とだ九条の会blog

「とだ九条の会」公式HPに併設=「とだ九条の会ブログ」でネットワークを広げます。

野田新首相は、筋金入りの消費税増税論者、靖国派

2011年08月31日 | 国際・政治

民主党の新代表に選出された野田佳彦財務相は、8月30日、衆参両院で菅内閣の総辞職を受けて行われた首相指名選挙で首相に指名されました。

野田佳彦氏は、松下政経塾1期生で、政経塾出身者としては初の首相となります。同氏は54歳で、安倍晋三、田中角栄に次ぐ戦後3番目に若い首相とのこと。千葉県議を経て、1993年に日本新党から衆議院議員に初当選し、新進党を経て民主党入り、同党国対委員長を務めていた2006年に、同党衆院議員が虚偽のメールをもとに国会で自民党を追及した「偽メール事件」で当時の前原誠司代表とともに引責辞任したという経歴の持ち主。2009年9月からは財務副大臣を務め、2010年6月から財務相として初入閣していました。

同氏は、根っからの“消費税増税論者”。2010年代半ばまでに税率を10%に引き上げる「社会保障と税の一体改革」を実施すると主張しています。今回の代表選では「(復興支援のための消費税増税は)やむを得ない、負担しよう、と世論を誘導するのが政権与党の役割」とまで豪語する始末(8月27日)。

また、根っからの“靖国派”でもあります。「日米同盟の深化を基軸とした外交」を掲げ、『文藝春秋』9月号では、日米同盟について「世界の安定と反映のための『国際公共財』」とまで持ち上げています。
同氏が野党時代の2005年に内閣に提出した「戦犯と靖国神社参拝」に関する質問主意書で「A級戦犯は戦争犯罪人ではない」との考えを示していたことについて、代表選の直前に記者からその真意を尋ねられ、同氏は「考え方は基本的に変わらない」と発言し波紋を広げています。同氏はその理由として極東軍事裁判の有罪判決後、国会決議や関係国の対応で「A・B・C級全ての名誉は法的に回復されている」としました。“戦犯はぬれぎぬ”とする靖国神社と同じ歴史認識の持ち主であることは折り紙つきのようです。

【出展参考】2011年8月30日付け「しんぶん赤旗」など

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント (1)

日本科学者会議が福島第一原発事故で全国シンポジウム開催

2011年08月30日 | 国際・政治

日本科学者会議が主催する原子力発電問題の全国シンポジウム「福島原発災害と再処理工場の実態-原子力発電を問い直す-」が8月27、28の両日、盛岡市の岩手大学で行われました。2日間でのべ250名が参加しました。

1日目の27日は、公開シンポジウム「福島原発災害と再処理工場の実態―原子力発電を問い直す―」。
第1部は講演「福島原発事故を検証する」と題し、核エネルギー問題情報センター事務局長の舘野淳氏と日本科学者会議エネルギー・原子力問題研究委員長の野口邦和氏が講演。

舘野氏は、「福島原発で何が起こったか」とのテーマで、福島第一原発事故の全体像について解説し、被害拡大の「脅威」がまだ続くと指摘しました。

一方、野口氏は「放射能・放射線による環境・人体への影響」とのテーマで話し、汚染地域の放射線量が半減するまでに「セシウム137の半減期と同じ30年かかる」との誤解があるが、今回は線量の7割を占める他の放射性物質が急減し、実際は3年程度で半減すると語りました。

続いて第2部は、「エネルギー・原子力政策のあり方を問う」と題したパネルディスカッション。パネリストとして本島 勲氏・岩井 孝氏・清水修二氏・永田文夫氏、そして野口邦和氏がコーディネーターをつとめ、原発停止への展望などを討論しました。

2日目の28日には、第三部として「再処理工場の危険性」をテーマに、青森県六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場をめぐり3人が報告しました。
原子力研究所を退職した市川富士夫氏が再処理工場の現状と問題点について、日本科学者会議青森支部環境問題専門委員長の松山力氏が「地震と再処理工場」と題し工場周辺の断層の存在について、東北大学名誉教授の川崎健氏が再処理工場からの放射能放出と海洋汚染について報告しました。

最後に2日間の論議をふまえ、日本で重大事故が起きた意味や科学者の責任などについて会場全体で活発に意見が交わされました。

主催は、日本科学者会議エネルギー・原子力問題研究委員会、原子力発電問題全国シンポジウム岩手実行委員会。

【出展参考】2011年8月29日付け「しんぶん赤旗」、日本科学者会議ホームページ http://www.jsa.gr.jp/

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント

聖教新聞が東電と毎夏、企画広告「電気教室」

2011年08月29日 | 国際・政治

原発事故に至った責任は、原発政策を推進してきた歴代自民党やそれを“継承”した民主党ですが、公明党も反省をすべきでしょう。

公明党ではありませんが、公明党と一体の創価学会の機関紙「聖教新聞」には、東京電力の原子力発電の広告が1978年から掲載されはじめたと、8月28日付け「しんぶん赤旗」の「シリーズ 原発と各党」で記事になっています。

その記事によると、最初の広告は1978年8月2日付け。「東京電力では‥‥原子力発電の推進など、その計画を着々と進めています」などと宣伝。この年は福島原発に続き、新潟・柏崎刈羽原発の建設を悲願としていた東電が公明党・創価学会に急接近した年でした。

1983年からはそれまでの広告に代わって2010年まで毎年夏に「企画広告」が掲載され始めます。「企画=聖教新聞広告局、取材協力=東京電力」という格好で、「夏休み・母と子の電気教室」ないしは「夏休み電気教室」と称したものです。

「なかでも驚くべきは‥‥」と「しんぶん赤旗」が告発するのは1983年8月29日付け。
今回大事故を起こした福島第一原発と第二原発を親子が訪れる設定で、お母さんが「地震がきても大丈夫かしら?」と質問すると、東電の職員らしき係の人が「原子力発電の基礎部分は地下の固い岩盤にすえつけられています。福島第一では、宮城県沖地震の時、原子炉のある建物の中で仕事をしていた人は、地震をまったく感じなかったそうです。それほど丈夫なんです」と答え、子どもが「じゃあ地震が来たら原子力発電所へ逃げ込めば安心ね」と、問答が紹介されていたと言うのです。「安全神話」の振りまきに他なりません。

さらに1999年7月29日付けの「電気教室」では、福島第一原発3号機を訪問する設定。「原子炉は分厚いコンクリートによって守られ、その外側も二重・三重の防護壁で放射線を完全に閉じ込めるしくみです」と紹介。それに対し「万一事故が起こったとしても、外部に放射線がもれる心配がないことを納得」などと受け答えています。

「聖教新聞」上のこうした「企画広告」は1979年の米国スリーマイル島原発事故でも、1986年のソ連チェルノブイリ原発事故でも、さらに1999年の茨城県東海村のJCO臨界事故でも、中断されることはなかったと言います。
しかし、「しんぶん赤旗」によると、福島第一原発事故が起こった今年は、さすがに聖教新聞と東京電力共同制作の「企画広告」は今のところ掲載されていないと言います。と同時に、聖教新聞が東電と一緒になって「安全神話」を長年振りまいてきたという“事実”に対し、何ら反省も見当たらないと指摘しています。

【出展参考】2011年8月29日付け「しんぶん赤旗」

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント

秋の「原発・原子力兵器・安保・憲法を考える学習会」いろいろ(1)

2011年08月28日 | 国際・政治

<9・8日米安保条約調印60年 学習のつどい>

日時:2011年9月8日(木)午後6時30分~
会場:東京・港勤労福祉会館

    (JR田町駅から徒歩5分、地下鉄三田駅から徒歩1分)

内容:「原発と原子力軍艦と安保を考える」
    新原昭治(国際問題研究者)

主催:日本平和委員会

<2011年憲法講座>

日時:2011年10月1日(土)午後1時~4時30分
会場:明治大学駿河台キャンパス
(リバティータワー1F1012)

内容:<講座1>「憲法の視点で震災・原発・復興を考える」
            清水修二(福島大学副学長)
    <講座2>「日米安保と憲法・平和主義」
            和田 進(神戸大学教授)
    <特別講座>「国会報告-憲法・比例定数削減をめぐる情勢を中心に」
                日本共産党国会議員(要請中)

主催:憲法改悪阻止各界連絡会議(中央憲法会議)
   埼玉憲法会議・東京憲法会議・神奈川憲法会議・千葉憲法会議

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント

自由民権運動の理論的指導者・植木枝盛の書斎公開

2011年08月27日 | 国際・政治

Uekiemoriposter_2 「高知市立自由民権記念館」(高知県高知市桟橋通4丁目)で8月20日、明治時代の思想家で、自由民権運動の理論的指導者・植木枝盛の旧邸宅の書斎を高知市立自由民権記念館に移し復元。このほどその書斎の公開が始まりました。

植木枝盛といえば、憲法学者の鈴木安蔵など民間の有識者でつくった憲法研究会が1945年12月に発表し、日本国憲法の原型となった「憲法草案要綱」が、この枝盛が主張した憲法案を参考としていたということが知られています。

このたびの枝盛の書斎公開は、「枝盛自身も書斎を人格の修練の場」と考え、立派に装飾していたといい、現存する資料などを参考に当時の様子を復元しています。松岡僖一館長は「過去と直接対話ができる“もの”ができた。枝盛や自由民権運動に関心を持ち、理解してもらうきっかけになれば」と期待を込めています。

書斎の公開に合わせ、植木枝盛の人物像を紹介する企画展(※)も始まりました。

(※)自由民権記念館企画展
「憲法草案の生まれた書斎-行動する思想家・植木枝盛-」

会期:2011年8月20日(土)~10月16日(日) 入館料:個人320円
会場:高知市立自由民権記念館
    〒780-8010
    高知県高知市桟橋通4丁目14-3
    TEL:088-831-3336 FAX:088-831-3306
    http://www.i-minken.jp/

【出展参考】2011年8月21日配信「高知新聞」

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/
■「とだ九条の会」ブログのバックナンバー一覧はこちらが便利です。
http://www15.ocn.ne.jp/~toda9jo/blogmokuji.html
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

コメント