KINMU OF DIGGIN

どんなに忙しい勤務中でも何とか時間を作ってレコードを掘りたい!勤務中、出張中に掘った中古レコード備忘録

純なおみ 宇都宮ブルース

2020-07-09 21:25:00 | HARD OFF
九州には業界関係者や友人が多く住んでいる。
豪雨被害を目の当たりにして色々な友人の顔が浮かんでくる。
その中でも日田市に住む友人広田のことが気がかりになる。
20代前半の頃からガンジーに似ていて、日田市内を流れる筑後川は「九州のガンジス川」とからかったりしていたが、テレビで観た濁流には思わず絶句してしまった。
広田とは独身時代よく酒を呑んでいた。同じバイト先で年齢も違ったが、就職してからもちょくちょく会っては安酒を呑んでいた。谷中に住んでいた頃、ふたりで日暮里辺りで呑んでから三崎坂を上がっている途中、広田が急な便意に襲われたので、新築マンションの影の小便コーナーを教えてあげた。小便コーナーとは人目に触れない死角になる場所のことで、東長崎に住んでいた頃、壁に小便コーナーと描かれていたことから今でも使っている。
広田が新築マンションの小便コーナーで用を足すのを煙草を吸いながら待っていると、広田の目の前のドアが開いたのが見えた。瞬間的に逃げてしまい、そのまま自宅マンションで広田を待っていた。30分以上待っても来ないので、怖いおっさんにでも捕まってボコボコされてるか、警察に突き出されたかと心配して恐る恐るそのマンションに戻ってみると、何やら笑い声が聞こえてくる。覗き込むと、見知らぬおじいさんと笑顔で会話しながら、おじいさんがホースで水をかけ、広田がデッキブラシで自分の小便を流していた。後で聞くと、偶然同郷だということがわかり文字通り水に流したということだった。広田も水に流されなきゃいいと心配したが、今回も元気だった。
九州の皆様には一日も早い日常が戻れるよう願っています。



今日も朝からコールセンター開設の仕事に振り回される。
チラシの納品とかお願い事とかで市内をぐるぐる。
気が付くと昼近くになっていたので、昼飯を食うついでにレコード掘り。
久しぶりにハードオフ宇都宮駅東店に。
前回、畑中葉子で抜いたので今回も抜けないかなぁと思いながらジャンクコーナーを物色。
でも全然抜けない。

時間ももったいないので、シングル盤だけ高速掘り。



●純なおみ【宇都宮ブルース】EP 22円
久しぶりのご当地レコード。3枚目か?
今回はサイン入り!やった!そんなに嬉しくもないけど(笑)。
宇都宮ブルースは大井みな子も歌っていて、孤児的には大井みな子のほうが好き。
これ一枚だけ。
プロフィールを見たら熊本出身だった(笑)。
県人じゃないのね。
今更ながら知ってしまった。





ここのところまともな昼飯を食う時間もなかったので飯城園で支那そばと半チャーハン。昔ながらの鶏ガラベースのマイクラシック。意外とシンプルなラーメン屋が少なくなったので重宝している。お店も満卓で安心した。


土日もコールセンターに缶詰で掘りにいけないな。
メルカリで探そ

コメント   この記事についてブログを書く
« 還暦邦ちゃん | トップ | 市川好郎 レモンスカッシュの恋 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

HARD OFF」カテゴリの最新記事