受験の力”TOITAの航空無線通信士受験塾” 第24期(2019年8月期向け)受講生受付開始!!

分かるから続けられる航空通受験講座!2月期合格は就職・航空大学校入学の為の必修。当講座は合格を第一目的の会員制講座です。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」第24期無線工学第5章SSB送受信機 (3)SSB送信機の構成

2019年05月23日 | 「工学」見本記事

        第5章SSB送受信機
        (3)SSB送信機の構成

来期の試験では、SSB送信機の構成についての出題は、予想
されませんが、せっかく、平衡変調のお話をしましたので、
送信機の構成についてお話をします。

前回は  DSB-SC(Double Sideband Suppressed Carroer)
つまり、A3E からキャリアを取り除く方法と更に  片側の側
波帯を取り除いてSSBを作り出す方法迄をお話しました。
それらの回路が実際の送信機では どの様な箇所に使われてい
るのかと言うお話をします。
今回は SSB送信機独特の回路が出てきますので、要点を掴ん
でおいて下さい。

図-5をご覧下さい。
 
左上からお話をします。

(1)音声増幅器
  マイクからの微弱な音声信号を増幅します。
  図には、有りませんが、トーン発振器からの 1.5 [kHz]と
  マイクからの入力を切り替えて音声増幅器へ送る事があり
  ます。 1.5 [kHz] の信号を相手局へ送るのは正しく、1.5
  [KHz] として 受信できれば、 音声も正しく受信出来る様
  になりるからで、その為にトーン発振器を設ける場合が有
      ります。

(2)平衡変調器
   前回お話をしました変調器で (1)からの音声信号とその下
   の第1局部発振器からの高周波から搬送波を抑圧したした
   DSBーSC を作ります。
   音声信号が単一周波数のfsで第一局部発振器の周波数を
    fc としますと  fc+fs と fc-fs の両側波帯を作
   ります。

  ※これも、図には、無いのですが、 (1) の音声増幅器と平衡
   変調器の音声信号の入力との間にスピーチ・クリッパ ー
     入れる場合があります。
   スピーチ・クリッパーは、 音声信号が大きい時、ピーク部
     分を切り取る事で 音声信号を一定レベル以下にして、過変
   調( DSB送受信機の章で復習しておいて下さい。) を防ぎ、
     、平均変調度を上げる役目が有ります。

(3)第1局部発振器

続きは、5 月の「法規」と「工学」のページでお読み下さい。 

 

 

TOITAの「航空無線通信士受験塾」
    からのお知らせ
   
 

 

平成から令和に代わりました。
令和元年、難関資格を手にしましょう。
試験迄、あと80日程に成りました。
そろそろ、合格する為の方策をとりませんか?  


当講座は、会員制です。
記事を全文読んで頂く事を始め、質問をして頂
いたり、受験の相談をさせて頂く方を限定する
為、会員制としています。

参考書を選ぶ極意は、今、ご自分が分からない
事柄を選び、その事柄がご自分にとって分かり
やすい説明でなされているかを見極める事です

講座選びも同じです。
分かりやすいか・分かりにくいか、記事の見本
でご確認下さい。


入会希望の方は「入会案内書希望」と書いて、
以下のメール・アドレスへお送り下さい。
直ぐに「入会案内書」をお送りします。  
なお、メールには、お名前の記載は、必要あり
ません。 

また、コメント欄からのお申し込みも受け付け
ています。
コメント内容は、ブログ訪問者の方には、見ら
れない様になっていますが、お名前の記載は、
避けて下さい。
なお、入会案内書の送付先のメール・アドレス
は、必ずお書き下さい。

TOITAの「航空無線通信士受験塾」メール・ア
ドレス:
toita-aero@har.bbiq.jp    

応援して頂ける方は「航空」の文字か下のバナ
ーをクリックして下さい。     

     「航空

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「工学」見本記事」カテゴリの最新記事