スーパーもも姐さんはミスうちゅうかん

サザンファンの介護福祉士です。阪神の糸井選手と同じ誕生日なのでこのタイトルになりました。

これから覚悟して生活しないと。

2019年12月31日 10時41分46秒 | いつものお話
本文を入力もうすぐ2019年が終わる。


我が家では家族が増え、私は東京とサザンのナゴヤドーム公演と職場の慰安旅行でメロン狩りに行った。


余命2年と言われた母も孫の顔を見ることと無事令和元年を迎えることが出来た。


しかし、1月の終わりにがんマーカーが増え、もしかすると骨に転移しているかもしれないと言う話が出た時はパニック状態になりました。


8月には胆石の手術もしました。


前回のブログにも書いたけど、クリスマスに体調が悪くなり、大学病院で今年最後の抗がん剤治療を受けようとしたら膀胱に異常があることが解り、血尿と蛋白も出ていたので抗がん剤治療は中止になりました。


退院してからも一通りの家事は何とか出来ても、冷たい水がダメなので夕食後の洗い物は私がやることがほとんどです。


土曜日は無理をして掃除をしていたことで体調を崩し、翌日の休みに買い物に行こうと考えていたらその事を巡って揉めました。


ちなみに休みの日は洗濯等もやっています。


とりあえず29日は朝食を作り、洗濯物を干してから頼まれたコンベンションオーブンと電子レンジの掃除だけではなく、台所の整理整頓と玄関のドアの掃除をしてから外出。


16時ギリギリで帰宅しました。


本当は30日に弟一家が来る予定だったのも大晦日になりました。


5年前の横アリ行きをきっかけに親が元気でお金のあるうちに日帰りあるいは1泊2日での一人旅をやるようになりました。東京はいとこがいるのでいいとして、東京も含めて母の状態を見ないと難しい。


そんな中で3月に大阪で行われる大江千里さんのジャズトリオのライブをローチケ先行でエントリーしてしまったので、反対される覚悟で行く話をしたら3月なのでOKは出たけど…。


休みの時は母の体調を見ながら出掛けることになりそうです。


仕事仲間に母親が大腸がんで、ステージ3でも術後に寝たきりになったという話を聞かされ、ショックを受けました。


来年は覚悟して生活しないと難しい。
コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪行きよりパソコンとタイ... | トップ | 今年は覚悟の年になるかもし... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

いつものお話」カテゴリの最新記事