とだ九条の会blog

「とだ九条の会」公式HPに併設=「とだ九条の会ブログ」でネットワークを広げます。

石原都知事が南京事件否定発言を擁護--「河村君正しい」 

2012年02月29日 | 国際・政治

東京都の石原慎太郎知事は2月24日の定例記者会見で、河村たかし名古屋市長が南京事件を否定した発言について「河村君の言うことは正しいと思う」と擁護しました。

石原知事は「あれだけの装備しかない旧日本軍が、あれだけの期間に40万の人を殺せっこない。絶対にない、物理的に。戦争のどさくさですから、人を殺したのもあったかもしれない。しかしそれをもって、大虐殺というのは本当に心外だと思うし、違うと思う。さんざん検証してきたんだから。私は彼を弁護したい」と述べたというもの。

【出典参考】2012年2月24日配信「毎日新聞」

<河村市長--「礼儀欠いた」 中国の批判報道に戸惑い>

一方、名古屋市の河村たかし市長は、南京事件を否定した自身の発言について「礼儀を欠いた」と関係者に反省の言葉を漏らしていることが24日、分かりました。27日の定例記者会見で、発言について遺憾の意を示す方向で検討している模様だと言います。ただ、発言の撤回はしない方針で、事態収拾につながるかは微妙。

河村市長は24日、記者団に「市民に迷惑がかかるのは心が痛む。市民の生活を守るのが市長の責任」と発言の影響拡大への懸念を表明したと言います。中国で発言への批判が高まっていることについて、河村市長は当初は静観する構えでしたが、24日に中国主要メディアで報道されたことから、戸惑いを見せ始めたと言います。

南京市にいる日本人に悪影響が出たり、名古屋市への中国人観光客減少などに波及する可能性について市長は周囲に相談。「名古屋市役所を表敬訪問した南京市幹部に自分の意見を話したのは礼儀を欠いた行為だった」と述べたと言います。

【出典参考」2012年2月25日配信「毎日新聞」

<河村・名古屋市長:南京事件否定発言 「誤解招いた」--釈明会見>

名古屋市の河村たかし市長は27日の記者会見で、自身の南京事件を否定する発言について持論は撤回せず、「30万人とされる組織的な大虐殺はなかったのではないかとの趣旨だったが、一部で誤解を招いた」と釈明した。

【出典参考」2012年2月28日配信「毎日新聞」

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント (1)

「憲法、改正より破棄を」--石原慎太郎知事、自民集会で

2012年02月28日 | 国際・政治

東京都の石原慎太郎知事は2月21日、都内で開かれた都議会自民党の「新春のつどい」に出席し、憲法について、「自民党に頑張ってもらって破棄したらいい。改正しようとすると、国会の議決がいる」などと述べ、改正よりも破棄すべきだとの見解を示しました。

石原氏は「占領軍が一方的につくった憲法を独立を果たした後ずっと守っている国がありますか。こんなばかなことをしている国は日本しかない」と述べ、「自民党がもう一回政権とって、『憲法を破棄しようじゃないか。それで出直そうじゃないか』と言ってもらいたい」と自民党を応援。

また、「自民党がもうちょっとしっかりしてもらわないといけない。これまでアメリカの妾できたけど、つぎは中国の囲われ者になりますよ。命がけで頑張らないと」と述べました。

会合には自民党の石原伸晃幹事長(都連会長)も出席予定だったといいますが、姿を見せなかったようです。

【出典参考】2012年2月21日配信「産経新聞」

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント (2)

原発稼働の是非を問う住民投票、約31万7400人署名提出--市民グループ

2012年02月27日 | 国際・政治

東京都で原子力発電所稼働の是非を問う住民投票をめざしている市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」は2月20日までに、都条例の制定を都知事に直接請求できる有権者の50分の1にあたる21万4000人分を上回る約31万7400人分の署名を都内の区市町村選挙管理委員会に提出しました。

市長選の影響で、署名期限が3月23日と24日にそれぞれ延びた府中、八王子両市などでは活動を続けており、八王子市などの署名を4月3日に提出し、各区市町村選管はこの「本提出」を受けて署名の審査を始めるとしています。 .

この住民投票について、石原慎太郎都知事は2月10日の定例会見で、「原爆のトラウマがあるから、みな一種の恐怖感で言っている。人間は技術を開発し、失敗や挫折、事故もあったが、克服することで文明が進歩してきた」との持論を述べ、「代案も出さずにセンチメント(感情)で言っている」と懸念を示して、「手続きを出したらいいが、条例を作れるわけがないし、作るつもりもない」と否定的な見解を示しました。
今後は選管審査で必要数を上回れば、市民団体が条例案を作成し、知事に請求。知事は賛否などの意見書を添えて都議会に付議する流れとなっています。

【出典参考】2012年2月20日配信「読売新聞 」、2月10日配信「産経新聞」など

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント (1)

「慰安婦」と住民虐殺を削除--沖縄守備隊・第32軍司令部壕の説明板

2012年02月26日 | 国際・政治

32setsumeibun_2 那覇市の首里城公園近くの園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)の裏手にある旧日本軍沖縄守備隊・第32軍司令部壕の第1坑道入り口付近に設置予定の司令部壕説明板で、沖縄県は、第32軍司令部壕説明板設置検討委員会(会長:池田榮史琉球大教授)がまとめた説明文から、証言が分かれていることを理由に「慰安婦」という文言と、日本軍による住民虐殺に関する記述を削除することを決めたことが発覚、検討委員会は沖縄戦の実相を伝えるためには欠かせないとして同日午後、下地寛環境生活部長に削除撤回を求める意見書を提出しました。

これに対し下地部長は「慰安婦の問題は明確にそこに慰安婦がいたという事実を証明する文献、書類がない。虐殺についてもあったという証言と、なかったという証言の両方あって不確か。限られた範囲内で両論併記も難しい」と削除の方針を変えませんでした。

説明文は、県が指名した専門家5人からなる検討委員会が、昨年11月、壕の構築や司令部の南部撤退の経緯、壕内に女性軍属・慰安婦が雑居していたことや、壕周辺で日本軍にスパイ視された住民が殺害されたこと、司令部の南部撤退が多くの住民の命を奪う原因となったことなどを記した説明文の最終案をまとめ、県に答申したもの。

県は、答申された説明文のうち「司令部壕内には、牛島満軍司令官、長勇参謀長をはじめ総勢1000人余の将兵や県出身の軍属・学徒、女性軍属・慰安婦などが雑居していました」の一文から、「慰安婦」を削除しました。
さらに「司令部壕周辺では、日本軍に『スパイ視』された沖縄住民の虐殺などもおこりました」という記述全てを削除しました。(原文参照)

県の下地部長は24日、県議会代表質問で日本共産党・嘉陽宗儀(かようそうぎ)議員への答弁で「説明板設置の目的は、32軍壕がそこにあったことを示し、壕が作られた経緯、沖縄戦においてそれが果たした役割、壕の存在によって被った文化財の消失などが記載されていれば十分で、沖縄戦全体の意味については考えていない」と答えました。そして、文言を元に戻すことについては「考えていない」と述べ、削除理由については「確証がもてないため削除した」とし、文言が削除された説明文は「知事に部の考え方を説明し承諾をいただいた上で、私の決済で決定した」と強弁しました。

仲井真弘多知事は同日、記者団に対して「最終的にはわたしの判断だ」と述べ、検討委員会の答申の結果を踏まえて、知事自身が判断したことを明らかにしました。 「『慰安婦』と『虐殺』の話は(事実が)確認できてない。壕の目的を説明する案内板、説明板なので(記述削除は)妥当だと思っている」と説明。 検討委員会の答申と異なる見解を県が示したことについて、「県の一種の公文書みたいなもの。内容によって(記述が)適切かどうか、県は県で判断して書くのは当然だ」と述べました。

沖縄戦研究者らは「2点の表記は32軍司令部の本質を示す物で重要だ」「もう少し歴史資料を踏まえて丁寧に書くべきだ」などとしています。

■【用語:32軍司令部壕】
沖縄守備軍・第32軍司令部が首里城の地下一帯に構築した壕。守礼門、園比屋武御嶽石門付近から金城町方向に延びる。司令部壕の規模は南北400メートル、総延長は1キロ超。壕構築は1944年12月上旬に開始、沖縄師範学校男子部の学生らが動員された。32軍司令部は米軍の猛攻撃を受け45年5月下旬に壕を放棄し本島南部に撤退。軍民が混在する地上戦が南部で展開され、犠牲者の増大を招いた。

【出典参考】2012年2月24日付け「琉球新報」など

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント (1)

河村名古屋市長、中国訪問団に「南京大虐殺なかった」

2012年02月25日 | 国際・政治

名古屋市の河村たかし市長は2月20日、友好都市である中国江蘇省南京市の中国共産党市委員会常務委員ら一行8人の表敬訪問を受けた際、南京大虐殺について、「戦闘行為があって多くの方は亡くなったが、いわゆる虐殺はなかった」と持論を展開しました。

河村市長は、劉志偉常務委員らに対し、「亡くなった父が1945年の終戦時に南京にいた時、地元住人にやさしくしてもらった。虐殺のようなことがあれば、対応が違っていたはず」などとして発言をしたもの。さらに南京市で討論会を開くことも提案しました。

河村市長は2009年9月の市議会で、中国が南京大虐殺の被害者を30万人としていることに対し「深い疑問がある。誤解されて伝わっているのではないか」と一般質問に答えています。名古屋市市長室国際交流課によると、河村市長は昨年12月5日、名古屋市役所を訪れた南京市の李副市長に対しても、大虐殺はなかったとする趣旨のことを発言しています。 .

今回の河村市長の発言に、中国外務省は「(日本軍による南京大虐殺があったことは)確固とした証拠が山のようにある。(河村市長は)歴史の教訓を汲み取るべきだ」と批判。友好都市提携を結んでいる南京市政府は名古屋市との交流を一時停止する考えを明らかにしました。

一方、河村市長は、発言については「撤回や謝罪するつもりはない」と述べました。

これに対し、政府は藤村官房長官が「名古屋市と南京市との間で適切に解決されていくべき問題」としながら、姉妹都市という関係からも、両市レベルでの関係修復を見守る姿勢をみせています。

政府として現在も見解を同じくしているという 【村山談話】 では、この南京大虐殺などについて

「わが国は遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」とし「私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます」

と間接的な表現ながら、これを反省し、過去の旧日本軍による行為を謝罪しています。

【出典参考】2012年2月20日配信「読売新聞」など

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント (1)