集成・兵隊芸白兵

 平成21年開設の「兵隊芸白兵」というブログのリニューアル。
 旧ブログ同様、昔の話、兵隊の道の話を続行します!

通常営業・「武器」の形づくりに妥協はいらない

2017-03-19 20:12:36 | 格闘技のお話
 武器というものは、千古の昔から、「武器を使うべき仮想敵をしっかり立てること」「その敵の撃滅に最も適した性能・形状を追及すること」を先鋭化させることで成り立っていました。
 元寇のとき、当時の太刀は蛤刃のものが多かったそうですが、それでは蒙古兵の来ている皮のヨロイを叩き切るのに不具合を生じたため、文永の役において、なぎなたが蒙古兵を切るのに意外と効果を発揮したという結果をもとに、身幅の広い刀を直ちに製造。2回目の弘安の役のときには非常に大きな効果を発揮したやに聞きます。
(その後はまた戦いの趨勢が国内戦に戻ったため、蛤刃が復活したそうですが(;^ω^))
 小銃であれば、日本の誇る名銃・三十年式歩兵銃。
 これは有坂少将の苦心作で、来るべきロシアとの戦いを念頭に置き、いかに小さな口径で、いかに最大の低伸弾道能力を維持し、最大のストッピングパワーを発揮するかということを、死馬を何千頭となく射撃してデータを集積し、「6.5ミリ」という世界に類を見ない口径を導き出し、この小銃が結局、薄くて長い防御線を形成することを可能とし、日露戦役の奇蹟の勝利に大貢献したわけです。

 ところが大東亜戦争後、日本は武器作成の大前提である「仮想敵」を持つことを禁じられたため、様々な迷走を繰り返します。
 もっともヒドイのは、64式小銃にくっつけるものであった「64式銃剣」でしょう。

 「幻の自動小銃」(津野瀬光男著・光人社NFノベルズ)によりますと、この銃剣の長さを制定する際、「銃剣は必要」と唱える、旧戸山学校出身者と、「銃剣無用」を唱える者との間で、今にもつかみ合いにならんばかりの激論が繰り返され、最後には決闘騒ぎに発展しそうなところまで事態がが険悪化。
 その事態の解決を強引に図ろうとした結果、銃剣の長さが「旧軍の30年式銃剣と、アメリカのM1銃剣の間の長さを取ろう」という、とても玉虫色な決定がなされたそうです。
 「そこがヘンだよ自衛隊」(大宮ひろ志著・光人社)では、そのことを取り上げて「オイオイ、そんな大事なことをそんなことで決めるんじゃない!」とツッコまれていますが、大宮さんのツッコミは、戦う兵隊さんとして至極当然な話であり、逆にそんな理由で大事たる「銃剣の長さ」を決めた当時の幹部の良識を疑います。

 これはわが社の「タイーホ術」という、韓国で話題のヌルプム体操以下の体操があるのですが、これにも全く同じ病理があてはまります。
 要するに、仮想敵を明確に立てられないから、必要とすべき技の骨子が極めていい加減であり、そのため上達のメゾットも全く定まらない…という、まさしく、お役所仕事の病理です。

 有形無形を問わず、「武器」の形作りには、仮想敵と、それを確実に破るための検証と工夫が必要になります。
 それがない武器は、その時々のエライヤツのワガママと妥協だけが煮凝った、キメラのようなものになるのは必至です。

 武器・そして戦う技術は、実際に戦う人間が全幅の信頼を寄せられるものでなくてはならず、キメラを作るような奴は、死んでから地獄で舌をひっこぬかれることになるでしょうよ(~_~;) 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 通常営業・神秘系格闘家との... | トップ | 霊魂の鐘を打つ人・杉田屋守... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (老骨武道オヤジ)
2017-03-21 09:36:35
数年前、若い知人にバイトと戦闘能力の向上の一石二鳥を狙って予備自衛官になった者がいて、銃器の取り扱い講習で自衛隊の銃の整備にあたり教官から「我々の銃はきちんと整備しないと発射できないが、元ソ連製のカラシニコフは泥水にまみれても発射出来る代物だ。よって紛争地域ではテロリストどもが子供を誘拐し、カラシニコフを与えてテロリストの少年兵に仕立て上げている!」と余計なことを聞いてしまったとのこと・・。平和ボケした我が国の〇〇党どもは死んでも分かんねえだろうな・・
ありがとうございます! (周防平民珍山)
2017-03-22 21:31:22
 老骨武道オヤジさま、いつもありがとうございます!
 AK-47はスッカスカの部品構成(確か、各部品間の隙間が0.3ミリあるとか)のため、どんな寒冷地でも、悪疫瘴癘の地でも、絶対に作動不良が起きないと言われる銃ですね。
 しかし、もともとの作成コンセプトを考えれば、AK47こそ、「仮想敵をよく考える」「その対策を究極まで講じる」を考えた結果であり、私個人の感想として、「究極の武器」となっている理由がとてもよく理解できます。
 
 平和ボケどころか、隣国の走狗となっている●●党には、まさに異世界の話であると思います(;^ω^)

コメントを投稿

格闘技のお話」カテゴリの最新記事