湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

10/16&17 千葉県八街市のお蕎麦屋さん被災の事例 他

2019-10-18 06:16:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/10/16&17 記
----------------------
連日の母の臨時通院にふりまわされている。例年、春と秋は持病の「めまい」に悩まされるのだが、経験からすると、そろそろ治るのだが、母は台風の天候不順が引き金になっているせいか、回復が遅い。台風15&19号の影響だろう。予定外の介護拘束が、玉突きの撹乱を起こしている。
-----------
千葉県・八街の***は、親父さんが地域振興に熱心な方で、台風15号の際は、お店を長男さんに任せて、避難所の設営などを手伝っていた。

台風15号が接近した街中を店まで戻る途中、長男さんから連絡が入った。隣の店の瓦が崩れて店の窓の1枚が破損。大風が吹きこんで、急ぎの対策が必要と話している最中、街路樹がむしりとられる大きな音がして、運転中の車まで倒れてきてたという。急ブレーキをかけて、追突は免れたが、ボンネットに接触。危うく命を落とすところだったという。パトカーの到着がひどく遅かったという。店も手がつけらない状態。19号が追い打ちをかけ、いまも店は一部営業となっているという。

隣の店との間で、賠償訴訟になるだろうとのこと。こういう事例はあちこちに起きただろう。ただ街路樹が相手の時はどうなるのだろう。気になった。

夜間傾聴: なし
(校正1回目済み)

p.s. ビッグイシュー配布、半数終了。
コメント