
 翌日の配達お弁当の分も作っておきます。



 しっかりこねると水分が抱き込まれるのか、成型後置いておいても、生の肉汁は一滴も滲み出しません。



 成型で厚みを取ると、どうしても一個あたりの見た目の大きさが小さくなってしまうので、盛り付ける時、お皿の上の間の取り方が難しい。
 本日は焼きレンコンとブロッコリの辛し和えを添えました。

 子供は本当、大好きですね~ハンバーグ。付け合せの野菜もついでにぺろっと食べてくれます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

あると便利

 手などに小さな棘が刺さったとき、もうちょっと若い時は裸眼でよく見えたと思うのに、最近は全く見えません。視力は良かったので、老眼??
 こういう小さなルーペ類があるととても便利です。両方とも5センチの、小さいおもちゃのようなものです。

 透明な虫眼鏡は、輸入モノを多く置いているスタイリッシュな文房具屋さんで700円くらいだったので、ドイツ製とかではなさそう。×5と書いています。

 木の小さな望遠鏡のようなものは、一昨年息子に「ありんこや貝でも見たら?」と買った、無印のクリスマス用のおもちゃ。
 斜めに角度が付いている透明なカバー部分で覆うようにぴったり机にくっつけて対象物を見ます。透明な部分に光を当てないと暗くて見えないのですが、倍率は×5のルーペよりずっと高いです。

 まずは透明虫眼鏡でのぞいて、それでも見難かったら木のおもちゃで。この二つでどんなに小さなとげでも見つけて抜くことができます。
 特に木のルーペ、こんなことに役立つとは思わなかった。



 リビングのチェストの「救急箱」引き出しに、スイス製の優秀な毛抜きやピンセットとともに入れてあります。

 パタンと閉めた真ん中の引き出しです。マキロンが立つ高さに作ってもらってます。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

浜千鳥

 あまり時代が古い貴重なものは買えないのですが、昭和以前ぐらいのお皿なら手が届きます。
 私が目がないのが千鳥の柄。漁師さんの網や、波が一緒に描かれているのが大好きです。
 
 上のは、お弁当を届ける古道具屋さんで見つけたもの。
 5つ並んでいて、4つ買うか、2つ買うか迷って、結局とりあえず一個だけ買った(「ひとつかよッ!」と突っ込んでくださって結構です)、幕末明治の頃の、今は廃れてしまった焼き物だそうです。
 立ち上がりがきつくてめずらしい形の小皿。


 お料理教室初日を終えた寒い寒い日に初使い。その日に届いたsweets nicoさんのスノーボールとラズベリーボールとともに、ちょっとめずらしいロブスター種の珈琲をいただきました。「あの可愛らしいベビー連れの生徒さんは、無事に帰られたかな?」と思いながら・・・


 もうひとつ。ずいぶん前に鎌倉の「ミルクホール」で買った、波と千鳥の皿。
 ケーキ皿のサイズにちょうどよく、一個割れてしまいましたが、残ったひとつを大切に使っています。
コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

ちょっとした成長

 今日からやっと娘の幼稚園開始。
 あいにくの冷たい雨だったので、歩いて登園。
 年少のときよりずっと傘をさして歩くのが早くなりました。
 久しぶりに通った園への道。小さな隙間からたくさんはえているひなげしが、今年もいっぱい咲いていました。桜の季節と入れ替わりです。雨の帰り道に摘んできました。

********************

 新二年生になった息子。
 朝、登校前にポケットにハンドタオルを突っ込んだ後、また取り出してきちんと畳んでいれました。

「ぐちゃっと入っていると、ごろんとして気もちわるいんだよね」

よく言った!よく気づきましたね!!

 そういえば最近シャツべろリもなくなりました。おなか丸出しも。

 野球のユニフォームは、きちんとアンダーシャツの裾を入れてベルトしたり、ズボンの裾を上げてストッキングを見せないと監督コーチからすごく怒られます。
 その前に、だらしない着方は危ないんですね。

 すばらしい!!野球のおかげだ、万歳!!

 些細過ぎてしょーもない。。と思われるかもしれませんが、研究者である私の父と医者である私の弟は、今だに(70と40なのですが!)シャツを出してたりと、身だしなみに全く気を使えてないので、血筋の系統が違うことがとてもうれしいです。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

中国茶のタンブラー

 ベトナムで中国緑茶のおいしさに目覚めて以来、我が家では、気楽に淹れっぱなしオッケーのさっぱりした中国茶を飲む率は、日本茶よりずっと高いです。

 いつももたもたしているうちに販売終了になってしまっていた、「ほぼ日」さんの「簡さんのお茶」が届きました。
 生産からお茶作り・出荷まで見届けて大切に作られた、新茶の龍井。青い香りがすがすがしいです。

 一緒に購入したタンブラーで淹れると急須いらず。いつも冷凍庫にある材料で、ささっと作るチーズクラッカーで、さっそくお茶をしました。

 どちらかというとこのタンブラーが欲しかったんです。シンプルで高級感がある上に、手軽な使い心地に、一瞬で「いい買い物をした!」と気に入りました。

 カフェに持っていったりしていたボダムのタンブラーは、絵を入れられる構造がよく液漏れをおこしていたのと、熱いものを飲むときどうしてもこぼしてしまって危ないので、ちょっとなあ・・とおもっていたところでした。


 口に当たらない位置に金網があり、茶葉を入れたままうまく飲めます。保温効果はあまりないそうですが、二重構造になっていて、手が熱くなりません。
 プラスチックの安っぽさがあまり感じられないほど持ち重りがします。
 金網は邪魔にならないので、コーヒーをテイクアウトするのにも使えそう。蓋はねじでしっかり止まるし。

 中国茶なら、淹れて飲んで、半分になったらまた満杯まで熱湯を注ぎつづければ、朝から夕方まで!、いつまでも飲めるから、パソコンやりながら傍らで飲むのにちょうどいい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

らくらく冷やし中華

 20℃超えて暑くなった日、スーパーで今年初めて、冷やし中華に手を伸ばしました。
 ずっと前も簡単な具の冷やし中華を紹介しましたが、今年初の冷やし中華は、さらに輪をかけて簡単になりました。
 トマトと揚げたじゃこ。のみ。きゅうりすらない!!甘酢とパーフェクトに合います。これでいいじゃん!

 揚げじゃこは、ちりめんじゃこよりは大き目のじゃこ?(小女子ほどじゃなく)を買ってきて、一パックまとめてじっくり揚げてカリカリに。作り置きしておきます。(ちっちゃいじゃこだとミジンコみたいになってしまいます。)

 錦糸玉子やハム、きゅうりがなくてもおいしくできますよ。トマトを切るだけの手間なのでなるべく細く切った方が麺と絡むかな?

 栄養バランスはさておいて、シンプルに簡単においしく食べられる組み合わせも、時には便利ですよね。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ギャラリー

 近所にギャラリーができました。
 春休み中で子供連れなので、一瞬気が引けたのですが、オーナーさんと画家さんにどうぞどうぞと入れていただきました。

 静かで吸い込まれるようなボールペンの画に、しばし時間を忘れ、とうとう久しぶりに絵画と言うものの購入(今は売ってしまったポーラ・マッカードル以来)を決意。
 波打ち際を想像できる静かな一枚を選びました。


「何処から・・・何処へ44」2010 浜田賢治さん画 (麻紙にボールペン)

 我が家に合うかな。
 是非お近くで見ていただきたい。
 
 このギャラリー、いずれ子供の絵画教室も検討中とのこと。「かよいたい!」と思ったこどもたちは、さっそく今日の展示物に影響を受け、真似して絵を描きました。
 ひたすら短いストロークで余白を埋めていきます。

 描き終えた後はがっくり脱力。


 はい、お疲れさん。



 我が家の壁は漆喰ですが、実はギャラリーのようなモノの飾り方ができるかな、というところを狙ってます。
 「貝」ギャラリーは食器棚の中ですが、「タネ」ギャラリーもあります。


 東南アジアに造詣が深く、ご家族で家作りをされており私の好きなものばかりコレクションされている春さんからのいただきもの。
 熱帯からのモダマややしの実など。我が家のいい場所に点々と飾っています。



 
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

おとこのこバッグ

 ランドセルをドタンと玄関に置いて、あっという間に遊びに行く息子。
 鞄を持って遊びに行く子なんていやしない。縄跳びを片手にぶらぶらずるずる、べーゴマをどっかのポッケに。腕時計をさせないと何時に帰ってくるかわからない。
 困っていたところでRoccoさんにご相談。

 カッコイイ男の子の遊びバッグを作ってくださいました!



 生地は見ようによっては紫にも見えるチョコレート色。というかドライプルーン色のリネン。紐はカッコイイグレー。ポイントにナチュラルな皮が使ってあります。
 チャックなので中身を落とさず、きゅっと短めに調整してぴったり背負ったまま激しく遊べるように。

 こんな感じ。もちろん私も使っちゃおうと狙ってます。



 私のエプロンの余布で作ってくださったのでした。

 マイエプロンは、こんな可愛い見積書から出来上がってきました。



 Roccoさんのセンスは抜群。かわいらしさはもちろん、使い手のことをしっかり考え抜いています。というわけで、うちにあるのはほとんどRocco Works製です。


 「おとこのこバッグ」、これは試作段階とのこと。いずれバージョンアップして定番品としてデビューすることと思います。
 
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

配達 Nohohon BAKERY

 月に二回北浦和までNohohon BAKERYさんが自家製天然酵母のパンを運んでくださいます。共同購入です。
 
 いつも紙袋だったのに、今回からこんなにかわいらしい通いバッグを作ってくださいました!
 もう!どうしてこんなにかわいいのでしょう!


 今回は食パン、バゲット、まんまるチーズベーグル、イチゴの酵母エキス入りのアンパン。

 もちろんどれも可愛くて美味しいです。


 三日ほどかけて美味しく食べきれる量でお願いしているのに、うちは24時間でなくなります。
 なくなったら私作「へぼい」パンがまた登場。息子よ、我慢しておくれ。

 Nohohon BAKERYさんの美味しいパンは、ご本人のブログ上で告知するイベントで購入することができます。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )