腕時計修理専門店・トゥールビヨン店主のブログです
腕時計の修理の詳細や腕時計のトリビア、店主の個人的な趣味の話などを気の向くままに書いております。
 



明日は雨マークが出ているが、気温は今日と変わらず。

が、明後日は一気に12月の気温まで下がるようでして。

その明後日はゴルフが入っている(><)

雨も嫌だが、寒いのも嫌。

クソ暑いのも嫌だし、風の強いのも嫌。

「ゴルフ行くなよ」「プレーする資格なし」とお叱りを受けそうですが(笑)


ゴルフ場は人工的に作られているが、雨や風、気温は自然。

寒い中のラウンドもオツなもんです。

ま、2~3ホールも消化すれば走り回っているはずなので体はポカポカになっていることでしょう。

体は熱く、頭は冷静に。


で、なるべく走り回ることのないよう、昨夜練習に行ってきました。



練習中、明後日一緒に回るゴルフ仲間の先輩に「今練習中です。練習行かれました?」とLINEしたら

Kさん「今回は練習に行けない」と返事。

Kさん「調子はどう?」

店主「普通(笑)」


普通でした。

明後日の本番も普通が良いんですがねぇ...



では、修理品のご紹介。
こちら↓

SEIKO スプリングドライブGMT Ref.9R66-0AA0

東大阪市在住のK様所有。
メーサーサービスでのコンプリートメンテナンスを行いました。

2013年7月にROLEXとチュードルのOHもさせていただいていて、今回が3本目。
いつもご贔屓にありがとうございます。

<スプリングドライブ>
スプリングドライブとは、機械式時計とクオーツ式時計のメカニズムを融合することで、電池も充電池も搭載せず、クオーツ並の高精度“平均月差±15秒(日差±1秒相当)”を実現した、ハイブリット型の新機構です。
そのメカニズムは、機械式時計に用いられるゼンマイを動力源とし、ローターの回転運動を電気エネルギーに変換して、そのわずかな発電でクオーツ式時計に用いられるICと水晶振動子を駆動します。
安定した精度を実現する独自の調速機構「トライシンクロレギュレーター」は、秒針の正確な動きとともに、自然でなめらかな針の動きを生み出しています。
機械式時計を遥かに超える400点以上ものパーツが、すべて正確に動作するためには、パーツ自体の高精度化と、それらを組み上げる卓越した匠の技が不可欠でした。
セイコーが世界でも稀な、機械式とクオーツの両方を、パーツ製造から組立・調整まで一貫して行う“マニュファクチュール”であることは、9Rスプリングドライブの進化を後押ししています。
(セイコーHPより)

24時間針を備えたGMT機能付きの上位モデル。
滑るように進む秒針はスプリングドライブならではの動き。
素敵です。
K様大事にお使いくださいませ。


もうお茶やスポーツドリンクは凍らさず、逆に魔法瓶のボトルに熱いお茶を煎れて持って行くつもりの腕時計修理専門店トゥールビヨン店主
凍らしていったらカチカチのままですし(笑)
ということで、明日と明後日は定休日でございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前半だけバッ... 端折り過ぎ »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。