♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

私が考える皇室の本来の姿

2018-11-03 20:33:45 | 日記

いつもの調子ではなく、普通の文章で今回は書いてみます。とても大切なことだと思いますから。

まず何故私が皇太子殿下を「尿もれ」と呼ぶのか?それは非常に単純で私自身が皇太子殿下を尊敬することが全く出来ないからです。

私の親族が東宮が浩宮様と呼ばれていた時期からずっと同窓生でした。ですから学習院で何をどうしたという日常のことは詳しく聞いておりました。

人間性が豊かであるとかそういう美しい話はまるで無く、学習院内部で特別扱いの「宮様」として、同級生に様々な負担をかけていたエピソードばかり聞かされました。

表向きに「素直で兄弟に優しく実直である」と言われていましたが、実情は何をしても失敗すれば人のせい。成功したら自分の手柄という、非常にわがままな性格で、学校内では使いっ走りのようなことをされていたとも聞いています。美智子さんの提唱したなるちゃん憲法という子育てが全ての間違いだったのでしょうね。叱らない子育てを続けたら、その子供は何をしても構わないのだという価値観を植え付けられます。天皇陛下としての帝王教育すら否定するのが美智子さんの子育てでした。

あれで性格が素直で謙虚であれば「小和田雅子」などというチッソと繋がりがある、父方の先祖さえたどれない賤民を嫁に選ぶこともなかったと思います。

天皇とは存在することに意義があり、神道を束ねる最高神官であるという本来の意味を全く考えずに、自分勝手に嫁選びをし、その嫁をまともに教育することも出来ず、天皇の宿命である男系男子も作らず、愛子さんの障害を隠し、成績優秀な少女であるとお抱え週刊誌に報道させる無責任さ。

愛子さんが激痩せしたときも美智子さんは「つつがなく過ごし」という表現をする皇室内の異様さ。思春期の少女があれほど体重が増減することなどありえませんし、沖縄豆記者のときの愛子さんは本物の愛子さんではありませんでした。同じ服を着せた別人です。愛子さんに関しては私は優秀そうに見せかける偽者と、愚鈍で知恵遅れに見える本物愛子さんがいるとほぼ確信しています。障害があってもきちんとした養育をされていれば何も言いません。嘘の優秀さを平気で喧伝する東宮と雅子さんの異常な学歴信仰に驚愕しているだけです。

その東宮自身が数々の公式写真で尿もれとしか思えない画像があります。おそらく泌尿系の持病を持っているのでしょう。何故健康状態を隠し続けるのでしょう?雅子さんも同様です。彼女はずっと精神的な病に犯されているのに「適応障害」と言われ挙句の果てに「産後鬱」などと公式に言われています。医者の診断として恥ずかしくありませんか?適応障害なら皇室から離れれば治ります。もともと皇室とは無縁の創価学会員なのだし、天照大御神をテンテルダイジンと読むほどの日本語能力しかありません。神話とか子供の頃に少しでも触れていたらそのような間違いなどしません。その上神道を学ぶために英語の読本を要求したというエピソードまであります。

世間から誤解されていますが雅子さんの英語力などSignとAutographの区別もつかないレベルです。帰国子女と言うほどの英語力もありません。

美智子さんが御自分を「女官に虐められている、皇室という閉鎖空間に幽閉されている私」を演じていた事に国民が全て騙されていたことが現在の皇室の混乱の原因です。

今のようにインターネットも無くTwitterなどのSNSもない時代は新聞や雑誌の記事を疑うという発想さえありませんでした。

「可憐な民間妃美智子様、テニスコートでの恋」いうコピーで、モデルのようにポーズを取り常にカラーページのグラビアを飾り続けた美智子さんは、雑誌やテレビを使い自己宣伝に明け暮れました。実際は皇居内で虐められている設定のはずなのに、子育てには口を出し、気に入らない女官などは首にして、香淳皇后を鬼の姑に仕立て上げて「いじめに耐えて開かれた皇室」を心がけた『慈愛の人』像を作り上げました。私が数々の過去記事で書いたように、今現在、皇室内で最大権力を握りました。今上陛下自身もさほど頭脳明晰では無いところに、バイニング婦人の「アメリカ流民主主義」を叩き込まれ、己のことを顧みず神道を避け始めたのですからお似合いのバカ夫婦でしょうね。

映画鑑賞、美術鑑賞、音楽鑑賞などが公務にカウントされていますが、果たして天皇皇后の職務でしょうか?あちこちに赴くことでありがたみも無くなると思わないのでしょうか?開かれた皇室というのは必要などありません。芸能人でも無いのですから。日本の國體を守り祈ってくださることで充分です。

日本書紀や古事記などの神話は全て真実であると断定はしませんが、口伝などで言い伝えられたことの集大成であり、日本人としてその神話を次世代に語り継ぐことが「日本の歴史」を繋いでいくということです。

男系男子で紡がれた悠久の天皇陛下の系譜を「日本人の神話」として続けていく。それが今を生きる私達の責務なのでは無いのでしょうか?

アメリカなどの新興国には道徳の規範としてキリスト教が用いられましたが、日本の場合それが神道だっただけです。お天道さまがいつも見ていらっしゃるから人の道に外れたことをしたらいけないよという道徳観念の基本です。

日本人は何度も大災害にあいましたが、そのたびに復興して立ち上がり協力しあって生きてきました。その頂点にあたるものが「天皇陛下」という存在だと私は考えております。贅沢な暮らしをする特権階級などではありません。日本らしさを残す唯一の一家であると。そうでなければ皇室の存在意義など無いと私は強く思います。

核家族化が進み、家族の繋がりが希薄になり、個人主義が蔓延し、他者への思いやりさえ薄れてきたのが昭和末期から平成です。80年代末にマスメディアがDINKSという造語を作り、子無しで共働きこそ最高な暮らしと煽った結果、今の50代の結婚率が異様に下がり、少子高齢化に拍車がかかりました。

それをまさに体現したのが当時の浩宮であり雅子さんであり紀宮様だったことは記憶に新しいでしょうね。美智子さんは紀宮様をまるで自分の引き立て役のように連れ回し「母子の愛の旅行」をさせていましたが、あれだけ華美な服をとっかえひっかえする美智子さんは、愛娘の服装や髪型はわざとさせているのだろうか?と思えるようなものでした。今は黒田さんとお幸せに暮らしてお綺麗になられていますけれど。

今上陛下や美智子さんがまともな親だったら結婚適齢期にお見合いでも持ってくるでしょうね。自由恋愛などほとんど不可能なところではお見合いしか出会いは無いはずです。例外で礼宮様が川嶋紀子さんと学内で恋愛してご結婚なさりましたが、本当に例外中の例外です。その紀子様がもしいらっしゃらなければ現在の皇室は無残なものに成り果てていたでしょうね。その紀子様をいじめ抜く美智子さんは本当に怖い方です。

週刊誌に出る紀子様バッシングは間違いなく美智子さんが書かせているでしょう。何故なら雅子さんが少しでも公務すれば「決意の雅子さま」と持ち上げられるのですから。年に数回のドタ出公務で。紀子様はどのくらい多忙に公務なさっているのか女性誌記者は取材しているのでしょうか?

皇室に穢など要りません。美智子さん自身が穢で雅子さんと相似形の反日です。耄碌しても権力を握るために上皇后と言う新語を作らせ、皇室会議のメンバーの資格まで得ました。

現在84歳の美智子さんは一体何歳までご顕在でいるつもりでしょうか?祭祀も出来ない、意義も理解できない馬鹿長男をいつまで溺愛したら気が済むのですか?皇統は貴女の私物ではありません。勝手に愛子女帝など画策しないでください。東宮のあとの天皇陛下は秋篠宮殿下、悠仁様かのいずれかで決まっているのです。

あの世にお金を持っていけませんよ?美智子さん。老醜が更に増して般若の面相になっていることにお気づきではありませんか?

以上の理由から私はブログでは東宮を尿もれ、雅子さんを雅子卑、皇后陛下を皿婆と呼んでいます。尊敬できない人を敬称で呼ぶ必要など無いと思っているからです。

天皇の責務は、皇祖神より託された伝統を護り、日本と日本国民の安寧と日本の固有の神々への真摯な祈りを捧げる。これだけで充分なはずです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (34)   この記事についてブログを書く
« 元木昌彦という下衆な小室親... | トップ | 眞子さん報道のいい加減さと... »
最近の画像もっと見る

34 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すっきり! (サラリーマン)
2018-11-03 21:41:01
よくぞキチッと言ってくれた。
胸のすく思いだ。
トドコ様、渾身の文章、ただただ頭が下がるばかりです (ヒヨドリ)
2018-11-03 22:15:35
本当に、有難うございました。

上下天皇皇后を憂う者たちの思いを、
簡潔にすべて表現して戴きました。
どうかひとりでも多く (のりこ)
2018-11-03 22:19:07
あなたのblogを見て下さるように。

私も身近な人に啓蒙していきます!
文章に感動 (蓮の花)
2018-11-03 22:56:12
近所のおっさんだったら別にニタニタ笑いの凡庸な東宮でもいいけど、
日本の天皇になるんだから困ったもんだ。そしてアレが皇后になる。
日本はいったいどうなるのでしょう。崩壊か。
美智子皇后の子育てが失敗だったという事ですね。

いつものニダ、ニカ付きの文章は読みづらく普通の文章で書かれた今回の文章の方が読みやすく胸に入ってきます。
よくぞ書いてくださいました (平凡な日本人)
2018-11-03 22:59:12
いつもブログを拝見しています。
この度の記事も、とてもわかりやすく頷くばかりで、深く同調します。
インターネット時代、もっともっと皇室の真実が広がり、騙されてきた人々が皇室に対し意見が言える世の中になってほしいです。
陰ながら応援しております。
ありがとございました。
異物 (みぃ)
2018-11-03 23:59:56
香淳皇后と違い、天皇家の血は一滴も流れていない美智子皇后。


そのような赤の他人の我欲によって、太古から一子相伝の如く受け継がれた伝統と皇統を、好き勝手にメチャクチャに掻き回されたくないです。

天皇家の伝統とその系統は日本国民の宝なのです。


従えよ!天皇家の伝統に!


天皇家が太古から培った日本国民からの信頼の形としての特別な存在としてのポジションを、美智子さん的ニューファミリーによる特権階級として、私物化している気がします。


その私物化の最たるものが愛子天皇擁立だと思います。

上皇后とか、これまで天皇家の歴史になかった継承ルールを持ち出して、日本国民を欺くな!
Unknown (KUON)
2018-11-04 06:34:05
じっくりと読ませていただきました。

本当にありがとうございました。
運命(長文失礼します) (持田)
2018-11-04 07:02:19
自分が生まれる場所(国や両親、その時の環境)が運命で、そこからどう生きていくのかということこそが使命であり重要なのですよね。
私はまず、日本人として生まれたことを大変誇りに思って今を生きています。
昔ですが仕事などで海外へ赴くこともありました。
そこでは日本で学習したこと(学校、メディア等で)とは異なる印象の状況ばかりに出会いました。
もしそれを書き連ねるとなると膨大です。
でも、入国審査で日本のパスポートというだけでなぜか他国のひとたちより優遇された経験を持つ日本人は多いかとは思います。

皇室は特に日本の行く末を左右するというか、はっきり言えばそのものです。
それを何の因果か神の悪戯なのかGHQが一番わかっていたという...
でももしもこれもまた定めならばと考えたとき、なにか腑に落ちることもあるのですよね。
簡単にいうと、毒を持って毒を制す。
そして常にやり直しの機会を与える神の沙汰に対し、あの方たちはすべて間違った方向へ持っていかれた。..
お見合い結婚もいつごろからか聞かなくなり、恋愛結婚がまるで正義みたいな風潮。
専業主婦なんて古い!共働き!女性の社会進出!女性がトップにたつのは当たり前!
英語教育!早ければ早いほうがよい!日本語なんて道徳教育なんてどうでもいい。
なんでもかんでもグローバル、海外素晴らしい!日本人の古い考えや伝統は世界から孤立する、差別につながる!とメディアが垂れ流す。
自閉症はタイプや度合いも幅広く、周囲の理解の必要な世界でも周知と対応が急務な障害であるのにあろうことか隠蔽しさらに嘘を重ねる。
自分の立場を無視しなんでもすぐに人権、自由を持ち出し、日本人の侍精神でもある責任や引き際なんてもう死後化、下品な振るまいでもおかまいなし、上品ぶるだけで見せ掛けのあれこれがあふれかえっている。
正しい言動でも都合で差別を持ち出し潰して悪が蔓延。
まさに皇室=日本がこれほどまでに理解しやすい状況は平成が最初で最後でしょう。









Unknown (ばたあくりいむ)
2018-11-04 07:14:35
トド子様、皆様、おはようございます。

現皇室の堕落の全ての元凶は皿婆と昭仁天皇です。
側近が顔をしかめるほど性欲の強過ぎた昭仁さんは、皿婆の色仕掛けにあっけなく落ちました。
そして皇室破壊者の美智子のやりたい放題が始まったのです。
美智子はとにかく芸能人のごとく自分を露出するのが妃殿下、皇后の仕事だと大いなる勘違いをしてここまで来ました。
それゆえ美しくソツのない紀子様が目障りでしょうがないのです。
皇族の本分を誤解している美智子がどうして長男をまともに育てる事が出来るでしょうか。
おまけに尿漏れは昭仁さんの子ではない疑いがあります。
尿漏れとなったのも、男色だからという噂があります。
だから公表しないのかも知れません。
美智子は小和田という片腕を得てますます横暴な権力をふるうようになりました。
嫁の雅子はある意味知的に欠陥のあるキチ◯イです。
同じくケツ2尿漏れとはぴったりの妻ですが、国民には実に迷惑な夫婦となりました。
この2人が即位すると日本は終わります。
今から覚悟していないといけないと思います。
初めてコメントします (緑の波)
2018-11-04 08:25:08
いつも拝見しています。
全文納得で胸がすっきりしました。
皇室を盲信している保守の方々に読んでいただきたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事