受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第29期(2022年2月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!合格を第一目的とする会員制講座で就職・航空大学の入学に備えましょう。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第29期無線工学第3章半導体・電子管・電子回路 (4)トランジスターその1

2021年10月11日 | 「工学」見本記事

     第3章半導体・電子管・電子回路
        (4)トランジスター その1

前回は、n 形半導体と p 形半導体を接合させた
イオードの動作原理のお話をしました。前回お話を
しました、ダイオードは、電源を必要としませんの
で、受動素子と言えます。
今回お話をいたしますトランジスターは、動作の為
に電源を必要としますので能動素子です。

それでは、今迄の準備を活かしてトランジスターの
動作原理のお話をします。
ダイオードの動作原理が良く理解出来ていない方は
、前回、又は、前々回の記事から読み直しをしてお
いて下さい。

1.トランジスターの種類
トランジスターには、n形半導体とp形半導体の組
合せの仕方の違いにより2種類あります。
それは、PNP トランジスターとNPNトランジスタ
ーです。それぞれの型名は、それぞれの構造を表し
ています。
それでは、PNPトランジスターから見てみます。

2.pnpトランジスター
  

 pnpトランジスターは、名前の通り、n形半導体
   の両側にp形半導体を配しています。
 両方のp形半導体の中の白い丸は、電子が不足し
   た正孔です。
   n形半導体の中の赤い丸は、自由電子です。
 左側のp形半導体をエミッター (E) 。真ん中のn
 形半導体をベースB)。
 そして、右側のp形半導体は、コレクター  (C)
   言います 。各部分の呼び名は、npn形でも同じで
 す。
 これらの名称をしっかり覚えておいて下さい。

 pnpの順に半導体を接合してその両端に 電池 Ece
   を繋ぎます。Ece を仮に 3 [V] 。Ebe を 1.5 [V]
   とします。
 ここで、コレクターと ベースについて着目してみ
   ます。
 コレクターを基準と考えて 0 [V] としまと、 Ece
   と Ebe の向きからベース電圧は、

 Ece + Ebe = 3 + (-1.5) = 1.5 [V]

 となります。コレクターとベースの間は、 前回お
   話をしました  逆バイアス の状態すので ベー
   コレクター間に 電流流れません
 
  それでは、この後の話が進みませんね。
  次に、エミッターと ベースの関係について 見てみ
  ます。
 

続きは、10 月の「法規」と「工学」のページでお読み
下さい。

    「航空無線通信士受験塾」からの
        お知らせ


当講座は、会員制です。
記事を全文 読んで頂く事を始め、 質問をして頂いたり
受験の相談をさせて頂く方を限定する為  会員制として
います。

参考書を選ぶ極意は  今、ご自分が分からない事柄を選
び その参考書がご自分にとって 分かりやすい説明で書
かれているかを見極める事です。
学生の中には  講師の品定めか、「先生、これ、どう言
う意味ですか?」と聞いてくる者がいます。
この場合の学生の意図は  この講師は、自分の疑問を理
解させてくれる人が見極めるのが目的です。
講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか 記事の見本で ご確認
下さい。

2月期向けの講座は、始まってからすでに1ヶ月過ぎまし
た。お早めに入会して下さい

入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて  以下のメ
ール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要ありません。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付けています

コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見られない様
になっていますが、お名前の記載は、避けて下さい。

なお、入会案内書の送付先のメール・アドレスは、必ず
お書き下さい。
入会に関するご質問もお受けしています。勿論、受験生
ご両親様からのご質問やご相談もお受けしています。


TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・アドレス:

toita-aero@har.bbiq.jp  

応援して頂ける方は、下のバナーをクリックして下さい
。  

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「工学」見本記事」カテゴリの最新記事