受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第29期(2022年2月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!合格を第一目的とする会員制講座で就職・航空大学の入学に備えましょう。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第29期無線工学第5章FM送受信機 (2)FM送信機の構成その2

2021年11月13日 | 「工学」見本記事

           第5章FM送受信機
         (2)FM送信機の構成その2

前回は、位相変調器を使用してFM 変調波を作るお話をし
ましたが、 お分かりになりましたでしょうか? 式の展開
は、別としましても 音声信号を積分回路に通してから 位
相変調をすると
FM変調が得られる事だけは、覚えておい
て下さい。
また、位相変調は 音声信号の大きさと 音声信号の周波数
瞬時周波数が広がってしまう言う事も  今回お話
をします IDC 回路に必要な知識です。


前回のお話がお分かりでない方は  前回のお話を読み直し
てから今回の記事をお読みください。

それでは、今回は、周波数逓倍器からお話を始めます。

 

3.周波数逓倍器
  この周波数逓倍器の目的は、 振幅変調の送信機と同
  様に発振器で発振した周波数を 送信周波数になる様
  に整数倍する事です。
  発振器で発振する高周波の周波数は、 あまり高くで
      きません。
    そこで目的の送信周波数にする為に 整数倍するので
      す。
    例えば送信周波数が110.4[MHz] だとします。
    発振器の周波数が、9.2[MHz] としますと、

    
     9.2 [MHz] x 2 x 3 x 2 = 110.4 [MHz]

    の様に幾つかの逓倍器を用いて 周波数を整数倍して
      元の発振周波数を高くします。
    この時の周波数総逓倍数は、12です。
  (試験では  この周波数総逓倍数を求める問題が出題
    される事が有ります。)

  

続きは、11 月の「法規」と「工学」のページで お読
み下さい。

     「航空無線通信士受験塾」からの
        お知らせ


非会員の皆さまへ
速いもので2022年2月期向けの講座も開始から2ヶ月を
過ぎました。 会員の方々は、 その学力を着実に増して
います。 まだ、本格的な勉強は、 後で良いとお考えで
したら、 独学では、 合格が困難な時期に差しかかって
います。 本当に合格したいのか ご自身に問いかけて下
さい。

当講座は、会員制です。
記事を全文 読んで頂く事を始め、 質問をして頂いたり
受験の相談をさせて頂く方を限定する為  会員制として
います。

参考書を選ぶ極意は  今、ご自分が分からない事柄を選
び その参考書がご自分にとって 分かりやすい説明で書
かれているかを見極める事です。
学生の中には  講師の品定めか、「先生、これ、どう言
う意味ですか?」と聞いてくる者がいます。
この場合の学生の意図は  この講師は、自分の疑問を理
解させてくれる人が見極めるのが目的です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか 記事の見本で ご確認
下さい。

2月期向けの講座は、始まってからすでに1ヶ月過ぎまし
た。お早めに入会して下さい

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて  以下のメ
ール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありません。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けています

コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られない様
になっていますが、お名前の記載は、避けて下さい。

なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは、必ず
お書き下さい。
入会に関するご質問もお受けしています。勿論、受験生
ご両親様からのご質問やご相談もお受けしています。


TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アドレス:

toita-aero@har.bbiq.jp  

応援して頂ける方は、下のバナーをクリックして下さい
。  

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「工学」見本記事」カテゴリの最新記事