受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第29期(2022年2月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!合格を第一目的とする会員制講座で就職・航空大学の入学に備えましょう。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第29期無線工学第3章半導体・電子管・電子回路 (1)受動素子と能動素子

2021年10月08日 | 「工学」見本記事

     第3章半導体・電子管・電子回路
       (1)受動素子と能動素子

今回から”空中線と電波伝搬”、”航法支援施設”と ほぼ、
同じ出題数である”半導体・電子管・電子回路”のお話を
致します。しかも、これらの3つの大項目の全問に答え
られると無線工学の試験に合格できると言う極めて重要
な項目です。

皆様は、電子機器と言う言葉を、聞いた事があると思い
ますが、スマフォやTV等  身の回りには、多くの電子機
器で溢れていて、特に、スマフォは、一日中、手から離
せないと言う人も多いようです。
しかし、皆様にとって”電子機器”という言葉は、”off 
limits” と言う言葉と 同義語でそれ以上近寄る事もない
物なのでは、ないでしょうか? ちなみにこの言葉には、
”禁句”  と言う意味もあるようです。
しかし、分かってきますと、”電子機器”ってすごい。そ
の”電子機器”が分かる自分も凄いと思って頂ける事と思
います。(当講座の受講生の方々とのやりとりから感じ
た事です。)

電子機器は、”電子部品”と呼ばれるものを複数繋ぎ合わ
せる事で様々な機器を作りだす事が出来ます。
まず、皆様には、電子部品の分類から勉強して頂きます


その後、電子回路のお話しを致します。
その前に、第1章の第1回目に”電気って何”と言うお話を
していますので、かならず、復習しておいて下さい。

それでは、第1回目は、電子部品の分類です。
電子部品は、 皆様の身近な所では、 スマホやパソコン、
TV、 デジタル・オーディオ・プレイヤー等で 使われて
います。また、大きなものでは、放送局の放送設備や送
信機等に使われています。
これらの電子部品の大きさは、放送局で使用される様な
電子管の場合には、長さが 数 [m] で、 重さが 数 100
[Kg]と言う巨大な物から小さい物では、LSI 内部でのト
ランジスターで大きさで、20 [nm] (nm: ナノメーター
は、10 億分の1 メータです。)。 電子部品の大きさは、
様々ですが、その原理は、皆、似ています。

それでは、電子部品の分類からお話をいたします。

1.電子部品の分類
 1-1.受動部品(素子)
    受動部品には 電気回路でお話をします抵抗・コ
    イル・コンデンサー等が代表的です。
    これらの部品は  関数における定数の様な役目を
    します。
    例えば、抵抗の値を R と し、抵抗の両端電圧を 
    Vとし、抵抗に流れる電流を I としますと

          V = RI

    この式が意味するところは、Rと言う定数が同じ
    であれば、電流の量により抵抗の両端電;Vが決
          まる事を意味しています。
    また、

         I = (1/R)・V

    とすれば、 電圧に (1/R) と言う定数を掛けて電
    流が求まる事を意味します。
 

続きは、 10 月の「法規」と「工学」のページで お読み
下さい。

    「航空無線通信士受験塾」からの
        お知らせ


当講座は、会員制です。
記事を全文 読んで頂く事を始め、 質問をして頂いたり
受験の相談をさせて頂く方を限定する為  会員制として
います。

参考書を選ぶ極意は  今、ご自分が分からない事柄を選
び その参考書がご自分にとって 分かりやすい説明で書
かれているかを見極める事です。
学生の中には  講師の品定めか、「先生、これ、どう言
う意味ですか?」と聞いてくる者がいます。
この場合の学生の意図は  この講師は、自分の疑問を理
解させてくれる人が見極めるのが目的です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか 記事の見本で ご確認
下さい。

2月期向けの講座は、始まっています。
お早めに入会して下さい

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて  以下のメ
ール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありません。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けています

コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られない様
になっていますが、お名前の記載は、避けて下さい。

なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは、必ず
お書き下さい。
入会に関するご質問もお受けしています。勿論、受験生
ご両親様からのご質問やご相談もお受けしています。


TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アドレス:

toita-aero@har.bbiq.jp  

応援して頂ける方は、下のバナーをクリックして下さい
。  

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「工学」見本記事」カテゴリの最新記事