とだ九条の会blog

「とだ九条の会」公式HPに併設=「とだ九条の会ブログ」でネットワークを広げます。

長崎の被爆者・谷口稜曄さんの生前メッセージが公開へ

2018年01月13日 | 国際・政治

長崎の原爆被爆者であり、長崎原爆被災者協議会(被災協)会長を務め、2010年に国連本部で行われた核拡散防止条約(NPT)再検討会議で演説し、2015年の被ばく70周年の平和祈念式典で2度目の「平和への誓い」を読むなど核兵器廃絶のために活動を続け、2017年に享年88歳で亡くなった谷口稜曄(すみてる)さんが、生前残したビデオメッセージが、主要6か国語の字幕付きでこのほど動画投稿サイト「YouTube」で公開されました。
以下、その記事を掲載した2018年1月10日付け「西日本新聞」朝刊から記事を転載させていただき、紹介することにします。(サイト管理者)


※以下、転載はじめ↓


<谷口さん「遺言」世界へ 「核廃絶」字幕動画を公開>

長崎の被爆者の象徴的存在で、昨年8月末に死去した谷口稜曄(すみてる)さん(享年88)が他界の約2カ月前に残したメッセージ動画が、英語やフランス語など主要6言語の字幕付きで、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。最期まで核兵器廃絶を訴えた“遺言”を、核保有国や核の傘の下にある国の人たちに直接伝えようと、被爆者団体などが企画した。

動画は約2分間。昨年7月5日、核兵器禁止条約の採択に際し入院先で収録。谷口さんは「核兵器を持っていない国が、持っている国を包囲して、1日でも早く核兵器をなくす努力をしてもらいたい」と訴えている。

制作したのは、谷口さんが生前、いずれも代表を務めた被爆者団体「長崎原爆被災者協議会」と市民団体「ヒバクシャ国際署名をすすめる長崎県民の会」。ボランティアの地元市民や県外の留学生らが翻訳した。

昨秋以降、英語やフランス語、スペイン語、ロシア語、韓国語の字幕付き動画を順次公開し、今月9日には中国語字幕をアップ。英語版のタイトルは「ラストメッセージ」とした。両団体はアラビア語の翻訳者も探している。

動画はユーチューブのサイトで「長崎原爆被災者協議会」で検索すると見つかる。
https://www.youtube.com/watch?v=Rl5-pUR_5Aw


【出典】2018年1月10日付け「西日本新聞」朝刊


※9条改憲を許さず、憲法の平和・人権・民主主義が生かされる政治の実現を求める
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)にご協力を。
 署名はこちら=> =>http://kaikenno.com/?p=1
(安倍9条改憲NO!全国市民アクション)

 

※日本政府に核兵器禁止条約への参加を求め、
 核兵器のない世界の実現に向けて、
 あなたも「ヒバクシャ国際署名運動」を。
  ネット署名はこちら=> http://hibakusha-appeal.net
  (「ヒバクシャ国際署名」推進連絡会)

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://toda9jo.web.fc2.com/
*「とだ九条の会」ホームページは2014年11月24日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ブログのアドレス
http://blog.goo.ne.jp/toda9jo
*「とだ九条の会」ブログは2014年11月10日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成25年 市議の海外派遣... | トップ | 核兵器のない世界へ――「20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事