東京大学運動会ヨット部

東大ヨット部の現役部員によるブログです。練習の様子、レース結果、部員の主張から日記まで。

自分のルーツ@1月リレーブログPart32

2019-02-02 20:04:39 | 2019 リレーブログ

永田さん、軽めの煽りありがとうございます笑 クルーザー班新2年の中野陽です。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去る、なんて言いますが、その言葉通りあっという間に1月が終わってしまいました。先週までは期末とかいうしょーもないものに追われた単調な日々を過ごしていたので、年末年始について書きます。

今年の七大戦が開催される小戸のヨットハーバーです。オフ期間も何か部に貢献しようと思い、わざわざ下見に行って参りましたというのは嘘です笑  実はここ、祖父母の家から歩いて30分ほどの場所なんです。

年末年始は10日間ほど福岡の祖父母の家に帰省しておりました。川崎生まれ横浜育ちの生粋の神奈川県民である自分は福岡に住んだ経験はありませんが、小学生の頃は夏休み丸々祖父母の家で過ごしたこともあり、自分にとって第二の故郷です。自宅に帰ってからの1週間で3回ぐらい夢に出てくるほどには福岡大好きです笑

祖父母の家から歩いて1分でこの景色。家の2階からもしっかりと海が見えます。幼い頃から自分はこの2階でよく海を眺めていました。天気が良い日にはヨットもよく見えていました。そのため新勧でヨットの話を聞いて頭に浮かんだのは、相模湾でも東京湾でもなく、この博多湾に浮かぶ白い帆船の姿でした。もしかしたらそのどれかに高山さんや小野さんや吉武さんが乗っていたかも、と思うと奇遇ですね。

この家の土地は、海が大好きだった曽祖父が買ったそうです。曽祖父は約1世紀前、商船に乗って世界中を転々としていたそうです。祖父曰く僕がヨット部に入ると聞いた時、曽祖父の血を継いでいると感じたとか。

久々に会った従姉妹と。実は彼女、先日世界女王となった大坂なおみに以前ダブルスで勝ったこともあるプロテニスプレーヤーなんです(http://genki-yumi.com/profile/よければご覧ください!)。全日本の舞台に出たり、海外に遠征したりとアスリートとして活躍する従姉妹には昔から憧れがありました。全日本選手権や世界大会に出られるクルーザー班に惹かれた理由は少なからずここにあると思います。

ということで、ヨット部員としての自分のルーツはここ福岡にある、と感じた帰省期間でした。11月には小戸でJ24の全日本選手権が予定されています。第二の故郷で良い結果を残すためにも、勿論その前にANIORUs CUPで優勝してフランスに行くためにも、来週からの週5練気合を入れて臨みます。2月は逃げさせないし、3月は去らせません。

明日は新2470クルーの齊藤崇です。身長もギャグセンスもトップクラスの彼は、面白さトップクラスのブログを書いてくれます。乞うご期待!

新2年クルーザー班 中野陽


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 冬っぽい@1月リレーブログpart31 | トップ | そろそろ髪の毛切りに行かん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2019 リレーブログ」カテゴリの最新記事