湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

スペアちがさき世話人会で就労支援PJへの参加要請をしました

2007-05-12 05:39:34 | 引きこもり
軽度発達障碍関係の「スペアちがさき」の定例会に参加した。

しかし、その前の準備が今日ほど混乱した日はない。昼に集中して数社からの電話セールスやら、勘違い取材申込(中年以上の障碍者就労斡旋業と間違えられた)や、*君のお母さんからの間違い電話等、それは申し合わせたように12~13時台に集中した。パワーオンしたPCが突然馬鹿でかいファイルをDLし始め、あらゆる作業がハングアップしてしまった。パワースイッチまでロックされる異常事態が20数分。Windowsのウィルス対策のパッチプログラムの自動更新だった。放置するわけにもいかず、結局バスに乗り遅れてしまった。迷惑な話だ。スペア世話人のOさんに遅刻の旨の伝言をしたが。

次のバスまで間が開くので、茅ヶ崎コミセンまで歩いた。午前中からいらしていた親御さんたちクローバーの会は、とっくに散会。誰も残ってはいなかった。15時からの世話人会に30分遅刻で合流したのだが、若年就労支援PJへの参加要請は空転した。まず年齢層が高い当事者は少数派であること(引きこもり支援団体と少々様子が違っている。)、市の助成金を取ってしまっているので、新しい領域に手を伸ばすことが出来ないというものだった。

あ、Tさんが「まりも」さんだったのかとピンと来た。ここのブログを読んでいれば、一緒に組むことに不安を感じるだろう。しかし重症の引きこもり青年の夜間傾聴は7年目である。その前は昼間の傾聴だった。自分の塾を失って20年になる。そのころから、傾聴は続けているのだ。傾聴は生気を吸い取られていく活動。特に重篤な方を対象にしはじめての7年間はそうである。念のため塾をフリースクールのようにと活動してきた10年余を入れれば、37年、関連のことを続けているのだ。カウンセリングは闇の活動だ。いくらやっても技能以外、何も溜まっていかないからだ。友人の塾の学習困難児のクラスを担当したり、進学塾やサポート校の講師をしてきた。そこは三途の川の川原の石積みのように、ひとのふんどしだから、繰り返し壊れ、壊され続けてきた。だからへなちょこは、ずっとへなちょこなのである。自分の陣営を持ってきなさいと、いわれることも多いが、まさかおっさんを引っ張ってきて、○○君ですとやっても、社会人になっていても、活動をやるつもりはないひとばかりだから、それはしょうもない話し出し、プライバシーを公開することにもなってしまう。命の淵と接することも、それは先方への誠実の証だから、やめるつもりもない。でも舟板一枚の地獄というのは、生き抜こうとする人たちの自覚するしないは別として、みな同じ事情にあるわけだ。

私は信用できますとは、自分で証明できない命題。だから信用や状況の危うさは、私は続けているから、わかったら一緒に動き出してね」ということで応える以外ないでしょう。あとは提案内容の面白さ。納得したらやりましょうということ。です。

-----

楽庵さんの相談室開設があって、土曜日の招待を受けているが、19日は土屋さんたちと交流後東京だし、26日は「げんき基金成果発表会」を午前中やって、午後は平和島の東京流通センターでサーナの就職フェスタ参加した青年と現地合流する。そんなわけで今月は無理。すみません。6月は30日午後以外は、埋まってしまいます。2日が動かせそうですが、前日徹夜状態だと思うので、しんどいところです。

-------

世田谷パイ焼き窯が講演をする。すきっぷと共に見学したいところだったので覗きに行きたいが、18日は巡回が動かせるか…。結局この間の生業さぼりのしわ寄せが来ているのだ。

-------

●DINF都道府県障害者計画
http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/law/pref_plan/index.html

●東京都障害者計画概要&本文(PDF版)4/27公開
http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2007/04/DATA/22h4o100.pdf

夜間傾聴:伊勢原君(仮名)親戚から:(無事食事を終えたと…)
     ◇さん:新卒対象の就労相談会だがサーナ情報を。事前申し込みで年配者も相談可能に。

メール:○子さんが使っているクリニックへ。#さんの件。

今日の仕事:夜、藤沢推進センターにて「わーく」関連のカラー印刷。
      午後、翔の会本部へ。

コメント (4)