受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第29期(2022年2月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!合格を第一目的とする会員制講座で就職・航空大学の入学に備えましょう。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第29期無線工学第2章航法支援施設 (5)パルス・レーダーのMTI

2021年10月01日 | 「工学」見本記事

                     第2章航法支援施設
     (5)パルス・レーダーのMTI の原理

今回は、パルス・レーダーの機能の1つであるMTIのお話
をします。
と言っても何の事やらお分かりになりませんね。
それもそのハズです。
先ほど、ネットを見て周りましたが MTI が何の訳である
か位は、書いて有りましたが 原理については、 書かれて
いませんでした。
さらに受験参考書には、MTI の文字さえ 載っていません

しかしながら  航空無線通信士の無線工学の問題として出
題されていますので、ここで勉強しておきましょう。

1.MTI とは?
 MTI とは、Moving Target Indicator の訳です。
   パルス・レーダーは、極短い時間間隔で電波を輻射しま
 す。そして、電波を輻射していない時は、受信します。
 電波は、山や建物等の構造物に当たり反射して戻って来
 ます。
 レーダーは、その電波を受信して電波を輻射してから
 って来る迄の時間で電波を反射した目標物迄の距離が分
 かります。また、レーダーと言う言葉で皆様が思い浮か
 べるのは、回転するパラボラアンテナだと思います。
 パラボラアンテナの回転は、目標物を輝点として表示す
 るCRT(ブラウン管)と同期していますので、目標物の方
 向も分かります。
 しかし、山や建物等の移動しない目標物と航空機の様に
 移動する目標物との識別がつきません。
 そこで使用されるのが MTI と言う機能です。

2.MTI の原理
 
                図-1

  図-1をご覧下さい。
  一番上の”位相検波出力”とは、レーダーの受信機で目
      標物からの反射電波を受信して位相検波した出力です
  。
  青のパルスを固定した目標物からの反射波とします。

続きは、10 月の「法規」と「工学」のページで お読み下
さい。

    「航空無線通信士受験塾」からの
        お知らせ


当講座は、会員制です。
記事を全文 読んで頂く事を始め、 質問をして頂いたり
受験の相談をさせて頂く方を限定する為  会員制として
います。

参考書を選ぶ極意は  今、ご自分が分からない事柄を選
び その参考書がご自分にとって 分かりやすい説明で書
かれているかを見極める事です。
学生の中には  講師の品定めか、「先生、これ、どう言
う意味ですか?」と聞いてくる者がいます。
この場合の学生の意図は  この講師は、自分の疑問を理
解させてくれる人が見極めるのが目的です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか 記事の見本で ご確認
下さい。

2月期向けの講座は、始まっています。
お早めに入会して下さい

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて  以下のメ
ール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありません。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けています

コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られない様
になっていますが、お名前の記載は、避けて下さい。

なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは、必ず
お書き下さい。
入会に関するご質問もお受けしています。勿論、受験生
ご両親様からのご質問やご相談も受け付けています。


TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アドレス:

toita-aero@har.bbiq.jp  

応援して頂ける方は、下のバナーをクリックして下さい
。  

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「工学」見本記事」カテゴリの最新記事