真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

統合医学医師の会・講演会1前田華郎先生

2011年08月23日 21時48分04秒 | 癌(がん)と鬱(うつ)

8月21日に開かれたワールドフォーラムの講演会「統合医学医師の会・公開講演会」に行ってまいりましたので、3回に分けてその内容を綴っていきたいと思います。

第1番目の講師は「アドバンス・クリニック横浜」の院長で東京女子医大教授も務められた前田華郎先生です。
ガン治療では定評があり、このクリニックでの新患の診療受け付けは来年の2月まで埋まっているそうです。

第一声が、「ガンと風邪ではガンの方が風邪よりも早く治る」と言う明らかに誇張した発言から始まったと思いました。
しかしよく聞いていると、1センチ2センチという通常検診で発見されるガンではなく、もっと小さい時点での発見などのことだと分かりました。
例えば以前紹介した「採血診断」では3ミリの小さなガンすら見つかります。通常のスキャン写真では慣れた人でも1センチにならないと見つけにくい。
以前、自分はガンを見つけることには自信があるという宮崎県の医師の自慢話を聞いたことがあります。
この時、「これだけ自慢するということは、慣れない人、コツを掴めない人との差はかなりあるのだな」と、医師の大きな技量差によって、どの医師が受信者の写真を見るかで結果が大きく左右されると思いました。

前田先生はマイクロ波による治療で特許を取っていてこれまで4000人の患者を治療してきたと言います。
マイクロ波治療は波長同調の原理を使って共鳴反応で見つけて、小さなガンはその日のうちに治せるのだそうです。
(ガン患者には三井温熱から枝分かれした会社の温熱器の利用をを薦めている)
だから(小さな)ガンは風邪より早く治ると講演の冒頭で言ったのでした。

■ 今日はこの波長で早期発見ができることの話しを中心に紹介します。

人によって波長がそれぞれ異なることは、このブログを訪ねてくれる人は皆ご存じと思います。
それで以前紹介したアメリカのテレビ番組の「デッド・ゾーン」のようなことができる人が実際に出現しているのです。霊界では当たり前のこと。

そして前田先生によると胃には胃の波長がありますが、それがガンになるとガンの波長を持ち胃ガンの波長になるとのこと。
この胃ガンの波長は人種を問わず誰でも同じなのだと言います。
これはすべての部位のガンで云えるとのこと。
ですからこれを特殊な方法で診断してガンを見つけ治療しているようなのです。

この共鳴は例えば30メートル下を走る地下鉄に前田先生の奥さんに乗ってもらい、地上で奥さんの写真を持っていると(測定器のようなものを使うらしい)奥さんが下を走ると波長が同調して分かるのだそうです。
これはとても霊的な話なのですが、それが3次元でも解かり始めているですね。

行方不明の方の死体とか、誘拐犯のことなど全部分かってしまうことになります。
天竜川の行方不明者も「私は知っている」と言いましたが、警察には言ったのかな?
監視カメラでも顔が写っていないで判らなくても、体の一部の波長がカメラの絵から判るということのようで、誰が写っているのかも割り出せるようです。

これは霊的には真実なのですが、現代の科学でそこまで出来るのかと、ちょっと直ちには信じられませんが、実際に前田先生はガンを発見して共鳴しなくなるまで治療して完治させているので、本当なのですね。
この共鳴医学といわれる分野の話しはスピリチャルのことなのでとても興味を持ちました。

他にも、
子宮頚ガンの感染源のヒトパピローマウィルスは、チョコラBBで完治するなど、面白い話が聞けました。
ワクチンなんか必要ない。
休憩中に前田先生は私の斜め前に座って女性と話をしていましたが、チョコラBBで様々な皮膚の病が治るような話をしていました。チョコラBBの中のどのビタミンが効くのだろうか。
ピロリ菌も抗生物質は必要ないそうです。
ここにこの講演のダイジェスト版があります

また初期のガンが病院で発見されても温熱療法などで簡単に治ると示唆しています。
上のビデオの9分40秒のところから話しています。

だから焦らず、切ったり、焼いたり、毒殺したりしないことです。
前田先生が実際に患者さんに買ってもらっている温熱器は、ガン以外でもいろいろと体に良さそうです。

ガンがある体にこれを当てるとガン細胞に反応して飛び上がるぐらい熱く感じるそうです。
ガンがなくなると熱さを感じなくなるとか、講演会会場のロビーに出店していた販売員が言っていました。
パンフレットにはこういうこと薬事法違反で書けませんが、とも言っていました。
これは全てのガンは43度で死に、悪性は40度ぐらいでも死にますので、多大な効果が出るとのことです。

(このような言い方は良くされているが、しかし実際には皮膚の下の血流があり、常に熱は横へとさらわれていてそのようにガンが治っているのではない。本当の理由はここを参照

乳癌、皮膚ガンは定期的にガン検診受けたり、ワクチン接種するより、これを買って時々試していた方が安上がりで安心のように思いますけれどどうでしょう。

参考記事: 打たないで、インフルエンザワクチンは危険、1
       Thinker

女性3人いる家族とか知り合いとかで使えれば安いものだと思いますが、どうでしょう。

下記に前田先生がインタビューを受けた記事があります。

質問者先生の癌治療の基本をお知らせ下さい。

前田先生
癌治療は多岐に渡っているので各医師によって方法が異なります。私は自分なりの方法を確立していますのでそれを列挙すると、下記のようになります。
原則は、共鳴反応による診断と現代医学的検査(腫瘍マーカー、画像診断等)を参考にして、体に全く障害を与えないで癌細胞のみを殺して行く方法を目指しています。
1)食生活や生活習慣の見直し、適度な運動
2)健康(機能性)食品のスクリーニング=今の患者さんに一番適した物とその摂取量を決める
3)体内からは、冷え性の対策、心の持ち方(希望を捨てない、癌を忘れる程の感動、趣味、情熱と生に対する感謝の気持ち)自己血によるNK・T細胞の免疫療法
4)体外からは遠赤外線による全身照射(自律神経調節、リラックス、体温の上昇すべての循環系の改善、免疫カの上昇など)と遠赤温灸による局所温熱療法(共鳴反応を示した所の皮膚上では特に熱く感じるので、その部位に頻回に当てる)。初めは強烈な熱感ですが継続しているうちに次第に弱く感じるようになれば、癌のエネルギーが減少した事を実感するでしょう。
 
現在は、体に全く障害がなく、より有効である温熱療法を研究中で、患者さんの希望によって行っています。正しい診断法と良い治療法が噛み合ってこそ、良い結果が出ると思います。


この講演の一部をYouTubeで見れます。

明日は船瀬俊介さんの漫談風講演会を紹介する予定です。

思うところがあったら Clickしてね。。。
 

初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« ガンは告知すべきか?2 | トップ | 統合医学医師の会・講演会2 ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (rara)
2011-08-27 12:05:47
サイマティクスという音振療法はご存じですか?マナー博士が生涯をかけて人体の各部位が持つ固有の周波数を計測してきました。異常を起こしたところに細胞や器官が本来もつべき正常な振動を与え、励振共鳴させることによって、自己治癒力を喚起させて健康体に戻すというものです。素晴らしい臨床結果が多く報告されています。マナー博士は、可聴域の5つの調和音を使ったときに副作用が全く起こらないことを発見しています。現在、私も勉強中です。すばらしい療法だと感じています。

http://www.cyma.co.jp/manner.htm
私も勉強中 (とびら)
2011-08-27 19:24:10
raraさん、こんにちわ。

ためになる情報有難うございました。
なんだかこのセラピーはとても気がひかれます。

「私も勉強中」だとか。
どこかで経験できるところあったら教えてください。

また先生になったら教えてください。
癒され二行きますから(笑)

感謝!
サイマティクス (rara)
2011-09-01 19:46:19
こんばんは。

ご紹介したサイトのセラピールーム(名古屋)で受けることができます。また、全国でも病院、整体院などで使用しているところがありますので、こちらのサイトに連絡をとって紹介してもらうこともできます。料金はマッサージと同じかやや高いくらいだと思います。

私は、自然治癒力を刺激して、病気を治すことに関わりたい、色々な選択肢や可能性があることを知りたい、知ってもらいたい、そうすることで不必要な薬の使用が減る世の中になってもらいたいと思っています。そして、人も自然も元のバランスの取れた状態に戻っていったらよいと思っています。

色々考えた末、現在務めている製薬会社での仕事を続けながら、セラピーは無料でやっていこうと思っています☆しばらくは知り合いを対象に、腕に自信がついてきたら、もう少し活動範囲を広げていけたらと思っています☆
raraさん (とびら)
2011-09-02 08:56:51
raraさん、ありがとうございました。
ご紹介していただいたのは名古屋なんですね。
名古屋は年に数回仕事で行くのでタイミングを見計らっておきます。

こちらでもセラピーの体験ができることが後で分かりました。
http://www.mpb-shinon.jp/price.html

raraさんはもともと医療関係のお仕事なんですね。私も同じです。
私も来年の定年を機に何か新しいことに挑戦したいと思っています。

セラピー頑張ってください。
有難うございました。

商品は (温熱器)
2013-10-11 22:54:16
前田先生が使われているのは97度で正しいです。

商品名に三井先生の名前がついてない温熱器を使われています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

癌(がん)と鬱(うつ)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事