♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

眞子さん報道のいい加減さと皿への忖度ニダ♪

2018-11-05 16:06:30 | 日記

眞子さま、27才の誕生日に美智子さまと昼食 何が語られたか

美智子さまは10月20日、84才の誕生日を迎えられた。皇后として迎える最後の誕生日だった。
「皇族方が揃われた皇居での昼食会で美智子さまは、皆のお祝いの言葉に『どうもありがとう』と返されていたそうです。また、高円宮家の三女・絢子さま(28才)に『もうすぐですね。おめでとう』と結婚を祝う言葉をかけられていたそうです。ただ、誰しもが眞子さま(27才)にそれとなく気を使われていた雰囲気がありました。紀子さま(52才)だけが終始、せき立てられるかのようにお1人でしゃべり続けていたことが、ことのほか目立っていらしたそうです。眞子さまの結婚が話題に上がることはありませんでした」(皇室ジャーナリスト)
ところが、その3日後、美智子さまは、眞子さまと“会談の場”を持たれていた。その日、10月23日は、眞子さまの27才の誕生日だった。眞子さまは両陛下に誕生日の挨拶のため、再び皇居を訪れた。
「午前中は両陛下もお忙しくご公務に出かけられていらっしゃいました。皇居に戻られたのが、11時45分。その10分後、眞子さまを乗せた車が皇居の半蔵門をくぐりました。眞子さまが皇居を後にしたのが13時40分過ぎでしたので、たっぷり1時間半は昼食を共にされたようです」(前出・皇室記者)
さかのぼること5月、宮内庁は異例の文書を公表した。内容はこうだった。眞子さまの結婚関連の儀式の延期を受け、《このことに関する両陛下、取り分け皇后さまのお考え、ご対応について様々な憶測がなされ、記事にされてきましたが》、《これまで両陛下は共に首尾一貫このことに関し一切発言を慎まれてこられました》。また、眞子さまに対してこの問題について何かお話しされることはなく《皇后さまは、ご自分の名のもとに、両陛下としてあれ程までにお守りになろうとされた眞子さまや秋篠宮両殿下の周辺で、静かな熟考のために保たれるべき環境に思いも寄らない様々な雑音が立てられていることを》驚かれ、悲しんでもおられる──。
ただ、美智子さまはその日、眞子さまと存分に語り合われたようだ。
「美智子さまは眞子さまに緊張感を持たせないよう、眞子さまの幼い頃の思い出や、最近、関心や興味を持っていることなどもお話しされたと聞きました。美智子さまはとても穏やかに、静かにお話しされます。“白黒をつける”ということではなく、さまざまなたとえ話をされるなどして、眞子さまに自覚をうながされたのでしょう。ただ、美智子さまはその昼食会で、お気持ちを余すところなく伝えられたようです」(宮内庁関係者)

◆「11月中の決断」 囁かれるタイミング

 11月30日には秋篠宮さまの53才の誕生日が控えている。過去にも、皇太子さまによる「雅子さまの人格否定発言」についてなど、率直な思いを語られてきた秋篠宮さまの誕生日会見に向け、皇室記者たちは眞子さまの結婚問題の行方についての質問を準備しているという。今がターニングポイントの時期でもある。
「“11月中の決断”が囁かれる中での美智子さまのお言葉には相当な重みがあるはずです。このタイミングでお話しされたということは、ようやく眞子さまに、穏やかな気持ちで人の話に耳を傾ける心の落ちつきが出てきたということなのでしょう」(前出・宮内庁関係者)
この関係者によると、美智子さまは来年の「御代がわり」で、秋篠宮家が皇嗣家になることをとても重くお考えだという。
「眞子さまは皇嗣家の長女であり、将来の天皇である悠仁さまの実姉でもあります。天皇をもっとも身近で支える存在として、より身を律し、高潔でいなければならない。それは、美智子さまご自身が皇后として長年、心を込めて実践されてきたことでもあります。眞子さまのこれからのお立場に照らし、小室さんが本当にふさわしいかたなのか―そうしたことを静かにお話しされたのだと思います」(前出・宮内庁関係者)
婚約者である小室圭さんは米ニューヨークで3年間留学生活をし、ニューヨーク州の弁護士資格を取得するプランだ。
「仮に小室さんがニューヨークで弁護士になったとしても、日本では弁護士の活動はできません。仕事のためにはアメリカで暮らすことになるでしょうが、元皇族として公務の一翼を担っていただくべき眞子さまがニューヨークで暮らすことは考えられません」(別の宮内庁関係者)
最後に決断されるのは、もちろん眞子さまだろう。物事を理路整然と、突き詰めて考えられる眞子さまは、美智子さまのお気持ちを重く受け止めたに違いない。
皇居・半蔵門から走り出た眞子さまの車は、いつになくスピードを上げ、赤坂御用地へと走り去った。カーテンの影に見え隠れする眞子さまの表情は、心なしか硬く見えた。

※女性セブン2018年11月15日号

 

眞子さんの件についても非常に誤解と捏造があるようなのでそれを指摘していきましょう。まず内々の誕生パーティに「皇室ジャーナリスト」などが招かれることなどありません。誰が美智子さんの発言を耳にして、誰が紀子様が一人で喋り続けていたとか指摘できますか?それを読者の方によく考えていただきたいですね。

美智子さん本人か、紀子様を憎悪する皇室の方の嘘情報でしょうね。それは一体どなたの仕業でしょうか?高円宮家の三女・絢子さんにわざわざ「もうすぐですね。おめでとう」と声掛けしたことだけ他の発言と区別して書かれている。それはこの情報を流したのは美智子さん以外にあり得ない。もしくは美智子さんの意を汲んだ高円宮久子しかいないのではありませんか?

紀子様が『終始、せき立てられるかのようにお1人でしゃべり続けていたことが、ことのほか目立っていらしたそうです。』と書かれたら、まるで嘘を取り繕うように必死になっている紀子様を想像してしまいますよね?美智子さんの誕生日の集まりでそんなことを紀子様がやられるわけなど無いです。普段の紀子様は寡黙ですし、秋篠宮殿下とお二人での映像も常に一歩下がってお話しています。雅子さんのように「ガハハ笑い」を人前でしたり感情を廻りに漏らすようなことは今までの膨大な映像で、私達国民は見たことなどありません。常に紀子様を下げる。これは美智子さんの常套手段です。つまりこの女性セブンの記事自体が美智子さんの意図に沿って書かれたものであると断言出来ます。  

>『眞子さまが皇居を後にしたのが13時40分過ぎでしたので、たっぷり1時間半は昼食を共にされたようです」(前出・皇室記者)』

ここでこの記事自体がおかしいと気がついた方は読解力がありますね。「皇室ジャーナリスト」としか書かれていないのに「(前出・皇室記者)」ですか?どこに皇室記者の情報があるのでしょうか?この記事を書いたライターのケアレスミスなどではありません。誰かの推敲が入れられて語彙の違いが生まれたのでしょうね。

皇室ジャーナリスト≠皇室記者のはずですよ。渡辺みどりのような美智子さんの九官鳥を皇室ジャーナリストと今までの記事で表現していたはずです。皇室記者は各新聞社の皇室取材専門記者だったはずですよ?

>さかのぼること5月、宮内庁は異例の文書を公表した。内容はこうだった。眞子さまの結婚関連の儀式の延期を受け、《このことに関する両陛下、取り分け皇后さまのお考え、ご対応について様々な憶測がなされ、記事にされてきましたが》、《これまで両陛下は共に首尾一貫このことに関し一切発言を慎まれてこられました》。また、眞子さまに対してこの問題について何かお話しされることはなく《皇后さまは、ご自分の名のもとに、両陛下としてあれ程までにお守りになろうとされた眞子さまや秋篠宮両殿下の周辺で、静かな熟考のために保たれるべき環境に思いも寄らない様々な雑音が立てられていることを》驚かれ、悲しんでもおられる──。

このような腐り果てた文章を宮内庁が公式に出すこと自体が異常であると、耄碌した美智子さんには理解できないのでしょうね。小室圭の母親と本人の気持ち悪さや吹き出るスキャンダルに、変だ眞子さんのお相手にふさわしくないという国民の声が上がるのが「雑音」ですか?しかも秋篠宮に静かな熟慮?小室圭の件など即破談してしかるべき地雷案件です。それを見守れと暗に釘を刺す祖母。全く温かみも人間性も無いのに、この期に及んで時間稼ぎですか?美智子さん。そもそも今上陛下が「裁可」を異様なスピードで出したことと「孫の眞子の結婚式に出たい」という強い要望がこの婚約騒動のネックになっているのではありませんか?

小室圭は人間性も明らかに劣りますし、学歴もまともな日本の教育を受けていない礼儀知らずで慇懃無礼なバケモノです。母の佳代の生き方をなぞったような人間の最底辺です。もし小室圭に人望があったのなら同窓生やらが小室圭の良さを喜々として発表してお祝いムードになっていたでしょう。

美智子さんは常に自分を安全圏に置いて「見守る慈愛の祖母」を貫いていますが、小室圭が留学懇談会で眞子さんと隣同士になったときの主催者は聖心女子の卒業生の中国人女性ですよね?聖心女子ってそこまで巨大な学校だったでしょうか?例えば日大付属のような卒業生が百万人規模の。何故聖心女子の後輩がコーディネーターになって眞子さんの隣に小室圭が座ったのですか?偶然にしては出来すぎですよ?美智子さん。そもそも留学懇談会と言いつつそこで初めて出会ってすぐにプロポーズとかありえますか?まだ学生の身分で将来も見えていない時期に。仮に眞子さんが一目惚れしたと仮定してもそこでプロポーズを受けること自体あまりに稚拙です。

しかも在日枠で無理やり入った三菱東京UFJ丸の内支店もすぐに辞めるような労働意欲の無いフリーターを本気で婚約者だと思い込み、秋篠宮様や紀子様に紹介して承諾を得たのでしょうか?数々の秋篠宮様バッシングの報道の欠片を拾い集めていくと、小室圭と母親が相当話を盛って、上流家庭風を装ったのでは無いかという疑念が生じます。確かに興信所などを使い調査しなかった非はあるでしょうが、それをするのは宮内庁の職務なのではありませんか?なんのために宮内庁は存在するのですか?国民の声を「雑音」と言い切る文章を出すのに、将来の天皇陛下の義兄になる男性の出自さえ調査しないのは職務放棄としか思えません。

 そして裁可までされてしまった「疑似婚約」を正式に解消出来るのは眞子さんではなく、今上陛下と美智子さんです。彼らの「強いお気持ち」さえあれば婚約破棄など簡単なのではありませんか?

>最後に決断されるのは、もちろん眞子さまだろう。物事を理路整然と、突き詰めて考えられる眞子さまは、美智子さまのお気持ちを重く受け止めたに違いない。

ここでも美智子さんの感動秘話ですか?一体皇室記者だの皇室ジャーナリストは何人いて、何故全員が美智子さん賛美になるのでしょう?美智子さんを少しでも批判すれば靖国神社の宮司さんのように職を失うから、常に賛美しているのですか?皇族の結婚は一般国民の結婚と異なります。家の格が釣り合わなければ不幸になるだけです。私は高円宮久子を嫌いですが彼女が娘をうまく嫁に行かせる手腕には脱帽しています。出雲大社だの、日本郵船だの大したものですね。それで長女の外国人大好き遊び人を上流のところに嫁がせることが出来るなら、美智子さんに爪の垢でも煎じて飲んでいただきたいと思いますね。雅子さんなどという粗大ごみしか得られなかった東宮と比較すると。紀宮様が黒田さんとご結婚なされたのも兄の秋篠宮様繋がりであって、美智子さんは三人も子どもがいるのに、東宮の縁組しか出来なかったということですよ?その東宮が来年5月に天皇に即位して、あの雅子さんが皇后ですよ?結局美智子さんは子育てにも失敗し、皇室の権威だけを増大させ、皇室の意義を破壊しようと企んだ稀代の悪女帝として100年後の歴史教科書に名前を刻むでしょうね。

 

秋篠宮を貶める眞子さんの婚約騒動は、誰が一体引き伸ばしているニダ?本当に眞子さんの気持ち次第の案件ニカ?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 私が考える皇室の本来の姿 | トップ | 保守愛国を自称する方へ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
渾身のブログアップありがとうございます (一般庶民)
2018-11-05 18:10:19
いつも疑問なのですが、この女性セブン等の「皇室ジャーナリスト、前出・皇室記者、宮内庁関係者、前出・宮内庁関係者」っていったい誰なんでしょうか。
毎度見てきたように記事を書いてますけど、宮内庁関係者という情報提供者名、取材した皇室記者名って出ていますか?
まず、シナリオありきの文に思えて仕方ないのです。
皇室内部、婚約等の問題の筋道をコントロールしたい人がシナリオを書いて、それ通りに記事を書いているように思えて仕方ないのです。
私たちに出来ること (雪りんご)
2018-11-05 19:14:33
ミテコ近辺が
どんなに話を盛ろうが、
私たちは諦めずに宮内庁に
抗議メールを送り続けることだと
思います。
一般人でもお断り物件なのに
生暖かく見守るつもりの両陛下は
最低で軽蔑しかないとバッサリ
書いてやることです。

トド子さんのブログを
いつも心強く拝見しています。
感謝しています!
皿回しのヤジロベエ (伊藤知昭)
2018-11-05 19:15:53
トド子姫様

御多忙中、お邪魔致します。

あたかも人質ビジネス。
東宮擁護のバランサー。

まるでバッシングの舵取り。
皿婆にはいずれブーメラン。


文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
そう (たまき)
2018-11-05 19:53:27
いつもいつも美智子様目線。
いつもいつも美智子様が真ん中。
いつもいつも美智子様のお気持ち。

これってなんなんでしょう?
昭和の時代に皇后目線ってなかったと
思うんですよ。

何で、毎週毎週美智子様を慮った記事が女性週刊誌にでるのか?
不思議でしょうがない。

陛下は侍従扱いですもんね。

あの皿婆は、ほんとに許せない!
連投失礼 (たまき)
2018-11-05 20:32:16
また、侍従扱いに甘んじている陛下はなんなんでしょうか?
それをよしとしている頭の中が信じられません。
それをよしとしている宮内庁はなんなのでしょうか?
体裁を整えるということさえ放棄しているのではありませんか?
写真は美智子様を中心に
お言葉は美智子様を要に

全くおかしな皇室の中の立ち位置の美智子上皇后サマです!
天皇夫人に捧げるレクイエム (おとめ)
2018-11-05 21:40:37
デマ?ほんと?皇居はもはや「妓生窟」 1号~7号隠れるところ

2千年の伝統破壊、天皇を敬ふ「低頭」やめてしまへり

虚飾症と擬態症を病む女(ひと)のペッシテンギと呼ぶ皿帽子

キリストの花嫁である皇后が千万神(ちよろづがみ)の郷を憎みぬ

レティシア妃の肘をむんずと鷲掴みきはめて野卑なふらちを晒す

外交行嚢に隠し売られし疑惑たる皇太子妃のティアラ皇后のティアラ

火に注ぐ愚女三人(みたり)が日本史にミツチー・アツキー・ドスコの事件

*****

お母さま、あの美しいティアラはどこに行ったのでしよう。

****

不敬すぎると思われましたらどうぞ消してください。
前回・今回の文章に拍手です。 (蓮の花)
2018-11-05 22:46:21
控えめで寡黙な紀子さまが、せき立てられるように一人で喋り続けたなどありえません。
説得力ある文章で経過が分かり、皇室の本質が理解できます。

ニダやニカは諧謔や皮肉で使っていると思いますが、韓国の事が大嫌い
なのでニダやニカが入った文章は嫌です。

やはりニダやニカのない真っ直ぐな清冽な文章の方が心に響きます。
えらそうな事を言って申し訳ありません。
皇室? (甘露)
2018-11-06 01:15:30
夜分にお邪魔致します。
またまた、はた迷惑な元号改変が来年春にあるとか。
いちいち面倒くさい。元号は「 皇室 」にして改変無しにすればいいのに。
皇室尊崇とかアホらしい。現天皇の夫人は平民の平民で、次期夫人は朝鮮出自とか。
どこに国民があがめ奉る理由があるの?神でも何でもないし、国民のお金で贅沢暮らししてるただの人間でしょ?
高貴な血なんか限りなく薄い上、何よりも皇族の皆さん自身が一般人化したがってるわけで、眞子さんとかの婚約騒ぎは、その見本みたいなものでしょ。ただ、甘い汁は捨てがたくて、結婚しても皇族もどきの生活をする人もいるみたいだけど( 絢子さんとかいう人)
国民は来年、消費税増税ですよ。国民の税金で結婚支度金?やら御殿増築、改築やら、日本あちこち旅行やら、コンサート絵画観賞三昧とか、この人達にノブレスオブリージュの精神はあるの?特にマサコとかいう人。
そもそも、皇室の何たるかを、学校教育で教えてないから。
敬語使う意味も分からないわ。
女性週刊誌に印象操作記事を書かせたり、同族なのに貶め記事を書かせたり、限りなく下劣に成り下がってるとしか思えません。
よくぞ仰って下さいました (これからも多分ロム専)
2018-11-06 06:42:58
在外で、様々な保守系サイトを毎日チェックしている者です。
いずれにもこれまで一度もコメントしたことはありません。

しかしトド子様の今回のエントリーには一言一句完全に同意で、自分の気持ちを全て代弁して下さっているようでスルー出来ませんでした。
ありがとうございます。

問題は圧倒的多数の国民が「慈愛の美智子さん像」を信じていること。保守寄りの友人でも、です。。保守を公言している私が美智子さん批判をするとエッ!?あなた皇室好きなんじゃないの?と。現皇室のあらゆる問題は美智子さん入内から始まった、と説明しますが。
ましてや言論人に至っては美智子さん批判などまず無理でしょう。ですので国民に広く周知されないことが悔しいです。

ロム専に戻りますが、トド子様これからも応援しています。
こんにちは (うさみみ)
2018-11-06 09:27:31
今から二十年程前ですが、
当時お付き合いのあった古神道の巫女様が
「美智子皇后はキリスト教徒だ。あの方が皇后では国魂のご加護を得られない」と言っていました。
何の知識もない私はビックリして、妹にその話をしたら妹が怒って「何て不敬な」
と言ったので、そういう話は人前でしてはいけないんだ、と思いました。
その巫女様は高齢の為もう亡くなりましたが。
こちらのブログを拝読して、思い出した次第です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事