とだ九条の会blog

「とだ九条の会」公式HPに併設=「とだ九条の会ブログ」でネットワークを広げます。

9条改憲に執念――日本会議設立20周年大会

2017年11月28日 | 国際・政治

11月27日、東京都内のホテルで、改憲右翼団体「日本会議」と、同会議と一体で国会議員の集まりである「日本会議国会議員懇談会」の設立20周年記念大会が行われました。

同大会には、自民党や希望の党、日本維新の会から30数人の国会議員が参加。

席上、安倍晋三首相が寄せたメッセージが紹介されました。安倍首相は、「自由民主党は国民に責任を持つ党として、憲法審査会における具体的な議論をリードし、その歴史的使命を果たしてまいります」と改憲への意欲を語りました。

日本会議議連の新会長に就任した自民党の古屋圭司衆院議員は「憲法改正に向けて確実に歩みを進めていこう」と挨拶。自民党憲法改正推進本部顧問の下村博文元文相は「来年の通常国会には我が党として憲法改正発議ができる、それを憲法審査会で提案できるよう頑張る」と表明しました。

また、これに呼応して、希望の党の松沢成文参院議員団代表が9条改憲推進を表明。日本維新の会の馬場伸幸幹事長も「人間でいうと年齢が72歳になっているのに、まだ4歳、5歳のときの服を着続けようとしている。これがいまの日本国憲法の姿だ」などと憲法を攻撃し、改憲推進に呼応する挨拶をしました。

日本会議のフロント組織である「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の共同代表である桜井よしこ氏は「憲法改正の議論も審議ももっともっとスピードを上げて行わなければ間に合わない」と出席者を煽りました。

日本会議地方議員連盟の松田良昭会長は、「九条の会や護憲派には負けられない」と九条の会に敵意を示し、全国289の小選挙区に改憲推進組織をつくり、来年の憲法記念日の5月3日には組織をあげてフォーラムを開催して、改憲の機運を高める“草の根”の方針を提起しました。

大会では「いよいよ我々は、憲法改正実現のための正念場を迎えている」とする宣言文を採択しました。

参加者2000人(主催者発表)はこぶしを突き上げ「勝どき」をあげました。


【出典参考】2017年11月28日付け「しんぶん赤旗」


※9条改憲を許さず、憲法の平和・人権・民主主義が生かされる政治の実現を求める
「安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名」(3000万人署名)にご協力を。
 署名はこちら=> =>http://kaikenno.com/?p=1
(安倍9条改憲NO!全国市民アクション)

 

※日本政府に核兵器禁止条約への参加を求め、
 核兵器のない世界の実現に向けて、
 あなたも「ヒバクシャ国際署名運動」を。
  ネット署名はこちら=> http://hibakusha-appeal.net
  (「ヒバクシャ国際署名」推進連絡会)

※このブログをお読みの方で、「私も九条の会のアピール(「とだ九条の会」HPをご覧ください。)に賛同し、憲法九条を守る一翼になりたい」という方は、 「とだ九条の会」HPに「WEB署名」がありますので、「賛同署名」にご協力ください。
■「とだ九条の会」公式ホームページもご覧ください。
http://toda9jo.web.fc2.com/
*「とだ九条の会」ホームページは2014年11月24日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ブログのアドレス
http://blog.goo.ne.jp/toda9jo
*「とだ九条の会」ブログは2014年11月10日、上記アドレスに引越しました。
■「とだ九条の会」ツイッターのアドレス
http://twitter.com/toda9jo

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍9条改憲の危険な中身 | トップ | 「戦争で平和はつくれない」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事