受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第29期(2022年2月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!合格を第一目的とする会員制講座で就職・航空大学の入学に備えましょう。

SOOサンの航空通受験体験記(よもやま話)その6

2012年04月01日 | SOOサンの航空通受験体験記(よもやま話)

       SOOサンの航空通受験体験記
         (よもやま話)その6

呟き11:法規が…

1月後半を費やし、2回ほど「法規」の「講習内容」を読み返す

試験までひと月を切り、週末は過去問題を使った試験対策を行う

試験までは週末が3回…土曜・日曜と1日3回程度、「過去問題
に取り組み」その結果による「おさらい」…

「無線工学」はほぼ合格圏内に達する点数を取る事が出来るよう
になった。

但し点数の取り方にはちょっと注意が必要と感じる。
A問題で4問以上間違うと合格点に達するにはかなりしんどい…
A問題を確実にモノに出来なければ…それに引き換え「法規が…

合格圏達成度は2分の1…「法規」のテキストの「読み込み」、
「マーキング」、「メモ貼付」で、おさらい。
…と共に問題文を読む時のコツのようなモノ…俗にいう「ひっか
け」の表現など…にも注意。

平日は、講習内容の履修、おさらい…週末は過去問題…というス
ケジュールをこなし、気が付けば試験前最後の週末…次の土曜日
は試験日…25日…

年度末を来月に控え、徐々に仕事が忙しくなってきた。
平日のスケジュールがちょっと崩れ始めたが「焦り」を感じる事
もなく…但し、仕事の「バタバタ感」を試験当日に引きずりたく
なかったので、試験前日の「有給休暇」を申請…特に業務には緊
急要件もなく「休暇」を取得。会社の上司、同僚に感謝…
試験前日の「休暇」は特に何をすることもなく「まったり」と過
ごす…
「心を落ち着ける」べく…近くの神社の境内をうろうろ、本屋の
はしご…夕方、早めに明日の準備を済ませる。

 呟き12:やっぱ、法規が…

いよいよ試験当日…いつもと同じように起床、入浴後試験会場へ
向かう。
あいにくの雨で寒い…試験会場へ向かう途中ハンバーガショップ
で朝食セットを注文…思いのほかコーヒーが旨かった。
試験開始の30分ほど前に会場に到着したにも関わらず、もうす
でにかなりの受験者が…
一番前の席…試験官のすぐ目の前…を陣取る。
かなり長めの説明の後、解答用紙(マークシート)が配布されそ
の後問題も配布。

…いよいよ試験開始…

「無線工学」…ざーっと全体を眺める…「これは行けそうだ」と
いう感触…
じっくりと時間をかけA-1から取り組む。
解きながら、最初に問題用紙に計算式の記述や解答のマーキング
を行い、その後解答用紙へ記述。
これが意外と…思い知らされた。
2回の「問題と解答の見直し」を含め合計3回問題を解いたが、
1問だけであったが2回目に解答番号のうつし間違いを見つける

「落とし穴はどこにでもある」と肝に銘じ3度目は更に慎重に見
直す。

まずは1科目終了…

続いて「法規」…実は今回の試験で一番苦戦した科目である。「
無線工学」の履修ほど時間をかけなかったので、「うる覚え」や
「こんなのあったか?」状態の問題も…
実際に想定されるイメージを浮かべながら取り組むが…解答用紙
への記入間違いのチェックを含め都合3回…「やっぱ、法規が…」
の思い…

昼食後「英語」と「電気通信術」…
「電気通信術」の「受話」は、有難くもネットでトレーニング用
のソフトウェアが公開されていたので、それを利用させて頂き5
回程トレーニング…結構早めのスピード…気は抜けない。

「送話」は「フォネティックコードの暗記」と日常で見かける英
単語を「フォネティックコードで表現」(COPY…Charlie Oscar
Papa Yankee)

また、どこかのサイトで送話の注意点は、開始前には「始めます
、本文」、終了には「終わり」を告げる事とあり…
「英語」は…正直殆ど何もせず…試験前週の日曜に1度だけ過去
問題に取り組む。

午後の「英語」…ヒアリングから始まる。
最初の1問目が「ちょっと聞き取りにくい…」と思いつつも、各
設問を聞き取り解答…なんとか最後までこなす。
引き続き筆記…こちらは特に抵抗なく出来たと思うが、念のため
見直しは忘れず…

残るは「電気通信術」のみ…
このようなタイプの試験は未経験であるが、「受話」に関しては
なんとかスピードに取り残されず、
書き取りが出来た…但し「何文字かは走り書きのようで書き直し
たい」という思いが…
「送話」は一人ひとり試験官と対面でのテストのため、順番待ち
があり待たされる。
いよいよ「試験」…試験官は同室の試験官だったので気安さはあ
ったが、それでも「緊張」…
「滑らかに送話出来たか?」不安だったが、「緊張」か「安堵」
か、最後の「終わり」を「おしまい」と言ってしまい指摘を受け
る。また滑舌の悪さが影響か「SIERRAの発音が不明瞭」とも…
「これで何点減点なのだろうか?」と考えつつ試験官へ挨拶をし
て離席…
すべて終わった…「やれる事はやった」の思い…気がかりな「法
規」を除いて…

---次回に続く---

最終回の記事を読む

訪問された方は、左のバナーをクリックして下さい。 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SOOサンの航空通受験体験記(よもやま話)」カテゴリの最新記事