受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第29期(2022年2月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!合格を第一目的とする会員制講座で就職・航空大学の入学に備えましょう。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第29期無線工学第7章電源 (1)電池一般

2021年11月26日 | 「工学」見本記事

          第7章電源
          (1)電池一般


電源は、 受験生の方におろそかにされる地味な項目で
すが、航空無線に限らず、 日常生活において非常に重
要な物です。スマフォも充電されていなければ、 使い
物になりません。災害の多い日本では、台風や 豪雨で
停電が長期にわたり、ご苦労された方も 多くいらっし
ゃいました。どんなに高機能の電子機器でも 電源がな
ければ、何の役にもたちません。
と言う事で、大事な事は、 試験に良く出ると言う事で
す。しかも、電源は、範囲が狭いので 得点しやすい項
目です。空中線や 航法支援施設等、重要項目に少し不
安がある場合、電源で 挽回出来るという事です。
ある、電気関係の資格試験では、電源の問題が出るか、
出ない方で1クラス上の資格になります。
今回は、電池一般のお話です。 電池が航空無線の試験
で重要視される理由は、 航空機には、飛行中、外部か
らの電源の供給が無いからです。

飛行中は、電線を引き込めませんので 発電機を持たな
ければなりません。
これは、自動車と同じです。
発電機で発電した電気の最大の使用目的は、 エンジン
の始動とエンジンを回し続ける為の電気です。
次に機内の照明や通信機等への電力の供給です。
発電機で発電された電気は、使用量が少ない場合、 電
池に蓄えられます。 そして、発電機で発電した電気だ
けでは、 足りない時に電池に蓄えられた電気を使われ
ます。
この様に、 機内で安定した電力を供給する為に電池が
、使用されます。
つまり、電池が無いと航空機は、飛行出来ない言う 重
要な物なのです。 

かつて、最新鋭の B 社の航空機が電池の不具合で飛行
停止になった事がありました。 

重要な事柄は、試験に良く出るのが当然の事です。
先にものべましたが、この時期になりますと 受験勉強
をされる方の中には、これまでの 無線工学の勉強に疲
れて 電源の勉強をおろそかにされる方がいらっしゃい
ます。
しかし、電源は、範囲が狭いだけに、勉強も楽で、
験で得点しやすい箇所です。
合格の為に、電源を勉強しない手は、ありません。
もうひと踏ん張りして下さい。

それでは、電池について勉強を始めましょう。

1.電池の種別
 (1)一次電池と二次電池
  一次電池・・・・・充電出来ない 使い捨ての電池
           です。

続きは、11月の「法規」と「工学」のページで お読み
下さい。

     「航空無線通信士受験塾」からの
        お知らせ


非会員の皆さまへ
速いもので2022年2月期向けの講座も開始から2ヶ月を
過ぎました。 会員の方々は、 その学力を着実に増して
います。 まだ、本格的な勉強は、 後で良いとお考えで
したら、 独学では、 合格が困難な時期に差しかかって
います。 本当に合格したいのか ご自身に問いかけて下
さい。

当講座は、会員制です。
記事を全文 読んで頂く事を始め、 質問をして頂いたり
受験の相談をさせて頂く方を限定する為  会員制として
います。

参考書を選ぶ極意は  今、ご自分が分からない事柄を選
び その参考書がご自分にとって 分かりやすい説明で書
かれているかを見極める事です。
学生の中には  講師の品定めか、「先生、これ、どう言
う意味ですか?」と聞いてくる者がいます。
この場合の学生の意図は  この講師は、自分の疑問を理
解させてくれる人が見極めるのが目的です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか 記事の見本で ご確認
下さい。

2月期向けの講座は、 始まってからすでに 2ヶ月過ぎま
した。お早めに入会して下さい

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて  以下のメ
ール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありません。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けています

コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られない様
になっていますが、お名前の記載は、避けて下さい。

なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは、必ず
お書き下さい。
入会に関するご質問もお受けしています。勿論、受験生
ご両親様からのご質問やご相談もお受けしています。


TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アドレス:

toita-aero@har.bbiq.jp  

応援して頂ける方は、下のバナーをクリックして下さい
。  

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「工学」見本記事」カテゴリの最新記事