うつ病さんの就活日記

うつ病男が就活していくさま&雑記

さよなら、ラーメン屋

2017-08-06 23:56:01 | 日記
サンデー渋滞が発生していたので、裏道を抜けることにした。

久しぶりに通る道。小さな駅の小さな商店街を私の小さなクルマで走る。

もうシャッター商店街なので歩行者などいない。楽々すり抜け完了。

ここは高校時代の通学路。賑わっている時代を知っているのでちょっと寂しい。

そんな中、その高校時代によく通っていたラーメン屋が閉店していた。

ショック!

私は基本的ラーメンには興味がない。

ただこの店は低価格でボリュームがありパンチの効いた味だったので

常に飢えていた15~18歳の少年には大変ありがたかったのであります。

何せ大盛肉野菜ラーメンが¥360。当時としても破格に安かった。

確か牛丼並盛が¥450だか¥400で、貧者の御馳走と言われていた頃。

そして地域的に半島系の方々多く往来していたためか、にんにくと唐辛子の使用量がハンパなかった。

もはや「にんにく煮込汁ラーメン肉野菜唐辛子味噌炒めのせ」そんな感じ。

食べた人は、麻薬的にハマるか、差別的に嫌悪するかのどっちか。私は前者でした。

時々クルマで通り過ぎては「機会があれば食べたいな」と思っていたけれど

何せ駐車場がない。自転車で行くほど若くもない。

なので、いつか・いつか…ずっと放置したまま。

そうしたら、この有様。

もう永久にパンチの効いたラーメンは喰えなくなってしまった。

さよなら、ラーメン屋。

後継者はいなかったんだなあ。

歳を取ってくるとこういう経験が非常に増えてくるように思う。

思っていることは行動に移さないと確実に後悔する。

どうせもうすぐ死んじゃうのだからやりたいことはやっておこう、と再度確認。




コメント