♪銀蝿ブンブン♪日本の危機ニダ♪

ヨン様と一緒♪で韓流ブログしてた通名トド子ニダ♪韓流の終焉であっちは放置したけれど♪新ブログはノンジャンルでやるニダ

東宮の世界的信用度の差では?

2018-12-14 10:04:22 | 日記

外務省、即位の礼接遇に51億円 簡素化で大幅に減額

2019年に開かれる新天皇の「即位の礼」に参列する外国元首らの接遇費用として、19年度予算に51億円が計上される見通しになった。国内外の賓客を招く「饗宴の儀」の簡素化が決まり、概算要求の85億3千万円を大幅に減額した。外務省関係者が11日、明らかにした。
饗宴の儀は来年10月22日以降に実施される。1990年の前回は計7回開き、約3400人を招待したが、今回は立食形式2回を含めた計4回とし、参列者数を約2600人に減らす予定だ。
政府は10月、安倍晋三首相をトップとする「式典委員会」を設置し、皇位継承に伴う儀式の詳細を検討してきた。

単純にこのニュースを読んで感じること。「外務省関係者」とはどなた?そして饗宴の儀の簡素化って海外からのゲストに立食パーティをやらせるわけ?貧乏くさいにも程があるし、メインの東宮と雅子さんがまともに海外のゲストと交流できるとも思えないのだけれど。まさか東宮はカメラ持ち出して撮影とかしませんよね?雅子さんはきちんとドレスアップして第一ティアラを身に着けてバカ笑いせずにマナーを弁えて行動しますよね?

あと東宮に世界的信用が無いから、今上と美智子さんのときの3400人のゲストなんか呼んでも来ないのではありませんか?そもそも7回で34000人が前回なら平均して485人(1回)。2600人で4回なら平均して650人(1回)。それだけのゲストを立食でさせるわけ?節約する部分じゃないでしょう?饗宴の儀は。内外に日本の新天皇陛下だと周知させる儀式なのだから。

東宮と雅子さんの情報は海外メディアの方が日本より良く知られているでしょうし。誰も精神病気質の雅子さんに会って、有意義なことなど無いと解るだろうし。東宮は世界の要人とまともにコミュニケーション取ったことなど一度も無いし。

日本国民の誰もが東宮と雅子さんが次代の天皇皇后に本当になれるの?という大きな疑問があるのだけれど。

即位を控えてお勉強どころか東宮は学習院のOBオーケストラに出ているし、雅子さんは公務に適当にしか出席してないし。

引退表明した今上と美智子さんの現在の異様な露出と徘徊癖を観ていたら、本当に上皇、上皇后になったら表に出てこないのか、激しく疑問。

饗宴の儀で今上と美智子さんが華やかに出てきたとしたら、結局二重権力を我欲でゲットしたということでしょう?

今は全て「平成最後の」が冠だけど、来年は「新元号最初の」と言いつつ美智子さんが出まくるのでは無いかという悪寒。

簡素化するなら、即位30周年式典と、婚姻60周年式典と、今上と美智子さんの東宮御所引っ越し費用でしょうに。

なんでこうなるのかなあ?現在の内廷は。

あ、美智子さん。また週刊誌使って小室圭に対して懸念を感じてたアピールしてましたけれど、裁可をさっさと今上が取り消し、小室圭は眞子さんと無関係になりました宣言したら、全て白紙に戻るのではありません?今上が「孫の結婚式に出たい」と言ったことも取り消して。

美智子さんっていつも自分を安全圏に置きつつ、心配しているふりするのが得意ですからね。日本国民はそういう美智子さんの意地汚い根性を見ていますよ。雑音でもね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 「災」平成の最後にふさわし... | トップ | 拝啓 小和田恒様 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
屁カテから糞カテに格上げ (ばっくれ小町)
2018-12-14 11:59:55
皇太子が即位を目前に、のんきにビオラなんか弾いてるのを絶賛しているのが、屁カテ。

http://retsugaiha.blog.fc2.com/blog-entry-2349.html

屁から糞に格上げして、糞カテと呼びたくなりました。
どうせ小和田の誰かですけどね、糞カテ。
小町は書き込み制限を受けているので書き込めませんが、有志は一言書いてあげてください、コメ欄に。
どうせ消されますが、騙されているバカばかりじゃないぞということを思い知らせるために。

立食は尿もれと、クラミジアにはふさわしいかも。
見もの (8時だよ!神仏習合)
2018-12-14 12:13:10
雅子様

もうすぐ御即位ですね。
今からとっても楽しみです。

お特異なエイゴで、華やかにご活躍されるお姿を早く見たいものです。
招待するのは (葉月)
2018-12-14 12:31:42
東宮家の我が儘が通れば、欧米主要国とお好きらしい中東諸国と国連関係者、あとは訪問したことがある国は手厚く、アフリカなどは冷遇して人数調整しそうな気がします。
皇太子のビオラをきちんと聞いた人っているのかしら? (おとめ)
2018-12-14 13:24:49
神様は慈悲深く、足りないものを補って様々な才能を授けてくれますが、

ナルちゃんのあの頭でビオラは天才的という事は有り得ないと思う。

天才的な才能を授かっているのなら、これまでの人生において花を咲かせていたはず。

そんな特殊な才能をもっているとは、とんと聞いたことがない。

舞台で単独で演奏をさせたらいいのに。

才能のあるなしが証明されましょう。

皇室の文化祭に出品するものは写真ばかり。

なんだかなあ?

日本列島の災害30年に渡って、国民が塗炭の苦しみを味わったこと、

神道よりもキリスト教が上等なのよと天皇に焚き付けて、祭祀王の仕事を捨てさせたお皿様に、


「平成災害天皇皇后」の贈り名を、声を大にして突き付けたい怒りで破裂しそうです。

届ける方法はないのですか?

提灯行列でも、筵行列でもいいから、

国民の恨みつらみの怒りを見せつけてやりたいです。
在日カルト創価学会統一教会撲滅祈願 (宮内庁皇室浄化大作戦)
2018-12-14 18:38:43
偽者皇族や今上天皇夫婦や皇太子夫婦のDNA鑑定を求める署名活動をしたら良いのではないでしょうか。

そして孝明天皇と明治天皇のDNA鑑定よる親子鑑定も求める署名活動をすれば良いのではないでしょうか。

署名活動はネット上でも可能ではないでしょうか。

日本政府と国連にDNA鑑定の必要性を求める署名活動にすれば良いのではないでしょうか。

海外の人達にも、積極的に署名活動に参加して貰えれば更に宮内庁皇室の犯罪性が拡散して、旧宮家の復活にも繋がるのではないでしょうか。
ブーメラン皇后 (ばっくれ小町)
2018-12-15 02:22:48
小室圭への皇后の怒りの言葉

『皇室を利用している』

『あのような方が入ってくるというのは、到底考えられない』

おまえ、いえ、あなた、自分を鏡に写して言えよ、いえ、おっしゃいなさいませ。
DNA鑑定 (蓮の花)
2018-12-15 06:38:21
孝明天皇と明治天皇親子のDNA鑑定をとはどうやってするのですか?
英明だった明治天皇が偽物?偽物皇族とは秋篠宮さまと悠仁さまも偽物?

日本政府と国連にDNA鑑定の嘆願書の署名活動www基地外扱いされるよ!
皇室の劣化の問題はそんなことじゃないだろ。毎回・毎回同じこと言っていろんなブログで出没しててうんざりです。
東宮の独演 (Unknown)
2018-12-15 07:31:09
トド子様
初めて投稿させていただきますが、毎日楽しみに訪問して、鋭く的確な内容に胸のすく思いをしております。ありがとうございます。

>おとめ様
若い日の礼宮さまが、兄の演奏を紹介し、その演奏がとても酷かった動画を見た記憶があります。

ドス子の事件簿より「1988年5月第7回俊友会定期演奏会にてビオラソロを担当(ホルツバウアー作曲、ヴィオラとコントラバスのための協奏曲)、開演前に挨拶した礼宮殿下が「…その…ヴィオラのソロがいささか技量不足ではないかと思って(会場笑)、あの…多々お聴きづらいところもあるかと思いますが(会場爆笑)、どうぞ皆さまあの…がまんして、最後までゆっくりお楽しみいただければ、と思っております」、弟に謙遜の代弁をさせたのかと思いきや本当に物凄いびよらソロだった事件」

テキストは見つけましたが、動画がみつかりません。でも、本当によく一人で弾いたものだと思いました。また、弟の謙遜した言葉に対して、失礼だと不快感を示したということだったと思います。
東宮のビオラ独演動画 (りんりん)
2018-12-15 08:31:24
先程は名前入れ忘れ、大変失礼しました。
投稿は私でした。

動画みつけました。
ttps://youtu.be/uXTb5uBU7VE
1:42あたりからです。

URL頭にhをつけてください。
かつらの髪をどうやって、かきあげるんだよ! (ばっくれ小町)
2018-12-15 13:42:13
また屁カテブログに噛み付くのですが・・・・
皇太子が国民と話す時、髪の乱れを気にすることもなく、かきあげることもせず、国民との話に集中されると賛美。

かつらだろうが!

先月辺りの過去ログで、該当箇所を探したのですが見つかりません。韓国べったりの久子を激賞。そりゃあ身内の雅子さんを入内させた功労者だからねえ。
姑である美智子皇后のことは雅子さんが愚痴っているのでしょう、ボロボロ下げ。雅子さんがさぞ、口汚く美智子皇后のことを、父母や妹に罵っているのでしょう。実に分かりやすいお身内ブログなんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事