湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

大阪・寝屋川市立小教職員殺傷事件のニュースを読んで

2005-02-15 05:06:06 | 引きこもり
 家に戻り、ニュースを見て愕然としている。また引きこもり・不登校の青少年が犯罪者予備軍のレッテルを貼られるという憂鬱な予感からだった。

 またメールボックスをみて、別事件だが同根の社会の歪みを感じてしまった。

 勿論初めのものは、大阪・寝屋川市立中央小で起きた17歳の少年の教職員殺傷報道だ。

 時間が経たないと真相は判明しないが、逮捕時少年は、逃げずに煙草を吸っていて逮捕された。逮捕覚悟の犯行を匂わせている。

 話は変わる。札幌市の中学生への家庭内暴力。石川県かほく市の「グループホームたかまつ」の高齢者介護施設の施設職員による入所者の虐待死。加えて、あるMLで現在起きている施設入所者への虐待通報すべきかの緊迫した論議。愛媛県の告発者は報復を受け、調査は形式に終わる実態という重い現状を踏まえつつ、命のかかった議論が進んでいる。

 僕が戦おうとしている現状は、抜き差しならないところにきている。しかし劇薬対症療法は完治しない。だからその構造を突き崩す新しい枠組みを生み出したいと考えている。早急にかつ持続的に。

 健常者に切り詰められた社会は、もう終わりにして欲しい。これ以上の悲劇を繰り返さないためにも。

 今夜の湘南子どもフォーラム懇談会は、このため息から始まることになる。

コメント

ぼけっと神奈川(^^; 主催で横浜・片倉うさぎ山公園で竪穴式住居もどきを

2005-02-15 02:45:47 | 不登校
作ってきました。

 風邪で午前中医者に寄って、その足で横浜・地下鉄「片倉町」付近の「片倉うさぎ山プレーパーク」にお邪魔しました。不登校の子、約10名と親御さんが焚き火しながら待っていてくださって、ぼけてもいられず、ちょっとがんばってきました。きっと明日、足腰が痛いだろうと覚悟しています。

 片側で落とし穴作りが始まると、こちら側も穴を掘り始め、途中で池になったり、竪穴式住居になったりと、子どもの遊びの特徴(移ろい)のまさにそのもの。形が出来てきてからは、竪穴式住居を唱えた女の子ががんばる、がんばる。

 煽られつつ、スコップ作業をやってきました。先を地面に突き刺したあとは、片足で踏みつけなくてはなりません。このとき片足で立ちます。これが情けないほど安定しないし、深さが1mに満たないのに穴から出ることが出来ない。

 幸い建材の「笹」はぎりぎり間に合ったし、数時間で出来ました。しかし、遊びの中の様々な場面で、技術や人間関係の知が動いています。豊かな時間でした。

 来月は科学未来館、ちょっとつまらない。

コメント