真実の扉

「何もしないことをする時」「何も考えないことをする時」・・本当の自分の扉が開く

ネズミ講と結びつけるこだわり?

2014年02月20日 07時12分07秒 | BSセラピー(脳幹療法)

「希望の命水」のことでお伝えしておきます。

多少、相互援助的な要素がありますので、お伝えしておきます。
4-6人紹介すると自分の元は取れるゆるいものです。

ネズミ講の定義がハッキリとあるのか知りませんが、ネズミ講と捉える方がいると思います。

ネズミ講をしている企業に悪いイメージがありますが、ネズミ講自体に問題がある訳ではありません。

それを運営する側の動機、システムに乗る側の動機に問題があります。

また自分が判断するとき、自分の頭ではなく、まず社会の善悪の枠組みからものを考えてしまうという「無意識」にも、問題があります。

ネズミ講、という名前とその存在すら忘れて判断してください。

実際には自分が契約を獲得(紹介)して価格の9割の仕切りで仕入れ販売するということです。
仕切りが高いのはメーカが発送作業などのサポートをしてくれるから、と考えて、皆さんも私の紹介以後は自分でお友達などに紹介していって、ネズミ講としての考えではなく、普通に、単純に仕入れて売る仕事と考えてください。

そしてこの水を飲む人を増やして、日本人の健康と霊性を高めることに寄与してください。


多少関連した話で、
昔、ボランティアをしていた知り合いのある主婦が言っていました。

「ボランティア」とは収入が少しでもあってはいけないと。
だからボランティア精神は尊くて素晴らしいのだと。

 宇宙の法則に造詣が深い人でも、この考え方から離れられない人は結構多いのです。
 

その奥さんは御主人が大企業に勤める裕福な家庭の人で時間のある人でした。
世の中には収入がないために、時間がないために、自分がやりたいことをする余裕のない人もいます。

目的は人のためであり、手段などにこだわってはいけないのです。

人のためになりたいと考えたとき、そして精魂いれて人のために朝晩働きたいと考えたとき、
ボランティアなどという片手間的で中途半端なやり方では出来ない場合があります。

それを仕事とした方がずっと効率的です。
またリスクだって背負わないといけないのです。
どちらが・・・?
何事も頭を空っぽにして考えないといけないということです。

今日の夜にUPする予定の 「おもいで(その9)」 の志摩川さんの霊界での対話にも、そんなヒントがありますので、お読みください。

大したことではないと思っていましたが、気にする人もいるようです。
お知らせが遅くなって済ませんでした。

応援のClickしてね  

初めてご訪問の方は「真実の扉」ホームページにも是非お立ち寄りくださいませ

 NEW  幾多の過去生を思いだした志摩川友重さんの
前生の「おもいで」を綴ったサイトを新設しました。


痛み専科 健康スタジオトゥルーゲイト」という施設を運営しています。
お身体の不調な方はこちらにもお立ち寄りください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« なぜNHKは山梨の雪の被害を放... | トップ | お店のオープン遅延と消費税... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-02-22 10:03:39
希望の命水の相互扶助会員には、プロのネットワーカーは一人もいません。なぜか?
それがすべて物語っていると思います(^.^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BSセラピー(脳幹療法)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事