スーパーもも姐さんはミスうちゅうかん

サザンファンの介護福祉士です。阪神の糸井選手と同じ誕生日なのでこのタイトルになりました。

IC乗車券をコンビニに忘れて仕事どころではありませんでした。

2017年08月28日 21時56分58秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

今日は職場で流しそうめんをやりました。

 

しかし、流しそうめんどころではない事態が起きてしまいました。

 

利用者さんの送迎の関係で車を運転しなければいけないので常に運転免許証を制服のポケットの中に入れることになっていますが、その時に鞄の中に一緒に入っていたTOICAとアユカが入っていないことに気づき、仕事どころではありませんでした。

 

いつもは車中心の生活をしている私がIC乗車券を持っているのは東京のいとこの影響が大きいです。6年前の震災半年後に上京した時にいとこが住んでいる駅の最寄り駅が西新井で、電車が東武伊勢崎線と地下鉄日比谷線の相互運行で切符も東武伊勢崎線とメトロの切符と一緒なので買うのが複雑なんです。それを上京するたびにいちいち聞くのがいとこにはイラっと来たのと、TOICAがSuicaとPASMOエリアでも使えるというのを知り、翌年の桑田さんのライブを機に購入することになりました。電子マネーとしても使えるので便利ですが、レジで支払いしたまま忘れてしまうという事態がたびたび起きます。

 

その時は両方のカードもお金が0に入っていない状態だったので大丈夫な反面、アユカは自分の名前が記入してあったので悪用されたらやばいと思い、仕事どころではありませんでした。

 

流しそうめんの後に片付けをしたらゴミ袋に入っていたそうめんの汁がズボンのすそについてしまって大変でした。

 

最後にTOICAもアユカもあったのでほっとしました。

 

 

コメント

続こんなにハードになるとは思いませんでした。

2017年03月03日 21時59分53秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

昨日のブログが支離滅裂状態だった(疲れた状態で書いていたので)ので改めて書き直し。

 

今日は図書館とマーサ21の丸善でケアマネ試験のワークノートとまとめのテキストと自分のネタが掲載されているみんなのプロ野球川柳を予約しに行きました。

 

ヤマト運輸がアマゾンの荷物でパンクして仕事どころではないので今回は丸善で注文しましたが、時間がかかりました。

 

いかにネットに依存して居方わかりました。

 

帰宅したのが13時近くで、お昼ご飯を食べてから速習レッスンを1時間ごとに休みながら読みましたが目が疲れました。

 

前回の失敗があるので買い物とかは午前中に済ませて午後から勉強という形でやっています。

 

明日からは4日勤務で日曜日は早番。

 

仕事と遊びと試験勉強の両立は大変です。

 

今日は桑田さんが4月からの朝ドラの主題歌決定というニュースが流れましたが、アー写の吊りズボン姿を見て利用者さんの息子さんの服装と似すぎていてそれを思い出した。

 

4月にライブの日程が発表されたら試験勉強どころではない?

 

 

 

 

 

コメント

こんなにハードになるとは思いませんでした。

2017年03月02日 23時23分22秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

3年ぶりにケアマネ試験の勉強を始めましたが・・・。

 

2年前の試験から免除なしになるということを知りませんでした!!

 

医者であろうと60問2時間受けなければいけないという。

 

覚えなければいけないことばかりで長時間のテキストを読まなければいけません。

 

試験は3回目ですが、不合格覚悟です。

 

3年前の時は試験が終わるのを待ってからパソコンの買い替えをしましたが、掃除をしたらゴキブリの死骸が出たときは引きました。

 

4月は似顔絵のイベントと木曽三川と試験勉強どころではないイベントもある。

 

昨年は9月に職場の慰安日帰りツアーがあったけど、日程によっては行くのを断る予定です。

 

今月か4月あたりに桑田さんのソロライブの日程が出るとしたらたぶん名古屋は12月くらいになると思うんだけど、日本ガイシホールでスケートのグランプリファイナルが開催されることと昨年の横アリ公演で多量の落選者が出たことを考えるとドーム公演もあり得ます。

 

来年からは介護福祉士と言った国家資格を持って実務5年(私はセーフですが)じゃないと受験できないので、かなり必死になっています。合格してもハードな研修が待っています。

 

明日は休みですが、午前中に外出後はテキスト読みです。

 

最後に試験との兼ね合いがあるので桑田さんのソロライブがスタジアム公演になったら困る。4年前の時に日帰りで行くと帰りが0時過ぎるので名古屋にホテルを取っていとこと行ったくらいなので。

 

 

 

 

 

 

コメント

桑田さんと原坊はキューピッド&背筋が凍った話。

2017年02月28日 21時51分28秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

今日は桑田さんと原坊が昭和57年のこの日に東京プリンスホテルで応援団の団員を招待しての豪華な結婚披露宴を行った日でもあります。

 

35年なので珊瑚婚式です。

 

豪華な反面応援団の支部がいろいろ準備してくれて、最後の「いとしのエリー」で桑田さん泣いちゃったし。

 

今ではサザンがきっかけで結婚したという人多いです。

 

桑田さんと原坊は音楽がキューピッドになりましたが、桑田さんと原坊がキューピッドとなって多くのファンをハッピーにしてくれます。

 

今年は桑田さんのソロライブになりますが、来年はサザン40周年なので原坊の歌声が聴けるのがうれしいです。

 

ツイッターの新しいアイコン用に天使な桑田さんの似顔絵を考えています。

 

話は変わりまして、介護の仕事をしている人間としてぞっとする話を聞かされました。

 

25・26日と休みでしたが、26日の夕方に利用者さんが徘徊でタクシーに乗って隣市に行ってしまい、そのタクシーの運転手さんから職場のほうに電話がかかってきました。

 

何故職場のほうに電話なのかというと、その利用者さんが施設利用するときに使うエコバックに職場の電話番号を付けた名札を持っていたからです。

 

その名札がなかったらもっと大変なことになっていました。

 

同居の娘さんが警察のほうに捜索願を出し、タクシーは職場のほうに戻り、警察官が来て事情を聞き、着ていた服が汚れていたため着替えてから自宅に戻りました。

 

今の家になってからはタクシーでJR岐阜駅から自宅に帰ると4000円はするので6年前から途中までバスに乗って、タクシーの乗り場のある停留所で降りてそこからタクシーに乗って帰宅するという形をとっています。

 

4年前のサザンのライブの時にすごく疲れてしまい、4000円出す覚悟で名鉄岐阜駅からタクシーに乗ってしまいました。

 

この話を介護職のツイ友さんにしたら今のタクシーは高齢者相手で、ひどいドライバーになると高額な買い物をさせるという話もあるといいます。

 

徘徊で怖いのは交通事故と鉄道事故です。特に鉄道事故の場合多額の補償金で裁判沙汰になったケースもあるからです。

 

家族だけでは限界です。

 

こういうことを防ぐには日頃のコミュニケーションと挨拶と来ている服に名前と住所と電話番号を見えないようにつけるという対策をするしかないのかもしれません。

 

明日から3月ですが、ケアマネ試験の勉強もあるので大変です。

 

 

 

 

コメント

コレクションもほどほどに。後が大変ですよ。

2017年02月24日 23時15分30秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

4日勤務でやっと休みです。

 

昨日のブログで「達郎さんのレコード棚を桑田さんと一緒にお弁当持参(というのがツボ)で見に行きたい。達郎さんのうんちくを桑田さんが邪魔するのも見たい」と書いたが、その時にこんな疑問を書いた。

 

今はデジタルの時代だから多量のレコードをiTunesに入れるのはパソコンのメモリもHDDの容量を増やしても達郎さんのコレクションでは足りないし、それを管理するのもお金がかかると書きました。

 

お友達の桑田佳祐さん(とあえて言う)は自宅の地下をレコード棚にしていると言っていました。

 

なぜこのようなことを書いたのかというと、昨日の訪問介護で薬の服薬の確認のつもりがいきなり「掃除をしてほしい」と言われ、ほこりまみれで四苦八苦して掃除したことです。

 

訪問介護に行って思ったことは自宅の片付けがきちんと出来ていない人が多いということと、ケアマネさんが自宅を訪問したら狭いアパートで荷物がたくさんあってそれが捨てられないという指摘をしていました。

 

私はその経験から生理痛がひどくても自分の部屋の掃除だけはきちんとするようにしています。

 

先月に東京に行ったときもお土産入れ用にコストコでかったでかいクーラーバックをキャリーバックに入れましたが、お土産に壊れるものとかがあったのでキャリーバックの中にお土産を入れたらそれだけでいっぱいになりました。

 

帰宅する日もキルトフェスティバルの図録と大丸と東京駅一番街でいろいろ買って大きいお土産袋抱えて新幹線に乗りました。

 

家族からは「また物が増えた」とクレームが来ました(笑)。

 

その時に銀座の長野県のアンテナショップに行けなくて、ほしかったアルクマのぬいぐるみが買えなくて、ヤフーショッピングで買えることを知って買ったのはいいけど、いとこの部屋のよりでかかった。

 

サザンファンの場合「自分はこんなにサザンが好きだ」と部屋をツイッター等に載せている人もいますが、私はサザン意外にも好きなゆるキャラとかあるのでそういう部屋にはしないようにしています。

 

それ以上に困った問題があります。

 

料理サイトのプリントアウトが山ほどあります。

 

私はCDを買うとすぐにパソコンに取り込んで自宅で音楽を聴くときはパソコンで聴いています。

 

あと録画したテレビ番組をDVDにダビングしてからは見ないことのほうが多いです。

 

DVDもBDもプラスチックの衣装ケースに入れると重くなるので結婚するときに持って行ったタンスにいれています。

 

そういったこともあって洋服はプラスチックの引き出しに入れています。それも限界があります。

 

3月からケアマネ試験の勉強をスタートし、4月からは本格的に始めるのでそれまでに見ないDVDを片付けるか処分したいのです。

 

本当は大きい本棚ほしいけど、それ置くとテレビとパソコンが置けなくなる。

 

あとベッドを置くと片づけられなくなります!!昔ロフトベットを買いましたが、5年でダメになりました。

 

 

 

 

 

 

コメント

現行のシステムで受験できるのは今年で最後なので受けるべきかどうか・・・。

2017年02月02日 22時30分06秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

いとこに会いに東京に行ってやは2週間たちましたが、部屋がなかなか片付かない状態のまま2月になりました。

 

そんな中職場に来たダイレクトメールで衝撃的な事実を知りました。

 

実務5年と旧ヘルパー2級だけでケアマネ試験が受けれるのは今年が最後だというのです。

 

来年からは介護福祉士などの国家資格を持っていないと受験できないといいます。

 

一応介護福祉士の資格を取って今年の4月で6年になるので大丈夫ですが・・・。

 

来年受けるつもりで呑気でいたらこういうことになっていたとは・・・。

 

3年前に受験した時は休みの日も7時くらいに起きて8時30分まで部屋の掃除を済ませて勉強していました。

 

大体4時間ぐらいやっていました。それでも時間が足りないと指摘を受けました。

 

接骨院の治療中もテキストを見ていました。

 

試験が始まる2週間前は外出もしませんでした。

 

試験終了後は疲れがどっと出て、高島屋の大北海道展に行くのも我慢していたので試験帰りに高島屋で買い物をしているときから睡魔との戦いで、帰宅して夕食を食べてから寝てしまいました。

 

12月に結果が来たけど不合格でした。

 

翌年の年明けに「サザンのツアーが始まるけど勉強しなきゃ」と思ってやったのはいいけど、スタートしたのは2月の立春後で、インフルエンザにかかって試験勉強どころではありませんでした。

 

昨年も断念してしまいました。

 

中学の時に勉強で嫌な思い出があるので高校卒業後に「もう勉強と名のつくものは嫌だ!!」と言いながらもカルビー時代は通信教育でPOPを書くのをやった時は寝るもも惜しみ、東急ハンズで画材を買ったくらいです。

 

ユーキャンの通信教育ではケアマネ試験の講座だけでも10万かかるので本屋でテキストを買ってやっていました。

 

それと2月に入ると体調を崩しやすいので一番怖い時期でもあります。

 

問題は試験勉強の最中に桑田さんのソロライブの日程が発表されること。5年前の時は幸い12月だったので助かりました。

 

果たして私はどうすればいいんでしょうか?

 

 

 

 

コメント

悲しいです。

2016年07月26日 21時38分15秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

今朝は相模原の事件のニュースの速報で目が覚めました。

 

介護職として、結婚していた時に義理の弟が自閉症で障がい者の施設の内部事情を見た人間として他人ごとではないニュースで悲しく決して許されるものではありません。

 

私は9年前に仕事が見つからなくてどうしようか四面楚歌の状態の時に嫌々ながらヘルパー2級(今の介護職員基礎研修)を取得し、5年前に介護福祉士の資格を取り、今年で丸9年になります。

 

老人保健施設と小規模多機能施設で働いていますが、利用者さんとの関係以上に職場での人間関係に苦悩します。

 

現実にそれが原因でうつ病になったというのを見ているからです。

 

女性が多いので人間関係が陰湿になるのも事実です。

 

ひどいと利用者のセクハラどころか性犯罪すれすれの行為と言うのもあります。

 

一生懸命やっても相手に伝わらないし、言葉の行き違いで利用者さんとトラブルになったというのもあります。

 

認知症の利用者さんの中にはたとえ正しいことを言っても通じないこともあります。

 

今の仕事を始めてからサザンの年越しはWOWOWで我慢しています。

 

ただし、12月の27あるいは28日公演が横浜アリーナである場合は別です。

 

自閉症の弟の話ですが、食欲旺盛で、底なしで食べてしまうので旦那の母親は体重管理で苦労しました。

 

時々帰省しても常時監視です。

 

それが原因で旦那の兄弟は不仲でした。特に上の妹の嫉妬に旦那と下の妹は苦しんだ反面、どうすることもできませんでした。

 

ツイッターでは加害者がSOSを出せなかったことが原因ではないのかという指摘もありました。

 

最後にこのような事件は二度と起きてほしくないのと、福祉や教育関係者が白い目で見られるのはすごく悲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

介護職としてこの時期は一番怖いんですよ・・・。

2016年05月01日 21時04分26秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

今日は早番勤務でしたが、岡崎から弟が帰省し、夜に地元のショッピングモールで開催されていたうまいもの市で買った大分の唐揚げや餃子を食べました。

 

そしてキリのいいところでパソコンのメモリ増設をお願いしようといつも飲む薬の上にメモリを置いてきました。

 

明後日はアクア・トト岐阜に行くつもりですが、季節柄どうも調子が・・・。

 

昨日の夜勤勤務の職員さんが「病院に朝早く行っても終わったのが11時40分ごろ」と言っていました。

 

実はこの時期が私自身も介護職としても一番怖い時期なんです。

 

理由1は連休が続くので病院がやっていないということ。

 

理由2は連休の合間の平日と明けの病院が大混雑すること。

 

理由3は朝番冷えて昼間は真夏並みに暑いということ。

 

認知症の利用者さんは祝日が続くのと天気の影響で不穏になることがあります。

 

あと休みで羽目を外したり御馳走の食べ過ぎ飲みすぎで体調を崩すケースも。

 

私自身も3年前に連休明けから原因不明の高熱と鼻水に苦しみ、血液検査をしたら抗核抗体の値が高いということで検査を受けても異常なしでした。

 

10年前のGW明けの土曜日に多治見市のこども陶器博物館と土岐市のアウトレットに行こうとしたらどうも微熱が出ていて、36度台で大丈夫と思ったら買い物中に気分が悪くなり、途中で病院を探そうとしても見つからなくて死に物狂いで車を運転して自宅に着いたとたんに嘔吐し、夜遊びも布団の中で聴いていました。

http://blogs.yahoo.co.jp/momotodorina/archive/2006/05/06

 

次の日(日曜日)も熱は下がらず、夜になっても気分が悪く仕事ができない状態なので、仕事を休んで(当時勤務していた養蜂会社は有給でも100%有給扱いにならない会社だった)病院に行ったら急性胃腸炎と言われました。

 

急性胃腸炎は介護の仕事に就いた翌年の4月にもなってしまいました。

 

だからこの時期が怖いんですよ・・・。

 

体とメンタル面は気を付けないとと思いつつも・・・。

 

最後に一言・この桑田佳祐さんとチャン・ソングスさんを何で埋めたらいいんでしょうか?

 

↑おおもう・・・。

コメント

番外編・この人はしゃべらないのではなく、しゃべりたくてもしゃべれないのです。

2015年05月31日 13時29分15秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

皆さんは「場面緘黙」というご存知でしょうか?

5月28日にEテレのハートネットTVでこの話をやっていました。
http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2015-05/28.html

これは発達障害の一種で、小児期に多い不安障害の症状の一つ。家庭などでは普通に話すことができるのに、学校や職場など“特定の場面”では、不安や緊張から話せなくなってしまうという症状です。

日本では支援がきちんとできておらず、「なぜしゃべらないの」「返事しないの?」「お口ないの?」
「赤ちゃんなの?」という心無い言葉で責められたり、周囲の無理解が原因でいじめや理不尽な体罰やパワハラが起き、最終的にはうつ病や引きこもりになり、家族とも話せないという事態も起きてしまいます。

私は中学の同級生と大手菓子メーカー時代の仕事仲間に緘黙の人がいました。Twitterにも書きましたが、中学時代は校内暴力のあおりで管理教育になってしまい、抑圧された環境にいました。中3の時の担任が厳格な人で、その生徒が家庭科の課題を母親に手伝わせたのを見つけたときに一方的に攻めてしまい、返事をしないので大きな声でその生徒を怒鳴ってしまいました。今だったら大問題になるようなことです。

大手菓子メーカー時代の人もそれが原因で職場の人ともめたといいます。誰とも打ち解けずに社員旅行や忘年会も出ませんでした。

もし、その人が緘黙であると知ったら「この人はしゃべらない人だからそっとしたほうがいい」と思っていたかもしれません。

一番怖いのは病気やトラブルが起きたときに「助けて」と言えないことです。結婚していた時に義理の弟が自閉症で関係がうまくいっていなかった義理の妹がヒステリックに「〇〇は病気になっても助けてとも言えないのよ!!」と言っていました。

場面緘黙の子供たちの中には教科書や文房具を忘れてもそれが言えないケースもあります。


先生や親の中にはその子の特性を知らないことも多いので一方的に怒鳴りつけたという悲しい話もあります。


私は書き込みに「サザンの『ピースとハイライト』の歌詞ではないけどその子のいいところを見つければうまくいくのかも」と述べました。

現に二人ともすごくいい人でした。でも、しゃべらないことであまりいい風に見ていない人もいました。

私も10月で介護の仕事を始めて丸8年になるけど、利用者さんとのコミュニケーションがうまくいかずに悩んだことがありました。

それが原因で職場の上司とうまくいかないこともありましたが、理解してくれる人のおかげで修羅場を潜り抜けたことがありました。

結局は落ち着いて対応するということでうまくやれていますが、将来的には自分自身が中学高校時代にそれで苦しんだように困った人の役に立つ仕事をしたいです。

最後に場面緘黙に対する理解が進んでほしいです。

 

追記・あえてコメント欄は閉じました。

コメント

リンゴの「リ」の字を「マ」に変えて。

2015年02月23日 21時40分03秒 | 介護のお仕事&ケアマネ試験話

今日は職場で音楽療法がありました。

 

その時に「リンゴの唄」を歌ったんだけど、誰かさんのせいで下ネタの歌詞になってしまいました。

http://kuwatabushi.web.fc2.com/namauta/06/ringono.html

 

それも「リンゴの『リ』の字を『マ』に変えて!!」だから…。

 

2年前の「夜遊び」の生歌特集でもしっかりやっていました。

 

私と同様の考えの介護職員さんは多いはずだ。

 

桑田さん、うちの母親が「ファンを大事にするいい人」と褒めていたのに…。

 

話は変わりましてWOWOWのプログラムガイドが届きました。表紙は昨年の年越しライブのかっこいい桑田さんです。

 

かっこいい人が下ネタの歌はダメでしょう(赤面)。

 

桑田さんは下ネタをやって当たり前と68歳になる母親も言う始末。

 

ちなみに「リンゴの唄」を全部空で歌えるのは介護職員である証拠です!!

 

最後に一言・昨年の年越しライブの再放送はムリ?(いとこから録画を頼まれているので)

 

 

 

 

 

コメント